July 29, 2013

AGN7月第2例会

AGN7月第2例会において、アンデアン・アビスをプレーしてみての感想。
最初にこのゲームとプレーの場所と(日本語カード作成)を提供してくださったいたうさんに感謝です。

朝8時に自宅を出発し、到着した10時から6時まで8時間ぶっ通しのプレー。ゲームを満喫するとは、まさにこのことでしょう。

さて、私は政府を担当させていただきました。
プレーの総括としては、「もっと、勝ちに行けばよかった」と思いました。

政府はパワーがありますので、リソースさえ費やせばなんだってできるんですよね。
でも、リソースを使って他の派閥を抑えれば抑えるほど、プレーすればするほど、自分の支持を伸ばすことができなくなり、勝利から遠のいていきます。

私、ちょっと、正義の味方ぶって、いろんなところでいろんなことをしてしまったので、結果ダメでした。
「身を捨てて浮かぶ背もあれ」なんてのは、南米じゃ通用せんのです。
偉い人にはそれがわからんのです。(つか俺がわからんかったのね・・・)

というわけで、南米らしく、ゲリラや敵対勢力なんかは野放しにしておいて、リソースをため込んで、周りのプレーヤーから、
「ちょっと、政府!もうちょっと何とかしなさいよ!」とか言われてみるべきだったな。
そうすれば、ゲーム自体も各勢力がどんだけ「速く」勝利条件を達成するかのレースに仕立てられて、エキサイティングな展開になったかもしれない。

「あと1手で勝てるのに、そこまで来ると、みんなが、ちょっぴりずつ足を引っ張る」みたいな。
イベントとかで結構、政府の動きを縛るものが多いんですけど、そういうのは全部無視して、政府はリソース命!エイド命!支持率さえ上げればいいんだ!選挙に勝てばいいんだ!みたいな。

だから、「えー、これって治安維持のために行う、政府イベントじゃないの?」
あるいは「うわー、政府が阻止するべきイベントじゃないの?」とかこぼされながら、ほかの勢力が渋々、政府プレーしてくれる的な展開を、じーっと待ってる。あたし、待ってる・・・、みたいな。

今回ちょっと、しょっぱかったのは、私がプレーした政府が、厳しすぎたせいかもしれませんね。
あれもダメ、これもダメ的な。
あっちもこっちも通行止めで、あっちもこっちもガサ入れしまくりで。
挙句、政府のリソースはガタ減りで、「政府は勝ちを捨てたの?」的な・・・。

いやー、ごめんなさい。
今度こそは、「ああ!こっちでテロが!」
「あ、こっちに麻薬工場が!」
「政府は何をしとるんだ!何とかしてくれ!」

「・・・いやー、やってもいいけど、リソースが減るからなぁ、できれば、あれもこれもしない。何にもしない方向で行きたいんだけども。」

「な、なんだとう!まじめにやれ、真面目に!」
「・・・いやー、そこはそれ!\(^o^)/貯金最高!選挙最高!」
・・・そんなプレーを心がけたい。

それでこその「アンデスの深淵」なのですよ。
なんか、そうすることでセッション自体も、もっと盛り上がった気がする。
なんかそう考えると、もう一回プレーしたい気もちが、ムラムラと湧いてくるのだった。

次回プレーする際の政府のコツ
・警察は妨害用で、軍隊は排除用と分けて考えること。
・焦点近隣の道路やパイプラインを押さえて、パトロールをうまく使うこと。
・森林地帯には空輸して、基地をこさえておくこと。
・基地だけのとこには航空攻撃。
・できるだけ、支持率伸ばすこと以外のことを、し・な・い・こ・と。

Aa1


Aa2

| | Comments (1)