July 23, 2013

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その7

いつものように、サーバーにつないで、Mainroomで!マークつけて待ってると
イタリア人と思しきプレーヤーから声を掛けられる。

初心者か?とか聞かれずにセットアップまでいく。
私はsoviet担当、相手はUS。

・・・1分ぐらい間が空く。

?なんで?カード配るのってUSじゃないの?
・・・オレ?オレがカード配るの?

ためしにカード配ってみる。
と、同時に相手もカードを配ってしまう。
手札カードの表示枚数が15枚とかになってしまった。
・・・あらら。

「OK、Let's go.」

いや、レッツゴーって、カード多くね?
これ、カード返してからはじめんの?どーすんだろ。
相手に聞いてみるか・・・。
「カードの枚数が多い気がするんですけど、どうしますか」っと、送信。

・・・あ、回線切られた。

・・・あ、別の部屋立ち上げてる。

・・・あ、別の人とゲームはじめた。オレは?

という訳で、またもやゲームができませんでした。

なんだよ。ちょっと手間取ると、これかよ。
つか、どうすれば良いのかわかんなかったよ。
・・・ふう。

オレには、VASSALでの飛び込みプレーは無理かも。
というわけで、しょっぱい話でした。

いまここ

追伸。VASSALのバージョンを下げてから、他人の対戦が見にくくなった。
最新バージョンだと、入室しただけでゲームの様子が見れたのに、
3.1.20だと、ゲーム読み込まないと見れない。
しかも途中からだと、シンクロ前にプレーされた影響マーカーとかは、盤上に表示されないし。

こりゃ、対戦はあきらめて、3.2.7に戻して、対戦眺めるモードに戻したほうがいいのかな?

| | Comments (0)

July 20, 2013

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その6

バージョンも下げたし、これでいけるかな?
と思いつつ、再度チャレンジ。

Main roomで!マークつけて待ってると、

「game?」

きたきた。yesっと。

「side?」

そりゃ、sovietっと。

「VASSALでゲームすんのははじめて?」

ああ、・・・yesですけど・・・

「TS自体は何回プレーしたことあるの?」

え?4回くらい?

「そりゃ少ないね。他のゲーム見て勉強しておいたほうがいいよ。」

え?・・・あ、はあ。あの・・・

「何国人?」

日本人っすけど。プレーしないの・・・かな?

「へー。」

・・・通信終了。・・・うーん。なかなかプレーできないなぁ。

いまこんなかんじ。

| | Comments (9)

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その5

とりあえず、ゲームルールを読み直す。
次にカードを読み直す。
FAQも読み直す。

これで、脳内更新完了。

VASSAL初対戦を決意。
「やるぞ」と。陣営希望はUSSR。

VASSAL立ち上げ、モジュール立ち上げ、オンラインプレーヤーを探す。
「!」マーク(プレー希望マーク)をくっつけてたら、秘密通信キタ。

「hello.game?」

ここは let's play! と打っとこう。

「side?」

うん、USSR と

「I'll set up」

おー親切な人だ。あー部屋できた。入室すると・・・
おー、陣営を選ぶのか、っても「soviet」しか選べないけどな。
すると、画面が開いて・・・

カードは誰が配るのかなっと、ああ、相手が配ってくれた。ありがとね。

お?、いきなりヘッドライン用のカード置いちゃうの?
あ、戻した。だよね。・・・影響力の初期配置しないと。

あっちも配置し始めた。ホントはどっちからやるんだっけ。USSRからだよね。
じゃあ、置いて良いんだ。
東ドイツに+1 ポーランドに3 オーストリアに2
先週のいたうさんの配置とおんなじ。パクリ。これでいよいよ開始!

「good luck」

おう!お前もな!って、まあ、オレは今回VASSAL初めてだから、
勝つのは無理な気がするけども。

ヘッドラインカードをハンドで選んで「ヘッドラインでプレイ」クリック。
マップ上にカードが置かれる。
あり?USのは「unknown」てでるのに、
こっちのカードは「The Cambridge Five」ってばれてるぞ?

「おい、あんた、ココでプレーすんの初めて?」

お、何か話しかけられてる。
なんで初めてってバレちゃったんだろ?いやん。「yes」っと返すか。

「ココでプレーするには、VASSALが3.1.20でモジュールがTSの3.0.10aじゃないとダメなんだよ」

え?そなの?オレのってVASSALが最新の3.2.7だけど、それだとダメなんだ。

「3.2.7バージョンなら、古いバージョンに直してからじゃないと、ココではプレーできないんだよ」

あ、そ。「k bye」
んー、残念!という訳で、VASSAL3.1.20を探して、ダウンロード、インストール。
これで3.0.10aを立ち上げる。うん。特に何も変化が無いように見えるが・・・

あーこのバージョンだとデッキウインドウからディールボタンでカードが配れるのね。
さらにヘッドラインで内容がわからないようにマップに置ける訳だ。あーなるほど。

さて、さっきの親切なやつのところに行って再度挑戦だ!
と思ってつないだら、・・・別な人と対戦してる・・・ガッカリ。

いまここ


| | Comments (0)

July 15, 2013

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その4


えーと、動画を発見。

音声は小さいし、モジュールのバージョンはちょっと古いけど、参考にはなる。

まず、デッキウインドウからハンドウインドウにカードを配るのは手動なんだな。

次に、ヘッドラインが終わって、スケジュールのボタン(左から5番目のボタン)を押すと、開いたカードがどこかに行ってしまう。つまりイベントこなすと除去されるカードは、自動でゲームから除去されてるように見える。

次に、スケジュールのボタンを押すとアクションラウンドのマーカーが自動的に動いていくらしい。

あと、スペースレースでカードを使うことを選択しただけで、自動で判定が行われ、成功失敗に応じてマーカーも動くらしい。あー便利。

あ、米がレッドスケア/パージカードをイベントで使うと、ソ連の手札のopsが自動的に1減っている。おー便利。

お、スコアリングカードを使うと、一瞬のうちに自動的に得点が計算されて、VPマーカーまで動いている。すげ。

わあ!なんか突然終わった。
いまここ

| | Comments (0)

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その3

CCWありのソビエトを選んで立ち上げてみる。
ツールバー?のにボタンが並んでいる。こいつ・・・動くぞ

最初のボタン やり直し
2番目 意味不明

3番目 対戦・観戦のサーバーにつなぐときに、サーバーの現状を表示する

4番目 意味不明(誰かにアドバイスしてもらうときに使うのかなぁ)

5番目 オンマウスでゲームのターンやラウンドがわかる。
クリックすると、現時点バーみたいなのが出て、プラスを押すと、たぶん次の手順に行くんだろう。
でも、なにもしないでただ押すと、「ヘッドラインフェイズのプレイしてから」みたいなメッセージをソフトに返される。ソフトの発言はピンク字。

6番目 デッキボタン。クリックするとDecksウインドウが開く。
CCWありのOPカード入りを選んだから、中国カードはここにある。
このウインドウのボタンはスクリーンショット、拡大、率指定拡大、縮小、カード配り。ちなみにカード配りボタンを押すとカードを配ってくれるのかと思いきや、何も起こらない。
他人が観戦してた時には、このボタンを使ってプレーしてたのを見たから、対戦すると使えるのかも。
ドローデッキとかかれたデッキを右クリックすると、特定のカードを引く、ソ連にカード配る、米にカード配るというメニューが出る。
特定のカードを引くをクリックすると、デッキを構成しているカード名が見える。そのうち一枚を選んでクリックする。すると、ボックスが消える。
??と思って、その後デッキのカードを引くと、あら不思議。さっき選んだカードになっている。
・・・いや、別に不思議じゃなかった。

ちなみに、「ソ連にカード配る」、「米にカード配る」というメニューを選んでクリックすると・・・、何も起こらない。
カードを同じDecksウインドウ内の余白にドラッグドロップすると中身が見える。
中身が見えたカードをデッキに戻すと、元に戻る。マップに引き出しても、中身が見えるし、自分のハンドに引き出すと、中身が見える。
中国カードを右クリックで、ひっくり返す、 宇宙開発に使う、4ops使うと出るが、今はひっくり返すことしかできない。
ひっくり返してどうするんだろう。使用済みみたいなことを示すんだろか。
ミッドウォーとレイトウォーのデッキはよく判んない。ターンが来たら混ぜるんだろうが、今はタイミングでないからそれができないのか、そもそもそんなことはできないのか謎である。
Discardsというポイントがある。ここは捨て札の場所だろう。
ゲームから除外するカードはどこにおくのかな。自動で除外されんのかな。謎である。

7番目 ソ連手札ボタン。
クリックすると真っ白なウインドウが開く。
さっきのデッキウインドウからカードを持ってきてみる。
カードにオンマウスして動かさないでしばらくするとカードがでかくなる。
カードを右クリックすると、ひっくり返す、ヘッドラインで使用、宇宙開発で使用、イベントで使用、opsで使用とでる。
現時点では、ヘッドラインで使用しかできないようだ。早速使用してみよう。
お、消えた。と思ったらマップのうえに外向きで置かれてる。カードの中身がわからないようになってるんだな。と思いきや、左上のメッセージに何のカードを使ったか表示されてるなぁ。これはどうなんだろ?
相手には見えないのかな?

Tsdxmod1_2


いまここ

| | Comments (0)

July 14, 2013

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その2

VASSALオンラインで見学したら、プレイングの早さに圧倒される。
1カードプレイに10~30秒くらい。
シャバは流れが激流に近いくらい速いってことに驚いた。

これは、いきなり接続しても、操作でモタモタ、プレイングはヘロヘロで
「Are you Greek?」とか、
「Newbie? : ( 」とか、
「u slooooooow」とか、
「zzz」とか、
ヤなこと言われて通信切断されるパターン。

「初めてなんだから仕方ないじゃん、お前だって最初はモタモタだっただろ!」
と言いたいところだが、ま、相手はそんなのお構いなし。
「So what?」ってなもんですよ。
「ゲームがしたけりゃ、さっさとプレーできるようになりなよ。」
ってことでしょう。

こういうのはMagic Onlineでは良くあったパターンです。
インターフェイスやゲームのルールに慣れないうちは、
プレーするたびに、皮肉いわれまくりの、暴言吐かれまくりで、
のろのろプレイして、間違えてこっちが勝ったりした日にゃあ、
「お前のノロノロプレイで時間を無駄にした。Fxxk」
とか言われることもしばしば。(ま、Magic Onlineは、ガキも多いせいか、ガラが悪い。)

これは、VASSALでも考えられるので、インターフェイスを理解しとくに越したことはない。
という訳でここからは、一歩一歩行きますか。

なんか、TSDXのモジュールはソロプレイできないらしいんだけど、だからって基本的な動かし方も判んないでいきなり対戦もつらいので、その辺はわかりつつ、「新規ゲームをオフラインで開始」にチェックして立ち上げる。
すると初期配置はどれにする?ときかれる。

CCWのオプションカードなし
CCWのオプションカードあり
スタンダードのオプションカードなし
スタンダードのオプションカードあり
のどれにする?ってヤツだ。

CCWは中国内戦ルールを使うかどうかを聞かれてる。
中国内戦ルールを選択すると、中国カードはデッキの横に置かれてのスタートとなる。
スタンダードは中国内戦ルールを使用せず、中国カードはUSSR側が保持している状態

ここはいろんな要素全部のっけで、CCWのオプションカードありにしてスタートしてみる。
いまここ

| | Comments (0)

July 13, 2013

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その1

Magic Onlineでプレーして、オンラインでゲームするという目標はクリアした。
次にyucata.deで、数エーカーの雪原をプレーして、ストラテジーゲームを、オンラインでプレーすると言う目標もクリアしつつある。
という訳で、次はVASSALでTSDXをプレーしてみたい。
やりたいゲームはトワイライトストラグル・デラックスエディションだけなので、とりあえず他のモジュールは考えないことにする。

じゃあ始めてみよう。

まずはJAVAを入れる
次に、VASSALで最新バージョンを入手。
次に、トワイライトストラグル・デラックスエディションのモジュールを入手。
TSのモジュールはたくさん種類があって、GMTのサイトでもダウンロードできるが、不特定の相手とゲームするなら、これはやめといた方がいいかもしんない。
VASSALのサーバー内でできるだけ多くの人と対戦が可能になるように、一番使用頻度の高いと思われるバージョンのモジュール:Deluxe -3.0.10a が良いと思う。(いまんとこ)

VASSALを立ち上げる。
File、Preferencesで言語設定を日本語にして、VASSALを再起動。
ファイル、モジュールをプレー、Twilight-Struggle-Deluxe -3.0.10aを選択、
オンライン中のゲームを探すにチェックして、次いくと、
進行中のゲームのMainRoomに自分がいる。
自分の名前をクリックする。
すでにプレーしてる部屋をダブルクリックする。

と、すでにプレーしてる人たちのプレーを見ることができる。
「・・・うわー、この人たち、プレーが早っ!」
と、いまここ。

| | Comments (0)

February 10, 2013

Deluxe Edition の7枚のカード

えー、本日(GMT)Twilight Struggle Deluxe Edition を入手しました!
わーいわーい。

えー、今後少しづつイジりつつ楽しんでいく予定ですが、まずは、DX版の7枚の追加カードについて、カードの題名だけでもお知らせしときます。
(ネタ的には、今頃何いってんの?って感じの情報ですが、自分へのメモ的には必要なもんで)

104 The Cambridge Five
105 Special Relationship
106 NORAD
107 Che
108 Our Man In Tehran
109 Yuri And Samantha
110 AWACS Sale To Saudis

あとBGGのページにデラックス版の日本語ルールがアップされてます(Filesの中) ので、これも、いまさら感満載の情報ですが、一応メモしておきます。

| | Comments (0)

July 31, 2009

Deluxe Edition Rules が公開されています!

標記が公開されていますね。

こちら

・カラー化
・12.0 THE CHINESE CIVIL WAR VARIANT(中国内戦バリアントルール)追加
・A Late War Scenario for Twilight Struggle(ショートシナリオ)追加
・Extended Example of Playの差し替え

が大きく変わった点ですね。

ただいま、Extended Example of Playをウキウキしながら読んでいます。
発売日はいつなのか。(買うのか?オレ・・・)

| | Comments (10)

July 28, 2009

US陣営が記憶しておくと便利なこと

ソロプレイなんかをしてて、ぜーんぶ自分で仕切ってるのに、時々(てか、しょちゅう)
「あー、そうだった、このカードがあったんだった。忘れてた。」
ということがあって、がくんとソロプレイ継続意欲が落ちちゃうことがあるので、
カンペを作ってみた。以下カンペ。

EARLY WARの時、US陣営は、こんなカードを覚えておくべし。

影響力の配置について、がっかりしないために
「ルーマニア王の退位」が出る前のルーマニアに配置すると、がっかりする。
「フィデルカストロ」が出る前に、キューバに配置すると、がっかりする。
 
「ベルリン封鎖」が出るまでは3opカードを持ってないと、西ドイツでがっかりする。
 
どうせ東欧に配置するなら、「ワルシャワ条約機構」が出てからのほうがベター。
「ナセル」が出る前のエジプト。出たら半分無駄になる。

「ド・ゴール」に対してフランスの備え
「スエズ危機」に対してフランスの備え

※ドゴールもスエズも3op・イベント除去のカードだから、この辺が立て続けに出てくると、
 USSRはヨーロッパスコアリングを持っているか、もしくはサドンデスを狙ってきているか
 という方針が透けて見えてくる。 → これは、大事なポイントかも。

「朝鮮戦争」に対して、日本、台湾の支配で有利に。

※USSRがアジアスコアリングカードをもっているなら、
 南アジア固めか、「ベトナムの蜂起」あたりを使ってくるだろうから、これを見て
 どうせなら、支配しておく手もありか?でも、支配までいくと結構opを食うんだよね。
 この戦争は除去イベントなのでイベント解決後やスコアリング後は意味が希薄になるし。
 これはちょっと後回しかな。

「印パ戦争」に対して、アフガン、イランの支配で有利に。

※アフガンはともかくイランは死活問題。中東とアジアの今後の影響度配置を考えると、
 イランの支配まで行かなくとも、影響力残存確保はゲーム序盤の最優先課題かも。

「中東戦争」に対して、ヨルダン、レバノン、シリア、エジプトの支配

※MWの「イスラム革命」を考えると、レバノンがベストかな。
 でもクーデターに弱いから、慎重に行かないといけないかも。
 レバノンに3op使うなら、いっそイスラエルに回しといたほうが便利かも。
 「スエズ」対策にもなるし。

MID WAR 5ターン以降は一息つけるよ。
「イスラム革命」が出る前の、リビヤ、シリア、ヨルダン、スーダンに配置すると、がっかりする。
(イラン、イラク、エジプト、サウジアラビアはOPECに関連してるからなあ。)

「OPEC」が出る前に、湾岸諸国、ヴェネズエラの支配を防ぐとうれしい。
※イラン、イラク、エジプト、サウジアラビアはイスラム革命で排除の可能性有り。
 とはいえ、置かないわけにも・・・

「ポルトガル帝国の崩壊」に対して、アンゴラに+1、東南アフリカに+1の備え
※アフリカスコアリングで対抗されないためにも、打っておきたい手です。

「サルバドール・アジェンデ」に対してチリに+2の備え
「南アフリカ共和国での不穏」に対して南アフリカに+1の備え
「ヴィリー・ブラント」に対して西ドイツに+1の備え

「進歩のための同盟」が出る前の、メキシコ、キューバ、パナマ、ベネズエラ、
                     ブラジル、チリ、アルゼンチン 
                     が支配できると超うれしい。
※USSRにさっくり捨て札されると、涙が止まらないけれど。

「サダト大統領」に対して+1しとけば支配確定
※でも、エジプトは、ガチの戦場だからな

LATE WAR ガツーンとポーランドあたりでかましましょう!

「オルテガ」が出たらニカラグアに置いても良い。
「海兵隊宿舎への爆弾テロ」が出たらレバノンに置いても良い。
「イラン人質事件」が出たらイランに置いても良い。
※イランゲート事件だ!

「レーガンによるリビア爆撃」に対するUSSR影響力の排除

「鉄の女」に対してアルゼンチンに+1の備え

こんなもんかな。

| | Comments (0)