February 11, 2009

第1ターンのドイツ軍

第1ターンのドイツ軍のプレイ方法のメモ。

北から。
H2Aは最北部の2スタックは下げないほうが良いかも。
その他の部隊も大河沿いのZOCを張ったままにしておくのが良いかも。
6Aの指揮範囲外では、たいした事は起こらないでしょう。

ソ連軍が、カンテミロフカ→ロソッシ(もしくはヴァルイキ)方向にどの程度前進してくるか見てから、
退却を始めても、いい気がする。
ここの鉄道線は、ソ連軍には、早めに渡したくないし。
ともかく、0点だからといって、やたらハンガリー軍が飛ばされるのも嫌なので、
ドイツ軍は足の遅い彼らを、どれだけ助けてあげられるかで今後が違ってくるかな。
まあ、ランツたちをどうするかも、考えるところだけど。

チット引きの順番は、STAVKA(6A)→H2Aの順がラッキーでしょう。
ラッキーカラーはドン河ブルー。ラッキーアイテムは道路。

次にR3Aか?Holidtか?
ソ連軍が3GAだとこっちはR3Aが良いし、5SAとか5TAだとHolidtが、有効なのかなぁ。
うーん、でもドイツ軍を何とかしときたいから、やっぱHolidtかな。
歩兵3個師団を下げといて、司令部をモロゾフスク辺りにおいとくのが良いかな。
チット順は、ソ連軍がどの司令部(3GA・5SA・5TA)を選んだのかを早く知りたいね。
というわけで、ここは、3GA・5SA・5TA→Holidtかな。

さようなら、ルーマニア軍。
僕らは見捨てるだけで、やっつけるのはソ連軍だよ。恨まないでね。

ラッキーカラーはドイツグレー。ラッキーアイテムはソ連軍チット。

次に4PzA。
ここは全力後退かな。
ソ連軍と適当な間合いがあるし、ルーマニア軍に戦線を張らせて、
3個装甲師団は、ドン河にかかる橋のあたりに配置。
Holidtとか、ミレロヴォを助けたくなったら出動。
ここはチットの順番が
4PzA→STAVKA(2GA)のほうがラッキーかな。

ラッキーカラーは、ルーマニアオリーブ。ラッキーアイテムは装甲師団。

あ、第27装甲(ミレロヴォ)、大丈夫かな。

BGM 舞踏への勧誘 : イリーナ メジューエワ

| | Comments (0)

February 09, 2009

(GJ)激闘!マンシュタイン軍集団で気になってたこと

こないだっから、気になってたんだけど、
このゲームって、ゲーム始めるときに、6つのうち4つ活性化させる司令部のチットを選ぶ。
たとえば4つのうち第1親衛軍チットを選んでカップに入れたとする。

そしてゲームが始まるわけだけど、このゲームの特別ルールで、
第1ターンは任意の司令部を活性化することになってる。
だからその時、たとえば第1親衛軍を選んで活性化させた(攻撃のみ)として、

でも、それはチットを選ぶわけじゃないから、
第1ターンでも、もう一度第1親衛軍が(チットを引くことで)活性化しちゃうのかな?

どうなのかな?
ん?

・・・どうもそうらしい。
うーん。
そうかぁ。

・・・1週間かけてソロプレイしてきたけど、ハナっから間違ってたみたい。
どうも、ソ連軍がロストフに圧力かけずらいし、ドニエプロまで目処立たないし。
おかしいなぁと思ってたんだよなぁ。

そういえば、AGNで対戦したときも、間違えてプレイしてたなぁ。
あー。(ヘナヘナ・・・)

BGM オルフ:「カルミナ・ブラーナ」から「運命の女神よ」

| | Comments (0)

February 03, 2009

(GJ)激闘!マンシュタイン軍集団

ちょっと間が空いてしまいましたが、その間コレのソロプレイをずっとやってました。

前回のロボジッツのソロプレイ空振りがひびいて、
「絶対に失敗しないアイテム選択を!」
というわけで、作戦級でチット引きでルールが少なくて賞獲りゲームという、
超豪華アイテムから選択した結果、コレに決定。

WWⅡ東部戦線の42年末から43年のロシア南部をあつかった本作は
多少エラッタや明確化で、戸惑いはあったものの、何とかプレイを続けることができてます。

始めた当初は、最初のターンに、ソ連軍がどこに穴を開けるかを楽しくプレイしました。
どうやら、第1親衛軍で、イタリア軍を攻撃するのがイイなぁと発見できた。

次に、ドイツ第22装甲師団をどうやって救い出すかをテーマに楽しくプレイしました。
このとき、ドイツ軍司令部の足の速さを発見し、うれしくなったりしてました。

そんでもって、ソ連軍でサターン作戦の実行を思いついたものの、
それで、ソ連軍の歩兵師団の足の遅さに驚きつつ、
移動力4と5では雲泥の差があることを実感。
ロストフの遠さを改めて感じることができました。

それならば、と小土星作戦の実行を思いつくも、ハリコフを眼中に入れていない自分を発見。
そうか、そうかと、ロソッシ-ヴァルイキ方面への進出作戦を実施、
1GA-6A-STAVKAと3連発でソ連軍チットを引き、
きれいにハンガリー軍を包囲できたところで現在に至っている。

ドイツ軍のチットばかりが残っている状況では、今度はドイツ軍のプレイも面白そうだ。

よくも悪くもチットのゲームといわれてますけど、
盤上の状況を楽しむためにやっている、ソロプレイでは、なかなか面白い。
各陣営の担当になったり、第三者になったり・・・
自分の思惑とは違うところで、目線を逸らされるというか、気づかされるというか。
単に自分がトロイだけですけど。

でも、「くわー」とか、「おおー」とか、思わず声が出ちゃうのは
それだけ、このゲームが面白いからだろうと思います。
必勝法とか攻略法とかとは違うところで楽しめる感じがス・テ・キ。

(CMJ)オンスロートとか、(CMJ)ムルマンスク41とかが次の候補に挙がってるけど、
多分プライベートがスローモーなので、当分の間は、'42-3のロシアにいることになりそうです。

あ、そうそう、お正月のミステリーchでやってた、DUNE前・中・後編をようやく見終りました。
なんだか、そんな名前のゲームが欲しくもなってたり・・・
クイザッツ・ハデラッハ!

BGM NBCs_Mystery_Movie : Henry Mancini

| | Comments (0)