December 29, 2014

青森ボードゲームクラブ参加報告

前の日が、青森ゲーマーズネスト例会、前の週が北三陸アナログゲームズ忘年ゲーム会というわけで、私の家族は「父さん、家に居なさすぎ」とか言って、プリプリしているわけです。

でも、そこは「ほら、今年は休み長いから。」と、理由にもならないことを言って、今日は青森ボードゲームクラブにお邪魔してきました。

主催のいたうさんやむつのひとさんは青森ゲーマーズネストで知っていますが、その他の方たちにお会いするのは今回が初めてです。会ったこともない人たちに合うのは緊張しますが、ゲーム同好者の知り合いが増えるのはなんだかワクワクするので、ちょっと楽しみでした。

昨日のアイスバーンドライビングに懲りたというわけではないのですが、青い森鉄道の青森駅まで(日帰りなら)2,080円とかいうお得な切符で、電車で行ってきました。
P1040722


八戸駅を午前8時58分に快速電車で出発すると、青森駅には10時24分着です。
結構きれいな車両でした。この電車は八戸始発ですから、どう考えても座れますし、そんなに混んでもいません。後はアイスバーンに震えることもなく、乗ってれば着きます。
しかも途中寝てたので体感した移動時間は10分位でした。
(なんて楽ちん。車なら2時間以上ですね。)
P1040723


青森駅に着いたら、青森駅前のバス3番のりばから午前10時35分発の横内循環というバスに乗り、約15分くらいの「棟方志功記念館前」で下車。
うおお、雪すげぇ。
P1040725

P1040727


運賃は200円でした。近くのファミマでお菓子とおにぎりを買って、1ブロックほど西に歩けば、午前11時前には会場に到着。この建物が見えてきます。
P1040729

P1040730


正面に回るとこんな感じ
P1040731


会場には既に皆さんがいらっしゃっていてチケライのメルクリンがお披露目会がされていたようです。

早速、私も混ぜてもらってブラッドバウンド6人プレイ。ルールはよくわかったのですが、うまく立ちまわることができず、私のチームは勝つことができませんでした。みなさんごめんなさい。
P1040732


続いて、ハートオブクラウンに誘っていただき、これをプレイ。「みんなのインスト」にメモを取りながらルール説明を聞くといいと書いてあったので、これを実施しながらインストを受けました。

ルールが全部把握できるわけではありませんが、何を把握していないかがわかるのは便利でした。
お陰で2つ3つ質問も出来ました。
プレーではもちろん勝つことができませんでしたが、なんとかゲームを壊すことなく参加できたかなと思っています。

さて、ここから今日のメイン「カヴェルナ」をプレーしました。全員初プレイなのでいたうさんから丁寧にインストを受け、結構な量のメモを取り、ゲーム開始。

プレイ感としては、いろんな方向がある「アグリコラ」という感じでした。
しかも、「アグリコラ」のまどろっこしさが整理されていて、農場なら農場の、牧場なら牧場のアクションが結構サクサク進むようにできてました。
これは気持ちいい。(アグリコラが先に世に出ていたからこそ感じるサクサク感と言ってもいいかもしれない。)

「アグリコラ」だと、上家とアクションがカブってしまい、1ラウンドの間、手も足も出せずに終わるパターンが少なからずありますし、(さらに、スタプを奪い続けて日干しにするプレーもあるでしょうし。となると、トップを潰すのにトップの上家が他プレイヤーーから圧力を受けるってこともあるでしょう。)

そうなると、我慢するためにゲームしてるタイミングができて、そのシーンは「面白くない」んですよね。これを避けるように、畑、牧場、家族を増やす方向、探索する方向、鉱床を開発する方向、部屋を作る方向など、多くの選択肢があるので、「あまり気が進まないけど、今これをやっとかないと」的なジレンマ感から、「じゃあ、こっちに手を出してみようか」的な開発感に変わった気がします。

P1040740


この選択肢が多いのと、先に書いたサクサク進む感が合わさって、いい感じになっていると思います。その代わり、収穫フェイズがポンポン来るので「アグリコラ」のカツカツ感は健在でしたね。

また、進歩と職業のカード周りが整理され、部屋タイルに統合されていました。多分鉄板のコンボがあるんでしょうけど、このゲームを何回プレーするかを考えた時にどの場合でもある程度の形に収まるように考えられた分量になっていて、精神衛生上健全な感じがしました。

P1040741


カードの内容を把握していれば、上手くゲームができるけど、初めての人はどうしてもプレーがチグハグになってしまうってことになると、経験者と初心者のいるセッションでは、経験者には物足りない、初心者には満足感が少ないってことになりがちですもんね。

こういう時は、みんなが一緒にゲームを始めて、一緒に知識やテクニックをためていく感じの機会が必要になると思います。

「カヴェルナ」にはこうした不公平感を軽減することができているのかなと思いました。組み合わせは有限になりますが、まあ、それほどやりこんだなら、拡張出せば良いだけですもんね。(この分量だと、ネットで配布も可能でしょ。やんないだろうけど。)

P1040739

結果はビリでしたが、スタプをほとんど取らず、探索に全く手を出さなかったのが敗因でしょう。みんながやってることは自分もやっとかないと、誰かに手番を多く残してしまいますからね。ま、ビリはいつものことなので気にしてません。あはは。

それにしてもいたうさんのプレミアムコマのセット良いなあ。特に小麦がいい感じ。欲しくなったけど売ってないんだよな。

P1040742

さて、次に「シークレットムーン」に呼んでいただきました。勝ったり負けたりでしたけど、参加の皆さんと馴染めたせいもあって、緊張せずに楽しめました。

いたうさんをはじめ、ご参加の皆さんには良くしていただき、ありがとうございました。
とても楽しかったです。
時間を作ってまた、青森にも行けるといいなぁと思います。皆様どうか良いお年をお過ごしください。

さて、会場を出ると真っ暗でしたが、バスに乗って青森駅から午後6時40分発の快速で午後8時4分着。

P1040744

これも途中熟睡してたので移動時間は体感で5分ぐらいでした。まさにどこでもドア。
ビバ青い森鉄道!ビバ青森ボードゲームクラブ!

| | Comments (5)