November 19, 2005

パラドクス

そろそろ職場とか、営業先とかの忘年会なんで、
話の合わないやつと隣になったときのネタを仕入れようと
「パラドックス」集とか言うのを調べてた。
(つか、ノルマこなしたんで、仕事サボってた。)

したら、こんな話が載っていた。

「父と子が自動車に乗っていた。自動車は線路上で電車と衝突した。
助け出された父と子は、二人とも重傷を負った。
二人は救急車に乗せて運ばれた。
父は車内で死んだが、子にはまだ息があった。
病院に着くと、緊急手術を行うことになった。
担当となった外科医がその子を見てこう言った。
「この子は手術できない。なぜならこの子は私の息子だ。」

・・・へ?

コレのどこがパラドックスなの?

「前提に支配される型のパラドクス」

・・・へ?何?
ぜんぜんわかんね。
どこがどう、パラドックスなの?おせーて。

ってことで、ネタはしっかり掴むことができた。
でも、ホントわかんね。割と有名な話らしーんだが・・・。

なに?外科医はかーちゃんだったってこと?

・・・んで?

| | Comments (0)

September 02, 2005

コマンド・マガジン日本版

コマンド・マガジン日本版という雑誌がある。
毎号シミュレーションゲームがついてくる。(もちアナログゲー)

コレなんだけど、なんか思うんだよね。
ゲームはさ、(アイテム選択はともかく)
結構キッチリしたゲームをつけてくるんだよね。

マップと、駒(厚紙)、結構きちんとしたルールブック。
結構分量があるんだよね。
その上、雑誌が84ページくらいあるんだよね。

それで、市販のゲームより安いんだよね。

そんですげえ、雑誌のスタッフの人は
忙しそうなんだよね。(ブログで見る限りは)

なんか、価格据置でいいから、
ページ数減らしたほうがいいんじゃないかな?って思うんだ。

そんで、その時間を付録ゲームのエラッタ校正とかに当てたほうがいいと思うんだ。
雑誌が目当てで買ってる人より、ゲームが目当ての人が多いと思うし。

ばっさり40ページくらいにしてさ。

広告6ページくらいとって、
付録ゲームの記事と
過去号バリアントと
ゲームの紹介
初心者向けのページ
あと、マンガ

よゆーがあれば、
サークル紹介と読者のページ
連載記事1本

そしたら、なんかいろんなことがよくなると思うんだ。
今の記事って、やたらマニアックだし、

たとえば、ユニットシートが増やせたり、補助シートが付けられたり・・・

そうもいかんのかな。
出版業界って良く分からんが。

| | Comments (0)

June 29, 2005

こうはなりたくない

言葉のイメージとしてさ、こうはなりたくないってのがあるじゃない?
たとえば、

「落ちぶれる」

これは、なりたくない。確実にマズイ。

「お前も落ちぶれたよなー」
とか言われたら、
「そ、そんなこと・・・ない・・よ」

とか動揺しそうじゃない?

でもさ、自分が絶対に落ちぶれてないとは言えない気がする。
だって、落ちているってのは相対的なもんだから。

知らず知らずの間に、自分が落ちぶれてたらどうする?

いや、落ちぶれてるから、どーも仕様が無いってわけなんだけどさ。

つーか、オレ、落ちぶれてないから。
どっちかってーと、成り上がってるから。

落ち込んではいるよ。
4巻買い忘れたから。

| | Comments (0)

June 23, 2005

うふっ

・・・・、・・・・・

・・

・・・・・。

ん?今?

・・・、・・・・・。

うん。3巻。

うん。

| | Comments (0)

May 28, 2005

ザ スタンド

スタンドっつってもアレよ。スタープラチナとか
シルバーチャリオッツとかじゃないよ。
「ザ・スタンド」よ。
スティーブン・キングの小説ね。

いや、あのね、
「スタンド バイ ミー」じゃないのよ。
違う小説よ。

これがね、文庫本で出てるんだけど、
5巻もあるのね。
んで1巻の厚さが2センチくらいあんのさ。
だから全巻で10センチね。

イヤなんだよね。
もう、ものっそイヤ。

なんでってね、これはもうね、キングの大ファンの俺が言うから間違いないけど、
読み出しちゃったら、往年のドラクエ並にハマルのね。
絶対。もうね、分かりきってることなの。それは。

ぜんぜん他のことが手につかなくなっちゃうのね。
ほとんど、麻薬ね。キングの小説は。

10センチなんつったら、あーた、軽ーく2ヶ月は
キングまみれね。確実。いわばキングワールドに脳内活動の90パーから
もってかれちゃうのね。

そんな時間無いッツーの。いそがしいっつーの俺は。
でもね、読み出したらもうとめらんないの。
自分じゃドーにもなんないんだッツーの。
女房子供泣かしてでも、読んじゃうからね、俺は。

だから、イヤなんだよう。
っていいながら、こないだついに1巻買っちまった。

・・・許して。家族の人を含めたいろんな人・・・
僕の脳は長期休暇中です。

| | Comments (0)

May 26, 2005

ちょっと前までシロウト

鄧小平の改革開放路線は、南巡講話以後、着実に成果を上げ続け、
中華人民共和国も目覚しい経済発展を遂げている。

ちょっと前までシロウトだったオレでも、
このくらいは知っていた。

でも疑問が残ってた。

じゃあ、なに?中国って資本主義の国なの?
でもまだ社会主義?

オレひとりの思い込みかもれてないが、
誰でも感じる疑問ではなかろうか?

この辺の事情に詳しい友人に尋ねたところ、
以下の答えが返ってきた。

「経済は資本主義、社会は社会主義の国なの」

へー。あー、そう・・・なんだ。
ふーん。・・・なるほどね・・・

・・・なんじゃ、そら。

いまだに良くわかんない。
良くわかんないが、中国は確かに存在し、先日WTO加盟も果たした。
良くわかんないが、あるんだからそういうモンなんだろう。

いろんな意味でスゴい国ではあるなぁ。

| | Comments (0)

May 10, 2005

ムニューなってボワー戻る

眠るのが大好きなので、ずいぶん前に枕を変えた。
指とかで押すと、ムニューなってボワー戻る、
低反発まくらとかいうヤツで、なかなか気に入っている。

ちなみに家族は誰も使ってない。
オレだけの特権である。

誰も使ってないからこそ、誰も使い方が分からない。
高くなってるほうを首にあて、低いほうは頭を支えるようにできている。
しかも、まくらに裏表がある。

それなのに家族の人は決まって、表裏逆に置き、
しかも高いほうを頭のほうに、逆向きに置いておく癖がある。

何度言っても、
「あー、そうだっけ」という、そっけないレスポンスだけだ。

あまりに反対向きに置かれるので、オレすら勘違いしたまま寝るときがある。
翌朝、首の調子がおかしくなったりするが、
それについて、家族の人にとやかく言ったことは無い。

まくらだけでなく、オレまで低反発になってきたようだ。

| | Comments (0)

May 02, 2005

ゼロロはドロロで青い

家族の人がケロロ軍曹好きなので、見ている。
この歳になって、アニメでもないが、まあ、見ている。
エンディングのアフロ軍曹が気に入っていることはヒミツである。

現代版オバQである。

話がちょっと物騒だったり、エッチだったりするのは、現代版の証ととらえている。

家族の人が好きなので見ているだけなのだが、
単行本も8巻まで買ってみた。
アニメよりちょっぴりお色気があって、これはこれで実に正しいマンガだ。

オバQに登場した仲間のオバケらしきやつらも出てくる。
ケロロのほか、タママ、ギロロ、クルル、ドロロ・・・。
繰り返し音による名前の幼児化も現代版の証ととらえている。

オバQで忘れられないシーンといえば、
ドロンパとオバQのバケくらべのシーンである。
ドロンパ曰く、

ドロンパ:「やいQ太郎、俺様は恐竜に化けるぞ!」ドロン!

Q太郎 :「よーし、見てなよO次郎、僕はこれに化けるぞ!」

と、白い体を丸めるQ太郎。

Q太郎 :「・・・おまんじゅう」

しかし、Q太郎のシンボル、毛が3本生えていることをリカバリーできてなかった。

ドロンパ:「毛の生えたおまんじゅうか!あっはっは!」

・・・これである。
このシーンで幼少の俺は30分ぐらい笑い転げた。
ケロロにも、このぐらいのパワーを望みたい。

| | Comments (0)

April 29, 2005

マサラ・ショコラ

GODIVAといえばチョコレート屋の名前だが、
こないだいただいたチョコレートを食っていて
度肝を抜かれたので、報告。

一口にチョコレートといっても、さまざまな味があるモノである。
ミルクチョコ、ホワイトチョコ、ナッツ入りやブラックチョコ。
甘かったり、香ばしかったり、ホロ苦かったりとまー、人生イロイロである。

ところが、こないだ食べたGODIVAはなんと
カレー味だった。

しかも、ちゃんと辛い。
カレーのルーみたいに黄色くはなく、普通のチョコ色だけど、
ツンと香辛料の香りがして、後味は辛い。

うまいかどうかは別にして、
面白かった。

カレー味の次は、是非チーズ味にチャレンジして欲しいと思うのは、
俺がカール好きなのと無関係ではない。

| | Comments (0)

April 22, 2005

それもまた、それでありなのか?

電車男を読んだ。
なんか、本屋でやたら平積みしていたので・・・。
実録・彼女ができるまで話だった。
感想?

・・・泣いた。

いやー、泣くでしょ。
面白いとか言うより、泣ける、でしょ。
んで、思い出した。
自分こととか他人のこととかイロイロ。

いやー、でもアレだね。
掲示板のほかの人たちって優しいんだね。
おめでとう!
とか言っちゃって。

俺なんか、直にあの手の相談されると
「ドーンと誘って、ババババーンとデートして、ガーンと告白だぁ!」
しか言えないし、
ンでもって相手が、グチグチ迷ってると、
「じゃあ、ヤメよう」
しか言えないもんな。

つーか、そんなもんじゃねぇのか?
あーゆーことって。

・・・ちがうのか、もっと暖かいもんなのか。
だから売れてんのか・・・。

それもまた、それはそれでどうなんだ?
いいのか?そんな、世の中ポカポカで。

・・・いや、わるかぁないけど・・・。

あーもう、どないやねん

| | Comments (0)

より以前の記事一覧