« IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その1 | Main | IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その3 »

December 02, 2018

IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その2

Ids04

宇宙戦艦ヤマトのゲームです。
第一次冥王星会戦のソロプレイのつづきです。

地球艦隊の沖田提督の「きりしま」、古代(兄)の「ゆきかぜ」など合計5隻は、やられないように逃げようとします。
対するガミラス艦隊4隻は敵の撃沈を目指します。


Ids05


ガミラス艦の射程距離は14マスもあります。
対する地球艦隊は6マスしかないため、不用意に近づくと一方的に撃たれます。
なので、近づかないようにしながら、マップ横からの脱出を企図します。

ところが目測を誤り、「きりしま」と「ゆきかぜ」が射程内に入ってしまいます。
そこでガミラス艦からの猛烈な射撃を受け、兵装に損害を受けてしまいます。


-きりしま艦内の会話記録-

船員:「沖田艦長!敵からの猛烈な射撃を受けています!」

沖田:「なんだと、ここは射程外のはずだぞ!」

船員:「どうやら、ちょっきり14マス目で射程内です。」

沖田:「マジか!・・・では射程外に急いで移動だ!」

船員:「了解!しかし、敵と本艦の移動力は同じなので、射程外に出られないかも!」

沖田:「うへぇ!」

-ゆきかぜ艦内の会話記録-

船員:「古代艦長!猛烈な射撃を受けています!」

古代:「わぁ射程内かよ!全速で射程外へ出る!」

船員:「了解!しかし、旗艦きりしまはモタモタしています!」

古代:「きりしま、駄目だなぁ!」


Ids06

というわけで、一方的に射撃を受け続ける「きりしま」の運命やいかに!

次回へつづく。

|

« IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その1 | Main | IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その1 | Main | IRON DEBRIS SYSTEM(アイアンデブリシステム)その3 »