« (GMT)Paths of Glory | Main | (コマンドマガジン#137) 慶長出羽合戦 »

October 16, 2017

青森ゲーマーズネスト2017年10月例会報告

今月の例会には、久しぶりにふなきさんも駆けつけてくれて、5名で遊ぶことができました。
毎回毎回思うんですが、参加してくれるみなさん、本当に感謝しています。
これからも末永く一緒に遊んで下さい。よろしくお願いします。

さて、今月はウォーゲームで遊ぶことができたので振り返りを書いておこうと思います。

まず、最近ゲーム会に来てくださる平内さんと、トワイライト・ストラグルをその場でインストしてから遊んでもらいました。
対人戦は久しぶりで、セットアップやターンの越え方など、曖昧な感じの部分も有りましたが、しっかり再読み込みをしてプレイできました。

私はUSSRをプレイしました。このゲームは序盤から中盤はUSSR陣営が有利なので、USSRのほうが初心者向きじゃないの?とか思う方もいらっしゃると思います。
ですが、シミュレーションゲームは勝ち負けじゃない部分もとても大きいと思うので、平内さん自身に選んでもらって、希望通りUSAをそのままお願いしました。

といって、インストプレーや接待プレイをするつもりはありませんでしたので、第1ターンからイタリアをいただき、イランを取り上げ、デフコンを2に張り付かせながら、定石通り戦わせてもらいました。ヨーロッパを赤く染めつつ、隙あらば中米とアフリカを侵食し、中盤までゲームをしました。

Tw10152


結果は、運もこちらに味方して、5ターン終了時にUSSR陣営の勝ちとなりましたが、まあこの際、勝ち負けはどうでもいいことです。
要は、トワイライト・ストラグルはもちろん、ウォーゲームすら初めての平内さんに「面白い」と感じてもらえたかどうかってことです。面白い!またやってみたい!と思ってもらえてたら良いんですが・・・。

次に、ふなきさんと「シン・関ヶ原」を対戦できました。ダメ元で対戦希望を出したら快く受けてもらえたので、思い切り遊ばせてもらいました。
この池田氏の作品は、ホントに楽しみにしていたので是非とも対戦したかったのです。
ソロプレイ以降エラッタも出て、ちゃんと遊べる環境になったこともありましたし。

私は西軍を担当し、最初のカードは吉川広家、増田長盛、織田秀信としました。増田か宇喜多か悩みましたが、手札への影響を心配して、この布陣にしました。

これで、吉川/毛利6ユニットを使って鳥居元忠を倒し、8VPを得て次のターンで三成と大一大万大吉を手に入れるはずだったんだけど、まさかの鳥居元忠が生き残り。7VPしか手に入れられず、呆然。
一方のふなき家康は東海道の3将を味方につけ、次にターンには家康が終わりまで到達する見込みとなった。

渋々、2ターン目は石田と島津でお茶を濁し、続く戦略フェイズでも山城は落ちず、合戦フェイズでようやく陥落させるという体たらくだった。対する家康は、西国諸将を使い伊賀の京極までも引き入れ、着実にVPを伸ばす展開。

Sse09


3ターン目には宇喜多秀家と念願の大一大万大吉カードを購入しようやく一息つける展開に。前線の西美濃に各軍勢を置き、伊勢に三成と島左近を投入してなんとかこれを支配下において小康状態にできました。

この後、島津で伊賀を潰し、毛利輝元を引き入れ、なんとか戦力的に東軍と5分に持っていくことができましたが、後半に入ると、伊勢を守っていた石田三成に福島正則が攻めかかり、西軍は島左近を討ち死にさせるなど大損害を被りました。

三成は単騎伊勢から落ち延び、サドンデス負けを首の皮一枚て乗り切るなど、必要以上にドラマチックな展開になりました。

Sse10

(この写真は、伊勢から逃げ延びた三成が、さらに池田輝政に追い詰められているところ。これも、なんとか凌いだ。)


また、加賀の前田利長が家康側で参戦し、北陸から山城へ南下を企てたため、急遽、武装親衛隊じゃなかった宇喜多秀家軍を現場に急行させ、強行軍によって一夜にして利長の首級をあげ、前田全軍を屠ったあと、返す刀で池田輝政をなで斬りにするなどの活躍などがあったりしたものの、

結局最後は、最前線にいた西軍総大将の毛利輝元に空弁当を食らわされ中立化し、摂津で蟄居していた小早川が猛然と裏切りやがって、VP的に西軍が2点足りない状態に。

ラストターンは白鳥の歌とばかりに上杉景勝が直江兼続とともに、井伊直政の上野を直撃。根性ダイスで4ユニットを屠るものの、井伊隊は生き残り、万事休すとなって、東軍の勝利となったのでした。

Sse11


最後の展開はドタバタコメディというか、まあ、それなりにそれらしいというか、私らしいマヌケ展開というか、まあ面白いゲームになりました。とても満足のいく1戦でした。

プレイ時間はルールのインストも含めて2時間30分でした。手軽でそれなりな展開になって、気楽に遊べるいい作品だな、池田さんらしい作品だなと、とても満足しています。
なにより、ふなきさんとゲームをするのも久しぶりで、とても楽しかった。

楽しいゲーム作品と、一緒に遊んでくれる仲間に敬意と感謝を込めて!
また来月も遊びたいっ!

|

« (GMT)Paths of Glory | Main | (コマンドマガジン#137) 慶長出羽合戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (GMT)Paths of Glory | Main | (コマンドマガジン#137) 慶長出羽合戦 »