« October 2016 | Main | February 2017 »

January 23, 2017

(GJ)江戸幕府の黄昏

Hyoushi_01_3

2016年8月に続いて2回めの対戦でした。
1回目の対戦では、いたうさん倒幕派、わたしが佐幕派を担当し、結果は惨敗。

ゲーム自体は面白くプレイできましたが、いかんせん自分の中の幕末の知識が少なすぎて、これは是非とも幕末を勉強して、もう一度対戦したいと考えていたところでした。

さて、幕末の勉強に何か本を読もうと思いまして、なにかいいかなと選ぶことにしました。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」あたりが無難かなとも思ったのですが、どうせなら佐幕派の人物も読んでみたいと思い、子母澤寛の「勝海舟」を読むことにしました。

「勝海舟」は全6巻で、最初の方は勝海舟のお父さんの勝小吉の話から始まります。読み始めた当初は「ちょっと、さかのぼり過ぎなのでは・・・」とも思ったんですけど、読んでみると、このあたりの話も結構泣けるいい話なんですよ、これが。

2巻目になると、いよいよ長崎の幕府海軍伝習所の話になり、勝海舟が動き出してきます。現在4巻目の大政奉還までしか読めてませんけど、幕末の知識がある程度自分の中にたまってきました。

というわけで、満を持しての第2戦目は、たんさん倒幕派、またもやわたしが佐幕派をプレイしました。

開始早々、第1ターンでいきなり「開国」することになり、ジョン万次郎はおろか、吉田松陰も、徳川家茂も出てこないという静かな幕開けになりました。
この影響で、鎖国段階での主要なイベントが発動せず、お互い地道に得点を稼ぐ展開とならざるを得ませんでした。
(その後も主要イベントは低調で、結局終盤まで高杉晋作も井伊直弼も坂本龍馬もでてきませんでした。)

序盤は得点カードのめぐり合わせで、たまたま佐幕派がリードできたものの、その後は雄藩を重点的に点で押さえていく倒幕派と、各藩を面で押さえて内紛で削っていく佐幕派の凌ぎ合いとなりました。

特に焦点となった藩は、長州ににらみの効く広島藩と、薩摩・土佐のかすがいになっている宇和島藩でした。

開国段階に入ると、倒幕側の雄藩に対するイベントカードには、なかなか強烈なイベントが多い気がします。
天狗党、薩英戦争、回天義挙、諸隊創設、海援隊、薩長同盟などなど、佐幕派のコツコツ貯めてきたなけなしの影響度が一発で吹き飛ぶようなイベントが目白押しです。

これに加えて、さらに「敬天愛人」のようなちょっと壊れ気味のイベントも加わっており、佐幕派のプレイングは拠点確保よりは複数の藩の連携を重視せざるを得ないと思います。

こうして、中盤以降は、列強介入レベルが上限に達し、政変(クーデター)の使えなくなった倒幕派が、ジリジリと点から面へと移行して、盤面を有利にすすめる中、佐幕派は相手イベントだらけの苦しい手札の中からなんとかポイントの多いカードをひねり出し、お互い内紛で影響力を削り合うという、シビれる展開になりました。

うんと頭を使って戦略を立てたあとは、乾坤一擲のダイス振りに一喜一憂するという、このゲームならではの醍醐味を味わうことができたと思います。毎ターン、あまりの緊張感で、ダイスを振る手が震えたほどです。

さらに、山札がリシャッフルされると、全ての得点カードがいつ出るかわからなくなり、お互い疑心暗鬼になっていきます。
例えば、先手番で東北に影響度を置かれると、「東北得点カードを持ってるのか?」と考えはじめ、これに対応しつつ、自分の握っている「南海道得点カード」のための仕込みもしなくちゃいけないという、絶対に落としてはいけない皿回し芸のような緊張感のうちにゲームが過ぎていきます。

終盤には、倒幕派が会津藩を中立化し水戸から倒幕の号令をかけ、東北を手中にしたかと思うと、佐幕派は長州を政変で支配下において中国を支配するという、あべこべな展開となりましたが、それはそれで楽しいものが有りました。(倒幕派が福井の松平春嶽を手なずければ、佐幕派は松平容保と見廻組で京都を押さえたり。)

最終ターンには、やはりコスパの高い九州での決戦となり、手番ごとにお互いの陣営にVPが傾くという、文字通りのシーソーゲームとなりましたが、佐幕派が一歩及ばず、2点差で敗北しました。
(しかしながら、最後の朝廷工作に成功していれば、勝つことはできなかったものの、点差無しの終了になっていたのです。惜しかった!)

今回は、カードイベントの内容やマップに書かれた各藩の影響度など、味わい尽くすこともでき、とても満足の行く対戦となりました。このゲームも、またもや末永く遊ぶことになりそうです。

| | Comments (0)

« October 2016 | Main | February 2017 »