« 第23回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 | Main | (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2 »

August 04, 2016

(ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版

ちーすーたろかー、おまえのちーすーたろかー、我がしもべとなーるがいい。ちーすーたろかー。
こんばんはパパスです。

表題作をしばらく前に青森ゲーマーズネスト例会でプレイしました。
いやー、ため息が出るほど面白いセッションでした。

このゲームとプレイした面子がもー、このゲームにピッタリで、随所に「分かってる」感が溢れ出ていて、ゾンビものの海外ドラマを1クール見終わった時のような満足感、そしてなんとも言えない終了時の雰囲気。
いやー面白かったんですわー。

ゲームはプレイヤー全員が協力し、ゾンビだらけの街で生き延びることができるかっていうゲーム。「でも、たまに、プレイヤーの皮を被った裏切り者がいるかもしれないから、気をつけて。」とかなんとか書いてある。裏切り者はいるかもしれないし、いないかもしれない、という感じなんだそうだ。

ゲームシナリオは、ゾンビを20匹(だったか)倒して、検体としてワクチン研究者に送るというもの。

最初はね、順調にゾンビを狩ってはアイテムを手に入れて、ゴミちゃんと捨てて、交通事故にも合わずに、みんな仲良く目的を着々とこなしていったんですよ。
アグレッシブなプレイングが特徴的ないたうさんは、戦闘力の高そうな男性キャラの二人(兵士と忍者)を操りゾンビを消し飛ばします。
温厚なハラボンさんは、女性キャラ2名でせっせとゴミ掃除などの地味な役割を進んで引き受けていました。
物語を追い求めるハルダカさんはバットを持った元警察署長と愛犬のほのぼのコンビ。
初参戦のわたしは、金髪の元気良さそうな金髪のおねーさんと曰く有りげな海賊のコンビ。

序盤に、ハルダカさんの警察署長がゾンビに噛まれて死んでしまいますが、かえってそれがみんなに生き延びるための結束を促すというドラマチックな展開に。
警察署で武器を漁っていた私は、狙撃銃を手に入れ、毎ターン、ゾンビを屠り続けました。しばらくして薬局やガソリンスタンドに移ってガソリンやら、隠れていた生存者を発見し、本部に連れ帰ったりしました。もちろん味方全員の勝利を信じて。

そしてゲームも終番になると、全員の目標達成が見えてきました。と言うかほぼ確定しかけたタイミングでした。

「これは勝ったよね」
誰もが確信した矢先です。12話完結のドラマで言えば第10話のラストあたりでしょうか。

ここで、戦闘力に秀でたいたうさんのキャラがちょっと微妙な動きをします。
さっきまで順調にゾンビを倒せていて、このまま倒し続ければ勝利条件を満たせるはずなのに、何故か1名の兵士キャラが本部へ戻ってきたのです。

日も沈み薄暗くなった本部に合図のノックが響く。聞き慣れたノックの符牒に、ハラボンさんの女性キャラがドアを少し開ける。すると、そこに素早く差し込まれる雪に濡れた兵士の靴。

「・・・入れてくれ。」と兵士。
「・・・?どうしたの?怪我?みんなは?」と怪訝な表情の女性。
「怪我はない。・・・他の奴らには会わなかった。・・・とにかく入れてくれ。寒いんだ。」
そうして、扉を押し開き、中に入ってくる兵士。

「・・・ああ、ここは温かいな。オレはずっと外に居たからな。・・・ああ、そうだ。バリケードを作らなきゃな。」
「え?どうしたの急に?・・・ねえ、検体は集まったの?みんなも帰ってくるの?」
「・・・あ、ああ。たぶん、もうそろそろ帰ってくるよ。・・・いや、どうかな。帰ってこないかも。」
「・・・ああ、そう。」怪訝な表情の女性。

女性の顔のアップから右目にクローズアップ。その目がゆっくりと疑惑に歪んでいく。
ここでブラックアウト。そして次回予告。

「増え続ける検体。次々と発見される生き残りの人々。乏しい食料に耐えながらも、このミッションは平穏な終りが近づいていた筈だったが・・・。
・・・不意に本部に現れた兵士によって、仲間達の心に一つの黒い可能性が芽生えだす。
そしてそれは抑えきれないほど大きくなり・・・。

次回 デッドオブウインター第11話 「裏切り」

みたいな感じになったんですよ。
正直ゾクゾクしましたね。

そして、この続きはまた今度書きます。

|

« 第23回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 | Main | (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第23回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 | Main | (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2 »