« (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 | Main | (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 最終回 »

August 06, 2016

(ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2

前回までのあらすじ
ゾンビを倒し、本部に検体として送るための数は順調に集まりつつあった。また、街での物資調達にともなって、次々と発見される生き残りの人々。

少しずつ大きくなるコミュニティは、この長く最悪な冬に、人々の結束の暖かさを思い出させるかのようだった。乏しい食料に耐えながらも、このミッションは平穏な終りが近づいていた筈だったが・・・。

不意に本部に兵士が現れる。ゾンビを倒して検体を集める班に属していた彼が、突然戻ってきた。
しかも戻ってきた理由をいくら問いただしても、はっきりした理由を言おうとしない。

何故なのか。疑問が疑惑へと舵を切ろうとしている。

という感じですかね。

ゲームプレイで言うと、ここでハルダカさんからいたうさんに、ある質問がされました。
「ゲームそろそろ終盤で、このままで行くとシナリオクリアできるはずなのに、何故にいたうさんはゾンビ刈りをやめて本部に帰ってきたの?」

これに対して、いたうさんは
「このままで行くとシナリオクリアなので、ちょっと本部でやりたいことが・・・」という答えでした。

ここでハルダカさんから「ひょっとして、このままだとシナリオをクリアしちゃうから、それはマズいというので、本部に帰ってきたのでは?・・・いたうさん、ひょっとして、あなた、裏切り者なのでは?」との疑惑が提示されます。

これに対し、いたうさんは即座に否定したものの、自分に変わる羊を差し出すことができませんでした。
ハラボンさん「あー、なるほど。」との反応で、即座にハルダカさんに同意しています。

これを見ていて、私は迷います。
どちらかが裏切り者だという可能性はある。ハルダカさんがいたうさんを追放したいのか、それとも本当にいたうさんが裏切り者なのか。正直、どちらだとも判断つきかねました。

しかし、自分は裏切り者ではないため、ゲームをこのまま続けていく必要が有ること、ハラボンさんがハルダカさんに同意していることから、多数派で居るためにはいたうさんを追放するしか無いことということで、私もハルダカさんに賛成することにしました。

運命の投票。
ます。
こうして、3対1でいたうさんの追放が決まりました。

そしていたうさんのミッションカードが明かされます。
結果はシロでした。いたうさんは裏切り者ではなかったのです。

本部の女性キャラに問いただされる兵士。
「何故、戻ってきたの?みんなの了解もなしに?」
「いや、オレはバリケードを・・・」

「バリケードなら十分あるわ。これ以上ゾンビが攻めてきても、今じゃこんなに人数もいるし。」
「いや、だから、オレはバリケードを・・・」

そして長い沈黙のあと、

「アタシには本部を守る義務がある。そして、本部は十分に守られている。不安な要素は何一つないわ。
・・・いいえ、違うわね。不安な要素は1つだけ。

・・・あなたよ。・・・あなただけが最も危険な要素の一つだわ。兵隊さん。
あなたがこの本部で何をしようとしているのかは知らないけど、あなたは、とにかく本部には必要ないわ。

そして、おそらく私達のチームにも必要ないのかも。・・・悪いけど、出て行ってもらえる?」

女の右手はまっすぐに出口を指差す。

「・・・そうかよ。検体も揃ったし、おれはもう用無しか。あー、出てってやるさ。・・・クソ。この冬は最悪だぜ。」
みんなに背を向けドアノブに手をかける兵士。

「・・・最後に言っておくがな、オレはシロだぜ。その証拠に、お前らを生かしておいてやるよ。・・・まあ、この次に会った時は、保証はしないがね。」

そして兵士は出て行った。
本部にいた避難民の表情には安堵の表情が戻る。しかし、兵士を追放した女には別の表情が浮かんでいた。

安堵とは違う別の表情、それは例えば、死体を見下ろすような暗い悦びの表情だった。

ここでブラックアウト。

そして次回予告。

「追放された兵士。それは誤った結論だったのか、それとも周到な策略だったのか。吹雪が唸りを上げるこの街で人々は更なる闘いを強いられる。限りなく続くゾンビの襲撃と、そして、かつて仲間だった者同士による悲しい罠。人々は吹雪の先に何を見つけようとするのか。

次回 デッドオブウインター最終話 「生き残りし者たち」

そして、この続きはまた今度書きます。

|

« (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 | Main | (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 最終回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 | Main | (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 最終回 »