« (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2 | Main | (CMON) The Grizzled »

August 08, 2016

(ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 最終回

前回までのあらすじ

戦闘ユニットとして数々のゾンビを屠ってきた彼らだったが、苦楽を共にした仲間たちから追放されてしまう。この別れは感情的な行き違いだったのか、それとも巧妙な罠だったのか。吹きすさぶ雪の中を彷徨う彼らには、もはや確かめる術はなかった。

彼らは彼らで生き延びるほかはない。そしてそれはたぶん、これまでの仲間を殺すことになってもだ。

実際のプレイで言うと、いたうさんの操る2人のキャラ、兵士と忍者(!)は追放されてしまいました。追放されると、これまでとは違うミッションが与えられます。その際、今までのミッションが記されたカードが明かされて、彼らが本当はどうだったのかが明かされます。

彼らが裏切り者だったかといえば、実はそうではありませんでした。
彼らは一点の曇りもなく、シロでした。

しかしだからといって、彼らが潔白の証明とともに仲間に戻れるかといえば、そうはなりません。
なぜなら、「追放された者」のミッションカードが新たに渡されるからです。

つまり、彼らはゲームにおける「勝利条件を異にする者」として、存在します。
それは、競合なのか、協力なのか、つまり「味方」なのか「敵」なのか、はっきりとは分かりません。
(私も含めて、追放者のミッションにどのような類のものが有るか把握していませんでした。)

私は、いたうさんを追放したことに、正直後悔を感じていました。
そして、いたうさんの新たなミッションが、我々のミッションの成功とぶつかるものではないことを祈ろうと思いました。希望的観測から、
「このまま、全員が勝利できる可能性が有るのではないか?」
一縷の望みに賭けようと思ったのです。

そして私の操る金髪美女ソフィーはそれを体現しようとしていました。

吹雪の向こうに人影が動くのを感じたソフィーは、仲間たちに動きを止めるよう手で合図をした。
ゾンビとは違う、しっかりした歩みはやがて、有効射程距離まで近づくと、しっかりと足場と作り銃を構えたまま止まる。すぐさま、ソフィーの横で海賊たちが銃を構える。
すると、ソフィーはその射線の中に自分の身を滑らせた。

「ねえ!兵隊さん。・・・・聞こえる?・・・昨日の友は今日の敵ってわけ?追放されたら、殺し合い?・・・あたし、ずっとゾンビと戦ってると思ってたけど、なんか違ったみたいね。ねえ!・・・聞こえる?」

銃声。ソフィーの足元の小石が砕けて飛び散る。

「・・・あたしたち、ゾンビを何体倒せばいいんだっけ。・・・それで、その後は今度は人間も殺すんだったっけ?・・・それで?その後は?あたしたちも殺したその後は?・・・一体誰を殺すの?自分自身でも殺すの?
・・・ねえ、それで満足?・・・みんなが死ねば満足なの?」

銃声。ソフィーの頬に真一文字に傷が走る。

「・・・なによ。満足に殺すこともできないの?・・・判ったわ。丸腰の女は打てないって?・・・じゃあ、あたしも構えてあげる。・・・そうしたら、あたしを殺すと良いよ。・・・ほら!」

ライフルを構えようとするソフィー。銃声。ソフィーの喉に穴が空く。放り投げられた人形のように道路にくずおれるソフィー。目を開いたままののソフィーの顔に雪が振りかかる。ソフィーはもう、まばたきをしない。

ソフィーと行動をともにしていたグループは建物の中に隠れる。図らずもソフィーは証明した。
彼らの殺意は本物だった。そして、彼らは殺しのプロだ。
まともにやりあうのは悲しい結果を生むだけだと知っているからだ。

暗転。

ゆっくり明転。字幕「2日後」

ソフィーとずっと共に戦ってきた海賊の独白が響く。

「ソフィーは信じたがっていた。人々の信頼を。・・・だが、この街の冬は、それをも凍りつかせてしまった。

2日後、本部にいた女性たちのうちに裏切り者が混ざっていたと聞いた。

また、ソフィーを殺した兵士と忍者は、この街をさまよい続けて死んだと聴いた。

何かに耐え切れなかったんだと誰かが言っていた。

それは、きっと、この冬の冷たさのせいだろう。」

・・・本部から運びだされる20体の検体。それらを運ぶ人々。その中にはソフィーが救い出した者も数多い。ソフィーのライフルを抱える海賊。海賊、空を見上げる。吹雪に煙る街全体のカットが次第に俯瞰していって、街の雪全体をを写す。それは、どこまでも続いている。
そして寂しげなピアノとともにエンドロール。

ッて感じでゲームが終わったのでした。
裏切り者は、ホントはハラボンさん操るお母さんキャラだったのでした。
最後は、いたうさんが新たな勝利条件(ゲームの登場人物の5人死亡)を満たすため、既に犠牲になっていた2名のキャラと、私の女性キャラと、自らの2名のキャラを死ぬまで街中を徘徊させるというプレイで幕を閉じました。
結果はいたうさんの勝ち。いやー、わからんもんですな。

いやー、ほんと、あとから考えてもドラマチックな幕切れだったなぁ。
面白かった。ほんとおもしろかった。ゲームでこんなに情景が浮かんだのは久しぶりでしたね。
それではまた!


|

« (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2 | Main | (CMON) The Grizzled »

Comments

あの日あの時、あのメンバーでプレイできたことにより生まれた奇跡。
今もたまに振り返っては、痺れます。
こういうのがあるからやめられないんですよねー。

素晴らしいリプレイでした。
泣いております。

Posted by: いたう | August 08, 2016 at 10:42 PM

いやー、あはは。
楽しんでいただけたようで何よりです。
これからも、よろしくお願いします。

Posted by: パパス | August 09, 2016 at 09:17 PM

いやぁ、堪能させていただきました。
こういう風に物語を紡げるゲームは個人的に大好きなので非常に楽しませていただきました。

手持ちキャラを“演じる”というより“演出する”という感じに惹かれます。

これはぜひプレイしてみたいです。

Posted by: TORO | August 09, 2016 at 09:31 PM

TOROさん、どうも!
デッドオブウィンターは、キャラも豊富でイベントも多彩ですからまだまだいいお話が紡げそうなゲームでした。ぜひお試し下さい。

Posted by: パパス | August 10, 2016 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (ArclightGames)デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版 その2 | Main | (CMON) The Grizzled »