« January 2016 | Main | March 2016 »

February 29, 2016

青森ゲーマーズネスト2月例会報告(その3)

最後は「ウイスキー」からブートレガーズ

Boot4
大きな箱にはハードボイルドな香りがしますね。

Boot1
私が担当したランデルス一味の皆さん。みんなトレンチコートにマシンガンを持っている方々。

Boot2
これが密造酒を運ぶトラック。屋根の数字分だけ積載できる。

Boot3
ゲームにはゲームマネーが付いているが、大ぶりで取り回ししにくそうだったのでチップを使って遊びました。これでも雰囲気はありますね。

禁酒法時代のウイスキーはついつい楽しい気分になりました。
密造酒を運ぶトラックがスゴイ。雰囲気たっぷりにロールプレイができそうです。

どれもこれも見たこともないゲームばかりで、ほんとに楽しかった。
今回3人だけだったけど、次回はもっと集まると良いな!

現場からパパスがお伝えしました。

| | Comments (0)

青森ゲーマーズネスト2月例会報告(その2)

次に遊んだのは、「ワイン」からヴィニョス。

Vn2
これは個人ボード。上にぶどうの畑を作り、下はワインを貯めておくところ。貯蔵庫を作るとあたくさんのワインを長く保存でき、価値を上げることができる。

Vn3
これがゲームボード。いろんなことができるが、ゲームはとても短い。のんびりしていたらワインがダメになってしまうからかもしれない。

Vn4
ワイン樽。これをあちこちにおいて得点する。品評会に出す、レストランに下ろす、輸出する、批評家に鼻薬を嗅がせる、銀行で投資する、フリーのアクションをするとか、ホントにいろんなことができます。

昼食(リアル)を挟んで、次は「コーヒー」からカフェ・メランジ

Cafe1
プレイヤーは有名な喫茶店のウェイターになって、自分に馴染みの客を有名人を相席させたりして点数を稼ぐゲーム。これは自分の駒と自分のなじみ客。タイルのイラストはかなり好み。

Cafe2
これが有名な喫茶店カフェメランジ。既に有名人が席についています。フロイトやマーラーなんかがいました。

Cafe3
手持ちのカードを出すことで条件を絞り込んで、有名人や自分の客を席につかせることができる。

Cafe4
だんだん席が埋まってきたらゲームオーバー。

Cafe5
登場する有名人の方々。中には相席させると点数がマイナスになる御仁も。

Cafe6
パッケージ近影。
シャレオツゲー。

| | Comments (0)

青森ゲーマーズネスト2月例会報告(その1)

今月も七戸南公民館で開催しました例会の様子をお伝えします。
今月はむつさんの日ということで、むつさんのやりたいゲームをやりました。
むつさんのコレクションの中から、「飲み物」というテーマでチョイスしていただいて、次々とゲームしましたよ。

まずは、「紅茶」から、ダージリンというゲーム。

Dj1

得点板と水色のところは紅茶の値段表。新しく出荷したお茶は値段が高くなる設定。

Dj2

自分の出荷コマ。タイルを組み合わせて正方形が1個できたら、街に運んで値段表のところの船にのせる。

Dj3

自分の駒を動かして出荷するためのタイルをひろうゲームボード。この形は中国の形。

Dj5

自分の駒は前と左右に進める。コストを払えば後ろにも進める。

Dj6

このまま行くと青の人は4×3で12点もらえる。緑の人は2点。因みに私は黄色。

Dj7

この形はセイロンだったかな。あと、インドの形でプレイすることもできるよ
面白いゲームで、2回もプレイしました。

| | Comments (0)

February 22, 2016

第19回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告

昨日はクルマの中で寝た。(RCサクセション)

皆様こんばんは。昨日のゲーム会の帰り、クルマの中で気を失うように眠ってしまったパパスです。
最近とても面白いと、とてもヘトヘトです。

さて、今月も元気にお手伝いしてきました。
八戸市中心街にある「はっち」の5階で表題のゲーム会をしてきました。キレイな会場、参加費無料、オシャレなゲームで遊んできました。神戸のゲームマーケットなんて知りません。

まず遊んでもらったのは、「王と枢機卿」です。
初めて見る方も多いようで、皆さん興味津々でプレイしていただきました。ルール説明は相変わらず下手くそな私ですが、卓に経験者の方にも入っていただいたので、プレイングはスムーズだったと思います。
時間も余りかからない作品ですが、得点計算の仕方が、最終得点ドン!みたいなカンジなので、初プレイだと読み切れない感じがありますよね。このゲームの場合は、地域ごとに区切って考えていくと見当がつきやすいですよ。

その後遊んでもらったのは、こっそり持って行った「カカオ」でした。
4人までのゲームなので、2人でも十分面白いと思っていましたから、参加者に試してもらいました。
コンポーネントのどこをとっても、明るいカンジで、カカオを収穫して高値で売ったら、それだけで気分が明るくなるというゲームです。なかなか楽しんでいただけたようで、ほんとに良かったです。

Cacao1


「犯人は踊る」も遊んでもらいました。参加者の皆さんはどなたもお話し上手で、楽しいつぶやきが笑いを醸していました。いい雰囲気ですね。笑いながら遊べるのはほんとに満足感が有ります。

次は、「5本のキュウリ」でも遊んでもらいました。最初は3人で、次は5人で。
このゲーム大好きなんですけど、何故か私、弱いんですよね。今回もビリでした。
手札の良し悪しはどうしても出てしまうんですが、苦しい時こそ頑張りどころ。手札は良くなくてもビリにはならない「回しかた」ができたら、このゲームの真骨頂を味わえたといえるのではないでしょうか。

次は「冷たい料理の熱い戦い」をプレイしてもらいました。このゲーム、緊張しなくて良いのが良いところ。また、なんとも言えずオシャレなカンジで、私は大好きです。
このゲーム、勝とうと思えば、いろいろ考えどころや迷うところがありますが。リードしてれば気楽なものです。ぼんやりプレーしても、それなりに盛り上がれるのが良いところ。でもカリカリにピーキーな緊張感を求める人はちょっと肩すかしかもしれません。

次は少し勉強していった「ベガス」を遊んでもらいました。改めてこのゲームは傑作だなぁと感動しました。3人戦と5人戦で盛り上がってもらえたようで何よりです。こちらは同じダイスゲームでも、ダイスに向かって「でろでろでろ!」と祈る系です。勝負の行方はわかりませんでしたが、みんな真剣に楽しんでもらえたようです。

次は「マラケシュ」で遊んでもらいました。ルールは簡単で、考えどころも有り、運もあり、適当な時間もかかるということで、あっさりしすぎず、濃すぎずといった平均的なゲームです。
平均的ですが、十分に面白いです。特に勝ち始めるとやめられなくなるこのゲーム。負けた人は「次こそは!」と思うらしく、2回連続でプレイされていました。

今回はこんな感じで打ち止め。

この他にも見かけた限りでは、ザ・ゲーム拡張入り、ジャングルスピード、おばけキャッチ、HANABI、カタン、バトルライン、フォー・セール、お邪魔者、キャット&チョコレート、ハゲタカの餌食、ラブレターなどが遊ばれていました。

今回は午後の時間帯の開催だったので、参加者の皆さんも、いろんな人と軽いゲームでポンポンと遊んでおられたようです。

さて、3月は21日(月祝)開催です。9時から17時までの一日中ですので、1時間クラスのゲームでも軽く4-5作は楽しめますね。カタンやチケット・トゥ・ライド、7ワンダーなども楽しめると思います。

2時間クラスのゲームでも余裕で遊べると思います。
今回の会場よりもずっと大きい三階の和室でやりますので、八戸にお近くの方はぜひ遊びに来て下さい。

| | Comments (0)

February 15, 2016

Command Solitaire #1 Operation Jubilee : Dieppe 1942

Command Solitaire #1 Operation Jubilee : Dieppe 1942を遊んでみました。
久しぶりのゲーム完遂です。
ゲームは飽きずに24ターンまでプレイ出来た作品でした。
面白かったです。
久しぶりのソロプレイ完結でした。

記事はこちら。
Solitaire Papas 2016

Oj024bdg2


| | Comments (0)

February 04, 2016

日本懐かしボードゲーム大全によせて

まだ届いてないんだけど、購入したので記念の記事でもかいておきます。

懐かし物ってイイんだけど、それ以上何処にも行けなくて、ちょっと悲しいんですよね。
あの名作、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」も心に刻んでるから、安易に懐かしがるのもなぁとも思ってたから、この本も、正直買おうかどうしようか、迷ったたんですよね。

でもポイントも貯まってたので、まあ、ポイント使って1000円切るならイイかなと思って購入しました。

多分10年前なら、懐かしのゲームの写真見て、やっぱ、億万長者ゲームとバンカースは手元に置きたい!とかなって、ヤフオクとか行ってたかもしれないけど、今は行かない気もする。
いや、カネがないとか枯れたとかじゃなくて、昔のゲームはやっぱり昔のゲームな気がするからなぁ。

この本で「昔のゲームを手元に置いておく」の代わりにできたらイイなぁ。

さて、懐かしがってばかりもいられない。これまで40年遊んできたけど、今後30年どうやって遊ぶかを考えないと。
というわけで、コマンドマガジンでもゲームジャーナルでも構わないんだけど、
毎号付録ゲームのソロプレイ用フローチャートをつけて欲しいと熱く要望したいです。

自分は基本的にプレーしないゲームは買わないようにしているので、コマンド誌に対してもゲームジャーナル誌に対しても、熱心な読者とは言い難いんだけど、もし付録ゲームのソロプレイ用フローチャートをつけてくれるなら、両誌とも定期購読してもいいと思っています。

自分は対戦機会が圧倒的に少ない。無いことはないけど、いろんなゲームをあれこれプレーするという訳にはいかない。通信対戦もあまりうまくいかない。コンスタントにゲームがプレーできない期間がやってくるし、平日や休日は自分で思ってるより不規則なのだ。相手に迷惑を掛けたくないというのも有り、なかなか食指が動かない。

とはいえ、みんなでゲームを遊ぶことを諦めたいわけでもない。
だから、ソロプレイ用フローチャートを使って、みんなでソロプレイすれば、ゲームの結果を持ち寄って、それを比べて遊ぶことができると思うのです。対面・通信の対戦という形じゃなくても、ハイスコアやバグ探しなど、ソロプレイ用フローチャートを使って、多人数でゲームを楽しむことができると思うんです。

これだと、時間も空間もかなり自由に遊べると思うんですよ。

ソロプレイ用フローチャートは、テストプレーの段階で、受動的な陣営ってわかると思うんですよ。ほぼテンプレでプレーしても問題ないみたいな。そういう陣営だけのチャートでも良いです。両方あれば申し分ないけど。

あと、テストプレーの段階で、定石っぽいのも見つかってるはずなんで、それを落としこんだ形のものでも良いです。トワイライトストラグルなら、まずは「何はさておき、イタリアでクーデター。」みたいな。

そんなに複雑じゃなくてもいいと思うんですよ。ルールチュートリアル用でも良いんです。
自分は相当ヘボなんでフローチャートみて、「おおう!なるほど」とか素直に感動すると思うんですよね。
ショートシナリオとかってことで、ゲームを途中でぶった切って結果出す形でもイイです。

せっかく買ったら遊びたい。遊べるなら買ってもいい。

そんなの自分で作ればいいじゃないかっていう人もいるでしょう。それはデキる子の論理です。世の中やればデキる子ばっかじゃないんですよ。自慢じゃないですけど。

売れ残りのバックナンバーにも対策に是非。

| | Comments (0)

« January 2016 | Main | March 2016 »