« December 2015 | Main | February 2016 »

January 31, 2016

何かがヒラメいたであろう人インタビューはどうでしょう

ゲームをするとき、一期一会のセッションとして楽しむことが多いんですが、何度か遊んだゲームで遊んでいる最中に、もしくは感想戦の時に、

「あっ、これってもしかして、ホントはこういうゲームなのか!」

と気づく時があります。
そんでもって、そのゲームに対する印象がわぁーっと一瞬で切り替わってくみたいな事になります。
それを他のプレイヤーと共有できた時は、ホントに楽しい気分になります。

先月、北三陸アナログゲームズの代表の粒さんからドミニオン本をいただきまして、自宅で読んでおりましたところ、「こういうところに着目していくと、ゲームそのものが違って見えてきます」的な文章が所々に出てきて、「・・・ふむふむ、まったくもって、そのとおりだなぁ。」と感じていたところであります。

Dmm


プレイングのセンスとゲームの魅力を感じる力は結構、密接なんだと思います。で、そういう力って個人的に差がある場合もあるでしょうけど、通常は、そのゲームとの相性によって、変わってくるような気がするんですよね。簡単なことを難しく言ってますね。ごめんなさい。

・・・えーと、
はい、今ここに、見たこともないゲーム出たー、ルール聴いたー、だいたいわかったー。
初期配置終わったー、手番一回りやって、だいたいゲームの見通し見えたー。
ここ。

ここらで、
「ひょっとして、このゲーム、こうすりゃイイんじゃね?」ってピンときた!
これで、まず最初のアドレナリンみたいなのが出てくるんですよ。
「俺って結構アレなんじゃね?」みたいな。

んで、ゲーム終わってー、やっぱトップになれなかったー。
その時にトップのプレーヤーの手筋をなぞっていってー。
ここ。

「ああ、こうやってプレーするのか-。なるほどね。」
で、2回めのアドレナリンぽいのが来るんですよ。
「そのために、あのルールがあるんだなー。なるほどなー。」って、反復かみしめ。

んで、ゲーム会が終わっての帰り道、イケると思ったんだけど、勝てなかったよなー、
次やる時は、今日のトップの真似してみるか。
「いやいや、もっといい手があるんじゃないか、例えばアレをコレして・・・あっ!」
ここ。

ここらで、もう一回、しかも最大級のアドレナリンみたいなのが来るんですよ。
私の場合ここのタイミングのアドレナリンが一番量が多い気がします。
(しかし、こうやって書いてると、俺って相当鈍いですね。まー大目に見て下さい。)

ここまで来ると、次回ゲームをやる時って、最初の印象とぜんぜん違うんですよ。
何が違うって、こう、ゲームに対する自意識の高まり方が違う。あはは。
いや、ホントはそれだけじゃなくて、

「このゲームで発見したことを発表してみたい!」的な感じというか、
「このゲームから、こんなことを見つけましたよ、みなさん!」みたいな、
ワクワクした感じがあるんですよ。

それをみんなにも判ってもらえた時の「おぉ!そうか!」の声のなんと嬉しいことか。
脳天から心臓に向けて、たまんねーポイントが100くらい落ちてきますよ。
(何言ってるかわからなくなってきました。すみません。)

そうなると、このゲームは面白いよ!ってことになりがちです。
世間様はどうあれ、私(達)はこのゲームの本当の面白さまで判ったんだよ。
だからナイスなゲームなんだ!だって、もっと奥があるかもしれない!

でも、まあ1回めも2回めも、なんっにも思いつかない場合もあるんですよ。
原因としては、おもしろいと思わなかったとか、印象に残らなかったとか、敗因分析すんのはいやだとか、やる気が無いみたいな理由でゲームの核心部分にうまく入り込めていない時もあるんだと思います。
そのゲームがつまらないのは、ホントにゲームのせいなのか?それとも私のせいなのか?ってことですよね。

そのゲームが終わった後、1位獲った人に、プレイングについて、いろいろ喋ってもらうタイミングはあってもいいかなと思います。ヒーローインタビューみたいな。何かがヒラメいたであろう人インタビューとして。

惜しくも2位とか3位の人はよく喋るものですが、悔しさが前に立つあまり、よく伝わんない時が多いんですよ。(自分もそうだし。あはは。)

1位の人にゆっくり戦略を披露してもらえれば、そのゲームで勝てなかった人でも、「なるほどなぁ、はー気づかなかったわー、そう考えるとこのゲーム、おもしろいなぁ」って感じでもらうチャンスが増えてくる気がします。

勘どころがつかめないゲームって、ホントにたったそれだけで、つまんないんですよ。
「あーそっか」のひとつだけで、「よし、今のは練習。次、本番やるよ!」ってことになりますからね。

| | Comments (2)

January 25, 2016

第18回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告

標記に行ってまいりました。
当日は天気が悪くなるとの天気用でしたが、心配したほどではなく一安心。

今回ははっちの3階のオープンスペースになっている和室4室で、朝9:00から夕方5時までたっぷり遊んできました。開始直後こそ、スタッフだけでのんびりとゲームを楽しめるくらいの感じでしたが、お昼近くから午後にかけてはいつものように混雑して、5卓が全卓稼働していました。

いつも体験会に顔を出してくださる方や、今日初めていらした方、別のイベントに来たついでに寄ってくださったご家族など様々な方々に、今月もたくさんお会いすることができました。(ついでのお客さんを取り込めるのは、オープンスペース会場の強みですね。)ご参加の皆さん、ありがとうございました!

さて、今月の課題は、原点回帰と言いますか、いつもここに帰ってくるといいますか、ゲームのインストですね。持ち込みゲームを入れ替えたのと新しいゲームを持ち込んだことで、ゲームの説明力が落ちてしまいました。
(キャッツ・パーティーとテンガロンの説明はちょっとひどかった。反省。)

1601252

1601253

もともと説明は不得手なんですけども、それなりに一応、持ち込みゲームのルールは読み込んでくるんです。だけど、どうしても、ところどころ大事なルールを見落としてしまうので、ここはもう毎月精進ですね。
(王と枢機卿も、午前中やった時、終了手順を見落としてしまいました。)

ホントは新しいゲームを、十分遊び込んでから持ち込めればベストなんですけど、参加したゲーム会ではゲームプレーに集中したいですし、家族とゲームする時も、純粋に楽しみたいと思っているので、インストの練習台にするわけにもいかず、うーん。・・・ここは、暇な時間を工夫して何とかするしかなさそうです。

加えて、自分の持ち込みゲームは下手なりに、なんとか説明してるんですけど、自分の3倍以上持ち込んでいただいてる代表のゲームは、知らないゲームや遊んだことのない新しいゲームが増えてきているので、これもなんとかしたいところです。

お客さんに、「これがやってみたい。」と言われたり、「これってどんな感じのゲームですか?」と聞かれたりしても、知らないゲームだと、にっこり笑って「うーん?」とか言うしかなくて、ちょっと悲しくなるので、ちょっと、頑張らないといけません。

1601254

なので、今月は代表からゲームを借りてきました。家族でも遊べそうな、「ベガス」を借りてきたので、これで次回の例会まで家族や友人と遊んでルールを覚えようと思います。完璧に覚えるとかまでは行かなくても、
「このゲームのルールは・・・、あー、そうだった、そうだった!えと、このゲームはね・・・」くらいには持って行きたいところです。

1601251

最後に、今月の体験会で一番印象的だった一言をご紹介します。
何かのイベントのついでに立ち寄ってくれた2家族5人(お母さん2人と子ども3人)と一緒に「ドブル」を遊んだ時のことでした。1ゲームが終わって、2ゲーム目も「やりたい!」と言った女の子が、私に

「みんなでゲームするのって、楽しいね!」と言ったのです。

そうなんです。「ゲームって、みんなでやるとすごく楽しいんだよ!」
それが伝えたくてゲーム会をやってるんですよね。

| | Comments (0)

January 18, 2016

青森ゲーマーズネスト1月例会報告

昨日、2016年1月の青森ゲーマーズネスト1月例会を開催しましたので、その報告です。
8名の参加があり、1月はたんさんの日ということで、たんさんの希望ゲームが優先的にプレーされました。

私は、会場到着後、早速ハラさんと(GMT) Twilight Struggleトをプレイしました。
USを担当し、第7ターンにヨーロッパをコントロールされてサドンデス負けを喫しました。

でも、おもしろかったです。
USだったので、とにかく敵に離されないようについていくこと。
USSRカードは潰していくこと。
ちょっとした有利を見つけ出して少しずつ点数を稼いでいくこと。
を心がけてプレーしました。

核戦争にならないように、どの地域でも点差を離されないように、宇宙開発にも心を砕き、あっちもこっちも気を使う、まるで全世界の皿回し大会のようでした。・・・いつもより、多めに回しています!
ホント、お正月っぽくて良かったです。

でも、いつの間にか一番大事なヨーロッパの皿を落としてしまって、ちょっと残念でしたが、やっぱりこのゲームは面白いと、またもや確認できて本当に良かった。
また何度でも、プレイしたいです。

Ts1


その他のゲームとしては、ゲームジャーナル56号 江戸幕府の黄昏、ナショナルエコノミー、デウス、カヴェルナ、バックギャモン、バトルライン、ブレーメンズ、チャオチャオなどがプレイされていました。

参加人数が8名と多かったことも有り、場所代が1名450円だったのも色んな意味で嬉しかったです。
ご参加いただいた皆さん!楽しかったです。また是非とも遊びましょう。

(ハラさん、勝ち逃げは良くないコトですから、もう一度私と遊んで下さい。よろしくです。)

| | Comments (2)

January 13, 2016

1月12日 13日 クロノノーツゲーム入荷によせて

2016/1/13のクロノノーツゲーム入荷
新製品
Compass Games Blitz! A World In Conflict   ¥10920
コンパス ゲームズ ブリッツ!闘争の世界 第2次世界大戦 
複雑さは中位。ソリテアアビリティは高い(!)って。
1ターンは9ヶ月とか4ヶ月とかシナリオによる。
マップは地球全体。プレー時間は4時間から8時間。
デザイナーは、デイヴ・LeLacheur (読めない) 2-5人用。
ルールブックは英文で40ページ。小さめのシナリオから遊んで、順にステップアップしていくルール形式。
いろんなのが出てるなぁ。でも5桁はなぁ・・・円安だからしょうがないんだけどなぁ・・・。
お小遣いも、円安の時は割増になるといいんだけど。
詳しくはコチラ


2016/1/12のクロノノーツゲーム入荷
新製品
AtO#44 Vercingetorix   ¥4400
アゲインスト ジ オッズ誌 44号 ヴェルキンゲトリクス
2-4人用で、プレイヤーはガリア人を担当して、ローマ人とゲルマン人はNPCになるみたい。
複雑さは低く、ソリテアアビリティも低いようだ。プレイ時間は3-4時間。
デザインはリチャード・バーグ
なんだか、変わったゲームですね。
詳しくはコチラ

新製品
The Victory of Arminius   ¥4200
ターニング ポイント シミュレーションズ アルミニウスの勝利(トイトブルク森)
1ヘクス差し渡し50メートル 2人用(ローマ軍対ゲルマン人) マウントマップ付き 
デザインはジョン・プラドス 
割とかっちりしたゲームに見えるんだけど、この社のゲームをプレイしたという記事を見たことがないような気がする。「今さら」な感じなのかな。
詳しくはコチラ

再入荷
Paths of Glory 5th Printing   ¥7200
GMT社 パスオブグローリー 第一次時世界大戦 2人用カードドリヴンゲーム(連合軍対同盟軍)
デザインはテッド・レイサー。
おおう!5刷目なのか。ルールも2010年版。私が持ってるのは3刷目だからアップデートしないといけないな。

Triumph and Tragedy   ¥10680
GMT社 栄光と悲劇 第二次世界大戦 2-3人用(連合軍・枢軸軍・ソ連軍)
デザインはクレイグ・ベシンク(?:よく知らない)
評判いいですね。でもやっぱ5桁は手が出しづらいなあ。

ASL Special Ops#6 Storm over Normandy   ¥4000
マルチ マン パブリッシング社 ASL Special Ops誌6号 ノルマンディ強襲
1944年ノルマンディ上陸作戦 2人用(連合軍対ドイツ軍) エリアマップ・カード併用
デザイナーは ニック・リチャードソン、ブライアン・ユース、ケン・ダン(知らない人たちだ)
スターリングラード強襲のシステム、エリア インパルス システムを使用しているとのこと。
プレイ時間は3時間程度らしい。
もちろん、アバロンヒルのブレイクアウト・ノルマンディとは似てるけど違うんだよね。
この他にも雑誌付録としてASLSKのシナリオが2本ついてくるらしい。
ちょっと欲しいかも。

The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold   ¥33000
マルチ マン パブリッシング社 1944年ノルマンディ上陸作戦 グランド タクティカル シリーズ
マップ4枚+拡張マップ4枚。カウンターシート16枚!
・・・うわー。スゴイのきてるなぁ。

| | Comments (2)

January 09, 2016

コマンドマガジン第123号 第三帝国最後の戦い

コマンドマガジン第126号セルの死闘が届いたので、第123号第三帝国最後の戦いを片付ける。
昨年秋ぐらいから部屋のテーブルに広げていたけど、結局第3ターンまでしかソロプレイできなかった。

個人的には第1ターンでガツーンと大攻勢みたいな、ツカミが強烈なゲームを想像していたので、ドイツ軍が結構スルスルと下がれることを実感してから、モチベーションが落ちたと思う。最初から選択ルールは全部入れて遊ぶのがいいと思う。

あとこれは個人的な失敗だったけど、鉄道ヘクスの移動力が0.5だというのを見逃して、第3ターンまでプレイしてしまったのが痛かった。

ソ連軍の戦線押し上げの速度は鈍足の司令部と関係しているので、鉄道線を戦略移動にしか使えないと思ってプレイすると、ゲームの展開が変わってしまうことになった。

泣く泣くもう一度正しいルールで第3ターンまでプレーしたものの、そこで年末行事なんかとも重なって、モチベーションが途切れてしまった。

第4ターン以降、徐々に両軍ともジリ貧となり、面白くなっていきそうな気もする。
(遊んだこと無いからすごく無責任だ。)

ソロプレイアビリティは断然高いと思う。
コマ数が多いので詰将棋みたいな作業部分も多いけど、その分、戦線の考えどころが絞れて、あまり気にならない。

加えて、スタックの一番上しか見ることができないルールが、適当に数のあるコマ数とあいまって、とても良い感じ。「あれ、このスタック、どうだったけかなぁ。」という具合で一人遊びでも戦場の霧が機能します。

グラフィックもいいし、VASSALモジュールもあるから、遊ぶ環境は整ってる。
まあ一旦、サイナラ。
遊び直した分、キッチリルールは読み込んだので、次回も結構遊べる気がする。

Vob_2


| | Comments (0)

January 04, 2016

ボードゲームは古くなるとつまらなくなるか

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ホントはこんなエントリー書く前にもっと書いておかなくてはならないことがたくさんある気がしますが、まあ、書いてみたくなったので書き留めておくことにします。

ボードゲームは古くなるとつまらなくなるか。
まあ、箱に入ったボードゲームの内容が変わるわけではないので、あくまで相対的な話ですけどね。

名作とされるボードゲームでさえ、時に古色蒼然と形容されたりするわけですから、つまらなくなることもあるでしょうね。新作を遊んでいくプレイヤーの側が、どんどん更新されていくので、そういうこともあるでしょう。

ケースバイケースなんですけどね。
以前のボードゲームを知っているからこそ、新作が面白いと感じることができるわけですから。

いやね、私の家には結構な数のボードゲームが有るわけですけど、これらもね年々歳々確実に古くなっていくわけなんですよ。昔みたいにゲーム雑誌を定期購読しなくなったし、最近はゲームを買うのも、月に1作か2作に減ってきました。美味しそうなものをちょっぴりずついただくスタイルとでも言うんでしょうか。まあ、収納スペースの関係もありますし。

こうして買い集めたゲームに囲まれていると、「どんどん所持ゲームが面白くなくなっていく」とか考え始めると、少し残念な気持ちにもなってくるわけですよ。

そういうこと言うなら、古くなったものを処分して新しい物と交換していけばいいじゃないか。
面白いゲームが欲しいんじゃなくて、面白いゲームで遊びたいんだから。ね。

いっそのこと、そもそもゲームを買わなきゃ良いんじゃないか。ゲームカフェみたいなところに行って遊ぶ方がお金もかからず良いじゃないの。新作が出たら、お店にリクエストして入れてもらったほうが良いよね。

同じボードゲームを2度遊ぶ人は、結構少ないという記事をTable Game in the Worldさんで読みました。時間と仲間が許せば、1つのゲームを繰り返し遊びたいけど、なかなか遊べないんですよね。

うっかりすると、一度も遊んだことのないゲームが棚にたくさん入っているからね。

そう、一度も遊んだことのないゲームがどんどん面白くなくなっていってるんだから。

ああ、新年早々、おそろしいことを書いてみました。
トワイライトストラグルがBGG1位から陥落した、今日このごろですよ。奥さん。

Gwie1


※文章と画像は特に関係ありません。

(でも、チェスや囲碁や大貧民は、いつ遊んでも面白いですけど。あれはどうしたわけだろう)

| | Comments (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »