« 今のところ好きなゲーム | Main | 第17回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 »

December 20, 2015

小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」を読んで

今年はゲームに関係する本を幾つか読みました。
表題はそのうちの一冊で、うんうんそうだなぁと納得したり感心したりしながら読んだ本です。

ある少年がふとしたきっかけでチェスを覚え、その後チェスを通じて、この世界と会話していくという話でした。
チェスを知らなくても十分に理解、堪能できると思います。

割とこぢんまりした話なのだけど、所々に綴られる少年の心象が胸にしみました。

長い間ゲームをすることを趣味にしてきましたし、昨年以来、ゲームと関わりを強めるようになってから、いろいろと思うことが増えました。そのうちの一つは「ゲームをすることが何になるんだろう。」という疑問だったりします。

ゲームを遊ぶことを、前向きに捉えたり後ろ向きに考えたり、その時々によって答えの変化する疑問なので、別に結論めいたことは求めていないつもりなのですが、最近いつも頭のなかに浮かんでいます。

そうした疑問と、この本の主人公の気持ちがピタッとくっつくことがあって、とても深い印象を残した本でした。

主人公はある日、正体を隠したまま令嬢と呼ばれる人とチェスを指します。
その時に令嬢から、あなたにチェスを教えた人がわかると告げられます。
曰く、最初に駒の並べ方や動かし方を教えてくれた人は、その後その人のチェスに指紋のようなものを授けるのだと。勇敢な指紋は勇敢なチェスを、麗々しい指紋は麗々しいチェスを、冷徹な指紋は冷徹なチェスを指すのだと。

そうだよなあ、と思いました。

チェスやゲームにかぎらず、いろいろなことは、それを最初に紹介した人や教えてくれた人の影響を受けるものです。チェスやゲームを知らない人に紹介するときや、それを楽しむ感覚を伝えた時の印象は、同時にチェスやゲームそのもの印象と混じりあって、人に記憶されていくんだよなぁと思うのです。

だからどうだ、ということではないんですけども。
まあでも、とにかくボードゲームを遊ぶときには、勝つにしろ負けるにしろ、参加者にとって面白い時間になりますようにと願うものです。

年末年始にお暇な方はどうぞ。

蛇足ですが、読み終えた後チェスがしたくなり、本棚の奥からボビー・フィッシャーのチェス入門を出してきて遊んでいます。ちょっと変わった構成の、チェスを知らない人でも楽しめる、クイズの本みたいな入門書です。こちらもおすすめですよ。

|

« 今のところ好きなゲーム | Main | 第17回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 »

Comments

今度読んでみますー。
いたうは「盤上の夜」という小説を読んで、これもボードゲーム(囲碁とかマージャンとかチェッカーとか)の話で面白かったので、もし機会がありましたら。

Posted by: いたう | December 20, 2015 12:16 PM

おはようございます。ぜひ今度読んでみてください。
いたうさんオススメの宮内悠介著「盤上の夜」は以前に読んだことがあります。内容はうろ覚えになってしまいましたが、確かたくさん天才が出てくる話だったように記憶しています。
ボードゲームに強い人→頭良い→頭の中がどういう仕組みになってるか知りたい、みたいな感じがあるんでしょうね。

ゲーム関連の本だと、他には
梅原大吾著「1日ひとつだけ、強くなる。」も読みました。正直そんなに強くならんでも…とは思いましたが、それでも、ゲームで飯食ってるってスゴイなと関心しました。読み終わった後、周りに聞いたら、「格ゲーのウメハラ」を知ってる人は結構いて、驚かされました。

ゲームの本ではないけど、ウォーゲームの参考資料として面白かったのは、津本陽著「幸村去影」です。
来年大河もありますし、おすすめです。幸村といえば、池波正太郎著「真田太平記」でしょうけど、いかんせん長編なので、オイシイところだけ切り取った本書もおすすめですよ。

Posted by: パパス | December 21, 2015 08:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今のところ好きなゲーム | Main | 第17回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 »