« 第16回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 | Main | 小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」を読んで »

November 23, 2015

今のところ好きなゲーム


年末に向けて、普段ボード・カードゲームを遊ぶ人も遊ばない人も一緒になって楽しめる
カードゲームランキングを書いてみました
※良いところ、あまり良くないところは私個人の感想です。

第1位 (おもちゃ箱イカロス)ノイ 
良いところ
 ・ルールが簡単
 ・遊べる年齢層が広い(足し算ができればOK)
 ・7人まで遊べる
 ・セットアップが簡単
 ・スリルがあって興奮できる
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・ダウンタイムが短い
あまり良くないところ
 ・人数が少ないと盛り上がりに欠ける
 ・負け抜け
 ・考える要素は少しだけ
 ・運の要素が強い
 ・テーマが無く、カードが地味(パッケージもなんかちょっと・・・)

第2位 (ホビージャパン)ドブル
良いところ
 ・ルールが簡単
 ・8人まで遊べる
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・スリルがあって興奮できる
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・ダウンタイムは無い
 ・失敗しても何度もチャレンジできて、笑える
あまり良くないところ
 ・遊べる年齢層を選ぶ(お年寄りは不向き)
 ・テーマが無い
 ・考える要素がなく、反射神経のみ
 ・カードが丸くスリーブが効かない

第3位 (アークライト)5本のキュウリ
良いところ
 ・ルールが簡単(トリテだが、スートも切り札も無い)
 ・6人まで遊べる
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・静かなスリル
 ・作戦勝ちできる
 ・キュウリトークンが木製
あまり良くないところ
 ・勝ち筋を見つけられないと退屈
 ・遊べる年齢層を選ぶ(小学生低学年は不向き)
 ・負けぬけ
 ・カードが緑色で地味でキュウリがキモい 
 ・ゲームマニア同士ならとても面白い

第4位 (アークライト)ラブレター
良いところ
 ・ゲームの仕組みやルールが簡単
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・1ゲームが短くプレイの負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・考えどころがある
 ・ダウンタイムが短い
 ・静かなスリル
 ・上品なテーマと感じのいいイラストのカード
あまり良くないところ
 ・1ゲームだけだとプレイが短くて、物足りない感じがする場合がある
 ・カードの効果の把握など、経験の差が勝負を分ける事が多い
 ・直接攻撃・負けぬけ
 ・勝ち筋を見つけられないと退屈

第5位 (鍋野企画)犯人は踊る
良いところ
 ・ルールが簡単(いぬ と たくらみ を除く)
 ・8人まで遊べる
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・ダウンタイムが短い
 ・静かなスリル
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・カードのイラストが楽しい
 ・考えどころと運のバランスが良い
 ・笑える
あまり良くないところ
 ・2人では遊べない
 ・勝ち負けが特殊
 ・遊べる年齢層を選ぶ(小学生低学年は不向き)
 ・ルール用紙が独特

次点は、ディクシットかな。

|

« 第16回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 | Main | 小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」を読んで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第16回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告 | Main | 小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」を読んで »