« October 2015 | Main | December 2015 »

November 23, 2015

今のところ好きなゲーム


年末に向けて、普段ボード・カードゲームを遊ぶ人も遊ばない人も一緒になって楽しめる
カードゲームランキングを書いてみました
※良いところ、あまり良くないところは私個人の感想です。

第1位 (おもちゃ箱イカロス)ノイ 
良いところ
 ・ルールが簡単
 ・遊べる年齢層が広い(足し算ができればOK)
 ・7人まで遊べる
 ・セットアップが簡単
 ・スリルがあって興奮できる
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・ダウンタイムが短い
あまり良くないところ
 ・人数が少ないと盛り上がりに欠ける
 ・負け抜け
 ・考える要素は少しだけ
 ・運の要素が強い
 ・テーマが無く、カードが地味(パッケージもなんかちょっと・・・)

第2位 (ホビージャパン)ドブル
良いところ
 ・ルールが簡単
 ・8人まで遊べる
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・スリルがあって興奮できる
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・ダウンタイムは無い
 ・失敗しても何度もチャレンジできて、笑える
あまり良くないところ
 ・遊べる年齢層を選ぶ(お年寄りは不向き)
 ・テーマが無い
 ・考える要素がなく、反射神経のみ
 ・カードが丸くスリーブが効かない

第3位 (アークライト)5本のキュウリ
良いところ
 ・ルールが簡単(トリテだが、スートも切り札も無い)
 ・6人まで遊べる
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・静かなスリル
 ・作戦勝ちできる
 ・キュウリトークンが木製
あまり良くないところ
 ・勝ち筋を見つけられないと退屈
 ・遊べる年齢層を選ぶ(小学生低学年は不向き)
 ・負けぬけ
 ・カードが緑色で地味でキュウリがキモい 
 ・ゲームマニア同士ならとても面白い

第4位 (アークライト)ラブレター
良いところ
 ・ゲームの仕組みやルールが簡単
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・1ゲームが短くプレイの負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・考えどころがある
 ・ダウンタイムが短い
 ・静かなスリル
 ・上品なテーマと感じのいいイラストのカード
あまり良くないところ
 ・1ゲームだけだとプレイが短くて、物足りない感じがする場合がある
 ・カードの効果の把握など、経験の差が勝負を分ける事が多い
 ・直接攻撃・負けぬけ
 ・勝ち筋を見つけられないと退屈

第5位 (鍋野企画)犯人は踊る
良いところ
 ・ルールが簡単(いぬ と たくらみ を除く)
 ・8人まで遊べる
 ・人数が少なくても楽しめる
 ・セットアップが簡単
 ・ダウンタイムが短い
 ・静かなスリル
 ・1ゲームが短くプレイ負担が少ないため、何度でも遊べる
 ・カードのイラストが楽しい
 ・考えどころと運のバランスが良い
 ・笑える
あまり良くないところ
 ・2人では遊べない
 ・勝ち負けが特殊
 ・遊べる年齢層を選ぶ(小学生低学年は不向き)
 ・ルール用紙が独特

次点は、ディクシットかな。

| | Comments (0)

第16回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会 参加報告

先日11月15日(日)に、八戸市中心街にある「はっち」5階にて開催されました体験会に参加してきましたので報告します。
参加者は小学生から大人まで28名の参加者があったようです。

この日はゲームマーケットに出品される作品が遊べるということで、いつもよりも早い時間(10時30分)から開催されました。

私もいつものゲームを持ち込んで参加しました。

ドメモ/6才~大人, 2~5人用, 所要5~15分, ルール難度:★
イモムシイモムシ/7歳以上,3~5人用、所要15~20分, ルール難易度:★☆
ドブル/7才~大人, 2~8人用, 所要 20分, ルール難度:★

ウィー・ウィル・ロック・ユー/8才~大人, 4~12人用, 所要20分, ルール難度:★☆
ピット/7才~大人, 3~8人用, 所要30分, ルール難度:★
バトルライン/10才~大人, 2人専用, 所要20分, ルール難度:★★

4目並べ(Connect Four)/3才~大人、2人用、所要10分、ルール難度:★
ねことねずみの大レース/4才半~大人, 2~4人用, 所要20~30分, ルール難度:★☆
ロス・マンフォス/6才~, 2~5人用, 所要30分, ルール難易度:★☆

マラケシュ/6才以上,2〜4人用, 所要30分 , 解読難度:★☆
宝石の煌き/10才以上,2〜4人用, 所要30分 , 解読難度:★☆
リフト・イット!/8才~大人, 1~4人用, 所要30分 ルール難易度:★

スティッキー/3才~大人, 1~4人用, 所要15分, ルール難度:★
アブルクセン/10才〜,2〜5人用,25分,ルール難度:★★

会場につくと既に(ゆるあ~と)狼と七日間がプレイされていました。人狼をモチーフに取ったエリアマジョリティゲームです。私も後からプレイさせてもらいました。

当日私は、クウィックスと5本のきゅうりをインストしてプレイ。
その後、親子連れの方3人と、ドブル、リフトイット、さらにもう1人加わっていただいてスティッキー、ロス・マンフォスを遊びました。
あとは、狼と七日間やペンギンパーティを教えてもらい、ピットをプレイしました。
今月も楽しかったなぁ!

リフトイットははっきり言って、ゲームになりませんね。
インパクトが強すぎて、おもちゃとしては遊べますが、取り出した途端に、わやになってしまいがちです。
あと、頭にクレーンをつけるのが、何故か女性には不評です。
確かにおかしな格好ですし、お化粧や髪型の関係もありますから、無理に勧めることもはばかられますね。

次回からは、メイクンブレイク/3才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★と交代させようと思います。

ロス・マンフォスは、記憶ゲームなのですが、プレイ時間が微妙に長くてプレイ感はぼんやりしています。
時間が経つにつれて、大人はだんだん記憶がなくなり、子供は集中力が切れていくという感じで。
確かにロバのうんちシステムはインパクトが有るんですけどね。

まあでも、ゲーム会に持ち込んで一度でも稼働させることができたので感無量です。なんかこう、成仏させた感じがします。同じ記憶ゲームなら、ザーガランド/6歳~,2~6人所要30~45分ルール難易度:★☆のほうが面白いと思うので、次回からこれと取り替えよう。

5本のキュウリは、インストもしやすくてゲームもわかりやすいし、なかなかの秀作ですね。以前このブログでも褒めちぎったように、ゲーム会に持って行っても存在感があります。
コレは今後、正式に持っていくことにしましょう。

その代わり稼働率の低い、ウィー・ウィル・ロック・ユー を外そうかな。
このゲームは体験会より,実践会向けですね。どちらかと言うと、初対面のメンバーよりは、顔見知り同士でやったほうが絶対におもしろいし、そっちのほうがアクション失敗しても、そんなに恥ずかしくないし。

クウィックス 8才~大人, 2~5人用, 所要15分, ルール難度:★★の方は、ゲームとしてはよく出来ていると思うんだけど、今ひとつアツくなれなかった。
ダイスゲームにしてはダウンタイムを感じさせないし、おもしろいとは思うんだけど。なんだかあっさりし過ぎな感じ。もっとテーマがあっても良かった気がする。例えば遊園地めぐりとか、世界一周とか。

コレを遊ぶよりは、ベガスとか海底探検とかのほうが面白いと思う。
次回は持って行かない。

イモムシイモムシも最近、動いてない。ハゲタカの餌食のほうがゲームとしてはスッキリしてるからかなぁ。
これも一旦さげるか。
そのかわり、同じランドルフ作品で、冷たい料理の熱い戦いをデビューさせよう。
うん、それはいい。

今気づいたんだけど、ドブルが7才以上になってる。
これは多分、カードに書かれている絵の名前の語彙が、小さい子には足りないからだと思うけど、実はそんなことはプレイに全く関係ない。

名前がわからないものは、これ!と言って指差すだけでゲームができる。
今月のプレイでもこのゲームを一番楽しんでいたのは、幼稚園の年長さんの男の子でした。
なんと、トップを2回も取ってご満悦でしたよ。

この対象年齢という記載はとてもおもしろい。この数字は家族連れのお母さんにとても効き目があります。

子ども達にゲームをひとしきり遊んでもらった後、お母さんに、
「お子さんはゲームの理解が速いですね。お子さん、おいくつですか?・・・6才?・・・へー!このゲーム対象年齢が7歳なのに、もう完璧に理解してますね!」とお話すると、とても嬉しそうになります。

そして、さっきまで子ども達に「一回やったら帰るよ!」と言っていたお母さんも、「もう一回くらいならいいよ」と優しくなってくれます。
多分そのへんも考えて設定してあるんだろうな。メーカーってほんと上手い。

それはさておき、後は順調に稼働していると思う。特に宝石の輝きはあの宝石チップが人気だし、ねことねずみは年齢問わず遊んでもらってる。

今後のゲーム会には、追加のゲームも持って行きたい。まずは2つ。

国産カウントアップ系傑作、ノイ/7才~大人, 2~7人用, 所要10〜30分, ルール難度:★☆ と、最近入手したゴーアウト系の秀作、テンガロン/6才〜 2〜6人用,15分,ルール難度:★☆も持って行きたいな。トリテ系は5本のキュウリよりも面白いものがあったら考えてもいいな。

あと、ゲームとしては?な気もするが、コンセプト/10才~大人, 4~12人用, 所要40分, ルール難度:★☆ は持って行って試してみたい。大人数対応だし。

| | Comments (0)

November 14, 2015

第15回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム実践会 参加報告

去る10月18日日曜日、八戸市福祉公民館の和室で開催されましたので参加させてもらいました。
福祉公民館では時間をたっぷり取って重めのゲームも遊べるように準備しています。

この日は、前日の青森ゲーマーズネストの例会にひきつづき、ドミニオンの卓を企画させていただき、遊んでもらいました。
当日は18名ほどの参加者があったようで、嬉しい限りです。
ほとんどの方はお昼ごはんを食べた後もご参加いただき、賑やかでした。

ドミニオンをやってみたいという初参加の方もいて、ほんと、ゲーム会をしていて良かったなぁと思いました。
ドミニオンに限らず、ボードゲームは初心者の方もベテランの方も一緒に遊べるのがいいところです。
勝たなくても、「おー、そうか!」という発見があるだけで、遊びとしてはかなり満足なのです。
その辺はあらためて実感しました。

私はお昼ごはんは近くの「龍二」で食べました。
ここの新潟味噌ラーメンはお気に入りです。
すり鉢に極太麺と濃い目の味噌スープが特徴なのですが、味噌スープの濃さは自分で調節できます。
私はしょっぱいのが好きなので、そのままいきますけど。
ただ、美味しすぎてお腹いっぱいになってしまうと、ほぼ確実に眠たくなってしまいますので、そこが難点です。

ドミニオン卓を開いていたのですが、ドミニオンの他にもゲームを遊びました。

Games1

インカの黄金、ゲシェンク、ムガル、街コロで遊びました。
みんなでワイワイやるのは、ほんと楽しいです。
おかげで知り合いも増えました。

これからも、子供もからお年寄りまで一緒になって、誰でも気軽に遊べる場所を作るお手伝いをしていければと思っています。ここだけの話、運営手伝いだけでもホント楽しいです。

次は11月15日(日)10:30から、八戸市中心街の「はっち」5階レジデンスCで開催予定です。
みなさんも遊びに来てね!

| | Comments (2)

青森ゲーマーズネスト10月例会報告

気が付くと、もうこんなに時間が経っていて、記憶もおぼろげなのですが、なんとか記録しておきたいと思います。
10月例会は秋晴れの下、いつもの七戸町南公民館で開かれました。
参加者は3名でした。
今月はパパスの日でしたが人数的にちょっと寂しいので、2卓は開けないことから、3人でも楽しいゲームをプレイしようと、ドミニオンを遊びました。
朝9時から夕方6時まで、途中昼食をとりつつ、ずっとドミニオンで遊びました。

目当ては2つです。
1つは、半ば義務的に購入した最新エクスパンションの「冒険」を遊ぶこと。
2つは、北三陸アナログゲームズの粒さんからいただいた、ウインダム工房さんとポイズン信用金庫さんのドミニオン組み合わせ本を試すこと。

Dombook


まずは、ウインダム工房さんのドミニオン考察組み合わせ一例総集編Vol.2から、29番から32番までの4つのセットを遊んでみました。
どのセットも、筆者のおすすめするセオリー通りプレイするのが良いみたいで、割りと1本道のセットが多かったような印象でした。
この本には、供給サプライの下に、プレイ指針が書かれてあるのですが、これを読むと、筆者やその周辺はすごくデリケートにプレイしてるんだなと思えます。
みなさん、初手と2手目が金3金4ならコレ、金2金5ならコレって決めてからプレイしてるんですね。
なるべくそれに沿うようにプレイしつつ、後は自分のデッキにどのぐらい入れていくかを匙加減していくという感じでした。
この、匙加減というのが結構難しかったです。
私、結構プレイが大雑把で、見たことのないサプライはとりあえずデッキに入れてみるということも多いので、他人の頭のなかを覗けるのは興味深いですね。

次に、ポイズン信用金庫さんのドミニオン空きサプライ考察から2セットを遊びました。
こちらは先ほどのセットに比べて割りとのびのびしてる感じでしたので、楽しく遊べました。

次に、最新エクスパンションの「冒険」で遊びました。
冒険のみによる組み合わせのうち、初心者向けは家族とプレイしていたので、今回は上級者向けをプレイしました。確か2回やったのかな。記憶が曖昧です。

Domad


冒険の新企画の、イベントや出世、酒場マットも取り込んでありましたが、プレイの中心になったのは「呪いの森」というカードでした。
プレイ中なんとなく「このカードってヒドくね?」と感じてはいたのですが、実際このカードを仕掛られてみてあまりの酷さに、無口になってしまいました。
こんなことは、初めて「拷問人」に合ったとき以来です。

ドミニオンのアタックカードにはいい思い出なんてありませんよ。

出世カードは面白そうでしたね。今度、サプライで出たら買ってみよう。

その後、全セットのランダムサプライで遊びました。
最後まで飽きずに遊べたので面白かったです。

むつさんとハラさんと私の3人で遊んでいたのですが、ずっとむつさんが1番でした。
むつさん強いなあ。でも最後だけは勝たせてもらいましたけど。

そんなわけで、むつさんからいろいろアドバイスを頂きました。
デッキを重くしないようにする。(+アクションは入れやすいカード)
良いカードでも必要以上には入れない。(丁度いい枚数ってあるから、買えるけど買わない選択肢もある)
サプライのコンボは要チェック。(他人のプレイもよく見ておく)
ですね。
とりあえず「3金で銀貨」は間違っていないけど、セオリーだけでプレイするにはもったいないって感じですかね。

突き詰めても突き詰めなくても、ドミニオンは楽しかったです。
ただ、ダウンタイムが長くなるカードが多くて、そのへんがちょっと気になりましたね。
(って、私も錬金、錬金、錬金・・・ってさんざやってましたけど)

以上、10月例会でした。

| | Comments (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »