« July 2015 | Main | November 2015 »

October 05, 2015

青森ゲーマーズネスト9月例会報告

さて、ようやくこちらを書きました。

九月はハラさんからリクエストが有って、積み木ゲームがプレーしたいということでしたので、数ある積み木ゲームの中から、Europa Engulfed(飲み込まれたヨーロッパ)をプレーすることにしました。

積み木ゲームをご存じない方のためにちょっと解説。

積み木ゲームは、自分の駒がどのくらいの強さなのかを、相手に見せないようにしてプレーするゲームの一群のことです。軍人将棋みたいなものです。(と言ってピンとくる方も、だいぶ限られるのかな。)駒は、相手に戦力を判らせないように、自分だけが戦力を把握できるように、コマを立たせます。こうして、自分のコマの戦力が判るけど、相手には判らないようにしてプレーします。

このコマは木製のブロックで出来ており、ボード上に立てやすくなっています。このことから、「積み木」という呼び名で呼ばれます。

これらのコマに戦力が記載されており、多くの場合、戦いによって敵からダメージを受けると、コマの戦力が1段階ずつ漸減していきます。戦力が1段階ずつ減少するたびに、四角いコマを90度ずつ回転させて、その減少を記録します。戦い終わると駒を立てて、どのコマがどのくらいダメージを受けたかを隠匿することができるようになっています。ここが積み木ゲームの面白いところです。

Ee2


Europe Engulfed(飲み込まれたヨーロッパ)というのは、不思議な題名ですが、ヨーロッパが何に飲み込まれたのかというと、それは第二次世界大戦に飲み込まれたということです。

第二次世界大戦は、1939年から始まり1945年に終わった戦争で、ドイツ、イタリア、フィンランド、ルーマニア、ハンガリーなどの枢軸国と、イギリス、ソビエト(ロシア)、フランス、アメリカなどの連合国が戦いました。ドイツの指導者はヒトラー、イタリアはムッソリーニ、イギリス首相はチャーチル、アメリカ大統領はルーズベルト、ソビエトにはスターリン書記長がいました。このゲームには出てきませんが、日本はドイツやイタリアと同盟関係にありました。結果は枢軸国の負けで終わりました。

このスケールの大きな戦いを積み木ゲームのシステムでゲーム化したのがEurope Engulfedです。日本語ルールブックは、A4サイズ2段組で33ページという堂々としたビッグゲームであります。

積み木システムはウォーゲームのルールとしては簡単な部類ですので、基本的なルールは難しくないのですが、陸上戦闘主体とはいえ、欧州大戦全体を描こうとすることから、海上戦闘、海上輸送、上陸作戦、航空機、生産、中立国、大国の征服など様々な要素が絡んで、どうしても分量が多くなります。

ルールの分量が多ければそれだけプレイングの幅が広がるわけだから、楽しいじゃないかという人もいれば、そんなにたくさんのルールはとても覚えきれないし、ましてや使いこなせないよ、という人もいますね。
まあ、そこは好みの問題でしょう。(ちなみに私はルールが多いと、それだけでギブアップしそうになります。しませんけどね。

ここまでくると、このゲームは、例会当日に手を上げてインスト受けてからプレーするのは非常に難しい事がわかります。ですから、今回私たちがプレーするにあたっては、2週間以上前から、参加者がそれぞれルールを読んで準備してから対戦しました。とは言うものの、なかなかルールが読み進まず、前々日や前日にようやくルールを読んで、ほとんど覚えてないけど、とにかく間に合わせてプレー当日を迎えることが多いです。

さてこのゲームは、フリーセットアップのゲームです。将棋のように、ゲームの最初に置く駒の位置が決まっているわけではなくて、与えられた駒を自分の(現時点の)領土に自由に配置できるというゲームです。でも、与えられるコマの数が結構多い(50個くらい)ので、ルールもうろ覚えの状態ではなかなか配置作業が進みません。これから3時間以上は遊び続けるゲームの振り出しを迷うのは当然のこととも言えるでしょう。

とはいえルールを覚えたてのプレーヤーが的確な配置を思いつくはずもなく、ウンウン唸りながら初期配置をすることになります。これは結構厳しい。下手をすると配置だけで1時間近くかかってしまうでしょう。
それはちょっと、というわけで、今回は英語版プレイブック中に記載されている、1941年7月開始の配置サンプルに従って配置することとしました。

1941年7月以前といえば、既にヨーロッパにはポーランドは無く(1939年にドイツとソビエトに分割占領されている)、ヴィシー・フランス(1940年にフランスはドイツに降伏した)があり、ギリシャは枢軸国に占領され、クレタ島にドイツ軍降下兵がいる状態です。

Ee4


アフリカ北部では包囲された要塞、トブルクをイギリス軍が奪還(バトルアクス作戦)しようとしており、ドイツ軍は本格的に対ソビエト作戦(バルバロッサ作戦)を開始しようとしている状況です。

配置しただけで第二次世界大戦の主要な作戦を時系列にそって並列で眺めることができるのは、このスケールならではの醍醐味でしょう。

さて、例会ではこのゲームを3人で遊びました。
ハラさんには枢軸を、ふなきさんにはソビエトを、私は主にイギリスを担当しました。

ゲームは既定路線通り、バルバロッサから始まりました。このゲームではターンの最初に担当している陣営の収入を計算し、その収入を元に、ユニットを補充したり、作戦を買ったり(!)します。そして、コマを動かし戦闘を行います。

Ee1


ドイツは主に作戦を買うことに注力し、ソビエト軍を蹴散らし、モスクワへと迫りました。正面を広く取らず戦力を集中することで、モスクワを占領することができましたが、戦線正面が小さく、両脇からソビエト軍に圧力をかけられ、苦しそうでした。

私の担当したイギリスは、国力から得た収入の半分をソビエトのレンドリースに仕送り(ソビエトに倒れられては困るため)し、細々と貯めたポイントで、機甲部隊をアフリカへと送り込み、トブルク開放をして遊んでおりました。

Ee3


ゲームはどちらかの陣営が敗北するまで行わないと勝敗がつかないのですが、プレーの過程だけでも十分楽しめるのも、こうしたビッグゲームの特徴なので、ドイツ軍が最初の冬をロシアの大地で過ごしたあたりでゲーム終了としました。それでもセットアップから5時間ぐらいは遊んだでしょうか。それにしてはあっという間でした。

いやー、楽しかったです。このゲームの魅力は何と言っても、「見晴らしの良さ」にあります。大戦全体を見晴らせる感じ、国家の生み出すポイントによる生産から部隊運用が始まる感じ、物理的にフルマップ2枚のビッグゲームであること、などなど、大きいコトは良いコトなんだなぁと実感させてくれるゲームでした。

こうしたプレイングすら難しいゲームをプレーさせてくれたメンバーに、まずは感謝したいです。またルールの翻訳をしていただいた方にも感謝します。また機会があれば今度は、トーナメントルールで勝敗を含めて遊んでみたいものです。

| | Comments (2)

October 03, 2015

第14回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム実践会 参加報告

 歳のせいか、記憶が新しい順に記録していかないと、どんどん忘れていってしまうので、本当は青森ゲーマーズネストの9月例会報告を書きたいところですけど、まずは先にこちらの報告をしたいと思います。

 いい天気の日曜日の昼下がり。いつものように体験会は始まりました。会場は、これまたいつもどおり、まちなかにある「はっち」。

 当日は青年会議所の全国大会が開かれていたため、まちなかは多少ざわついていましたが、思ったほどの混雑や渋滞もなく、割りと平穏な感じでした。
 今回の会場ははっち3階の畳のスペース。襖を外してほぼオープンスペースにして遊びました。

 参加者は28人ぐらいだったと思います。いつもの方から初めての方も来ていただいて、男女ともに小学生から40代までと、幅広い感じでした。

 ゲームは、前にも一度きたことがある小学生の兄妹と私の3人でマラケシュを遊びました。
 まずは、ゲームの背景を説明(マラケシュという町のじゅうたん市場でお金儲け)し、ゲームの目的(コマを操りお金を儲け、自分のじゅうたんをたくさん敷く)を説明し、自分の番になったらできること(コマの向きを決め、ダイスを振り、オジサンを動かしてお金をやり取り、自分のじゅうたんを敷く)を説明したら、ゲーム開始。

 ルールは分かるけど、まずは何をしたらいいのかわからないところもあると思ったので、自分の手番に自分の考えていることを口に出してプレーしてみました。

 「まずは、コマの向きを変えよう。コマは真後ろには向けられないから、前か右か左の3方向しか選べない。前に進むと、キミのじゅうたんを踏んでしまうかもしれないし、右へ行くとお兄ちゃんのじゅうたんを踏んじゃうかもしれない。
 もちろんダイスの目次第だけどね。でも左なら、誰の絨緞も無いし、どんなダイス目が出ても決してじゅうたんは踏まない(他のプレーヤーのじゅうたんに止まるとお金を払わなくてはならない。)から、こっちに進むことにしよう。
 3か、良い目だよ。2歩進んで、壁際だからクルッとまわって今度はこっち向き。そしてみんなが私のじゅうたんを踏むように自分のじゅうたんを置くことにすると、この向きがベストだよね。
 うん、これはオジサンなかなか有利になったよ。」

 兄妹それぞれの顔に、なるほど、そうやって遊ぶのか!的な表情があったので、後は普通に遊びました。
ゲームのコツである、じゅうたんはなるべく繋げて敷くと収益が大きいとか、コマは真後ろに動けないことからくる引き算的な選択とかは、それそれが発見して欲しかったので、そこはなるべく喋らないようにして遊びました。

 結果は私が最下位。なかなか楽しんでいただけたようです。

 最初は「このゲームやったら帰る」と言っていたのですが、ゲーム終了時には「もっとやりたい!お母さんに聞いてくる!」と走り出してくれました。
 こうなると、ゲーム会をお手伝いしている身には、とても嬉しいですね。

 次はガイスター、その次は海底探検、そのまた次はドブル、最後はスティッキー。
 結局兄妹2人とも、体験会終了時まで会場で遊んでもらいました。兄妹の保護者の方も最初は遠くで見てらしたのですが、最後は一緒のテーブルに座ってゲームを興味深げに見ていました。

 はっちの体験会には、結構、親子連れもいらっしゃいます。家族でいらっしゃって、ゲームのインストの後は家族で遊んでいかれる方もいますけど、ケースとして多いのは、お母さんと子どものペア。
 お母さんに連れられて会場まで来て、遊ぶのは子どもたち、という参加者です。

 子どもたちはたいてい楽しんでいる様子なので、どんどん来ていただきたいのですが、連れて来てもらうお母さんに情報が届かないと、どうにもならない。
 大都市圏に比べて地方都市の子どもたちは、子どもたちだけで公共交通機関を利用するケースが少ないため、会場までは大人に運んでもらわなくてはならない。

 お母さんもゲーム好きなら、情報も届きやすいし一緒に遊べて楽しいのですが、多くのお母さん方自身は
「キライじゃないけど、大好きってわけでもないから、ゲームには参加しなくてもいい。」という感じ。

 でも、できることなら、こうした人にこそ、イベント開催の情報を届けて、もっとたくさんの子どもやお母さんに「体験」して欲しいとも思います。

 情報伝達といえば、ツイッターやブログなのでしょうけど、やっぱりね、地方都市における新聞の力を侮っちゃいけませんよね。
 こと、八戸市においてはデーリー東北に掲載される情報の力はとても効果があります。
 なんというか、情報に、裏打ち感というか、保証感があるんだと思います。

 「新聞に載っているんだから、おかしな催しじゃないよ。」みたいな。

 今度は、新聞社に掲載依頼をしたらどうなんだろうとかとも思います。
 といっても、こういう催しがあるので、「今日のイベント」欄に乗せてくださいとチラシを送るだけなんですけどね。前に一回載ったんですけど、今月は載ってなかったんですよね。
 できれば毎回載ることで、保証感はアップすると思うんですよね。

 でも、広く知らせすぎて、勘違いして託児所みたいにこどもを預けちゃうお母さんが来ちゃうのもヤダなぁ。それは違いますよって明確に言いにくいしなぁ。(まあでも、言うしかないけどね。)

 参加者が増えれば、それだけトラブルも増えるとは思います。
 会場の広さも、現在の参加者で結構いっぱいな感じもありますし。大きな会場を借りるにはそれなりのお金もかかりますからね。
 急に膨らんで、後でゲッソリ萎んじゃうのもなんだか本意じゃない。となると、あまり宣伝しすぎないのも、体験会の運営にはいいのかなとも思う。
 この体験会の雰囲気は抜群に良いからね。うん。

 このあいだ、久しぶりに会った友達に、ボードゲーム会は何かの役に立つからやってるワケじゃないけど、逆に何の役にも立たないって言われるとちょっと寂しい、という話を友達にしました。
 こうして書くと、前の話となんの関係もないように読めるけど、なんとなく自分の中では前の話とつながってるんだよね。

| | Comments (0)

« July 2015 | Main | November 2015 »