« 青森ゲーマーズネスト4月例会報告 | Main | (2F-Spieie/アークライト )5本のキュウリ »

May 07, 2015

青森ゲーマーズネスト GW特別例会報告

昨日5月6日は5連休最後の日でありまして、休日ではあっても振替休日ですから祭日ではないということで、我らが七戸南公民館は、朝9時から夜9時まで開館していてくれたのでした。

こうしたチャンスはしっかり掴んどかなきゃいけないぜと、内なるゴーストが囁くものだから、青森ゲーマーズネスト・ゴールデンウィーク特別例会と銘打って遊んできました。

参加者は3名。まずは私がリクエストした、アクア・スフィアをプレー。

As1

今年の灰色ポーン候補にはなるんじゃないか的な予想から、是非とも感触を確かめたかったというのもありますね。ルールと操作が結構、入り組んでいて、最後まで慣れない感じでしたけど、最終盤の運によって、なんとか勝たせてもらいました。

プレーした感触は、何をしたら最善手なのか、ちょっと見当付かない感じでした。まあ、全員初めてのゲームだったので手探りなのはしょうがないよね。プレー中は、スタプを取ったほうがいいのか、ラストのプレーヤーがいいのかも状況で変わりますし、溜まったロボットの引取りや潜水艦の買い時などの駆け引きも、他のプレーヤーとのタイミングを図るのが難しい感じでした。さてと、何をすればいいのかなあっていう感じ。

とは言え基本的に情報はすべてが全員に公開されているので、1ターン中の動きは最善手があるはずなんですよね。よーく考えたいところなんだけど、私がそれをやるとゲームが間延びしちゃうので、なるべく長考しないようにプレーするのが結構大変でした。

毎ターンのプログラミング要素の入れ替え(プレーヤーのアクション順がランダムに入れ替わる。)が結構ランダム要素が大きいんですけど、これを固定化すると、コンボが発生して面白い人には面白いかも。まあ、そうなると、コンボに気付かなかった人は、それだけで負けていくというゲームにはなるけど。

As2


何度かやりたいと思えるゲームでした。でもちょっと勝ち筋(このゲームを中間決算重視のエリアマジョリティゲームということにすると、まあ、そういう勝ち筋になるけど、多分、他の筋もあるんだろう。)見つけるのが大変。ふうふう言いながらプレーしました。でもこういう混乱した感じがこのゲームのいいところなのかも。

続いてプレーしたのはマングロービア。

テンデイズTVでは今年の赤ポーン候補に挙げられてました本作をプレーさせてもらいました。
こちらは、ルールは簡単、操作も簡単でサクサクプレーできますね。

船漕いで家建てるという、一見何のゲームかわかんない感じもあるんですが、システム的にはワーカープレイスメントとエリアマジョリティの組み合わせで、軽いけどプレーの選択にとっても迷ってしまうという、うまいことできたゲームでした。

Man1

あれこれしたいんだけど、そのうちから1つを選ぶジレンマって健全でいいと思う。まさに赤ポーンっぽいジレンマですな。たまにあるじゃないですか。相手にあれもさせない、これもさせないようにしたいけど、今はこのジャマしかできないなー、みたいないじわるゲームが。ああいうのはイカンですね。分かってない。大人同士の時は盛り上がったりするけど、うっかり子どもとプレーできないから。

中心部の1箇所8点エリアを見逃して1ゲーム目は勝利を逃し、2ゲーム目はなんとかそのエリアはこなせたものの、下の方のエリアに食い込むことができず、またも優勝できずでした。2ゲームともふなきさんが優勝してましたね。

Man2

うん、これもおもしろかった。

次はむつさんのリクエストでロココの仕立屋をプレーしました。こちらはデッキ構築とエリアマジョリティという、おもしろい組み合わせのゲームでした。

Rcc1

エリアマジョリティは基本的に早い者勝ちゲーム(できるだけ早くたくさん置く)なので、デッキ構築と組み合わせるなら、まずはデッキ圧縮が課題かなと思ったんですけど、プレー中スタプをとれず、圧縮カードをとれず、別の勝ち筋を考えないといけない羽目になってしまい、中盤までちょっと苦しかったです。

でも、苦肉の策のお金プレーでなんとかしのぎ、みんなからワンテンポ遅れつつも、引き離されないように服を作りつつ、なんとか食い下がりました。あと、地味にちまちま得点も取っていきました。最終盤に貯めたお金で、花火の観覧席を買いあさって、辛くも勝利しました。

カードの枚数を考えてプレーしなきゃいけないのが大変です。デッキが膨らんでもラス前のターンで山札がちょうど切れるようにしておかないと、デッキ内の優秀なカードで最終ターンをプレーすることができなくなってしまいますから、その辺に気を使いました。

あと、デッキ構築とはいえ、デッキから選べるので、圧縮しなくてもそんなに苦しくなかったですね。

Rcc2

余談ですが、ロココと聞いて、名作「下妻物語」を思い出してしまいました。あの本のロココ時代の服の解説はなかなか屈折していて楽しかったです。

最後の締めは、私のお気に入りで海底探検をプレー。
ルールは大概説明したけど、2個のサイコロに1から3の目しか無いことを説明せずにプレーして、ふなきさんを絶望させてしまいました。

1ラウンド目は全員失敗。2ラウンド目は全員成功するものの、みんなが四角や五角の財宝を運び上げているのに、ヘタレの私は3角の財宝2個しか上げられないというショボさ。3ラウンド目も逆転はできず、これは最下位で終わりました。

というわけで、AGNのGW例会はこれにて終了となりました。

ゲームを提供していただいたむつさん、ありがとうございました。一緒に遊んでいただいたふなきさんにも感謝です。会場費は3人で割って630円でした。

|

« 青森ゲーマーズネスト4月例会報告 | Main | (2F-Spieie/アークライト )5本のキュウリ »

Comments

お疲れ様でした。
行きたかったです(つД`)
バヌアツ、この前やった時は、ルール間違えてやっていました。
で、正しいルールでやったらキツくなかったですし、スタP超有利だったので、何と言うか…。
すみませんでしたm(_ _;)m

Posted by: いたう | May 08, 2015 11:49 PM

でもいたうも、子供と一緒にやるならバヌアツは優先順位はかなり後ろになります(笑)

Posted by: いたう | May 08, 2015 11:51 PM

>正しいルールでやったらキツくなかった

マジっすか。そうっすか。あはは。

でも、あのルールも考えようによっては、面白いルールでしたよね。あのルールを使ってなんか別のゲームが作れそうですよね。

相手プレーヤーからの干渉を避けて何かを守るゲームとか。対テロ戦争とか。革命運動とか。

Posted by: papas | May 09, 2015 10:57 AM

あれですよね。
スタPから置いていくんだけど、ラストプレイヤーからコマを獲ってアクションをやっていくと、良いのかも?
何か、創る意欲を刺激しますねえ(^-^;)

>相手プレーヤーからの干渉を避けて何かを守るゲームとか。対テロ戦争とか。革命運動とか。

Posted by: いたう | May 20, 2015 11:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 青森ゲーマーズネスト4月例会報告 | Main | (2F-Spieie/アークライト )5本のキュウリ »