« January 2015 | Main | March 2015 »

February 24, 2015

青森ゲーマーズネスト2月例会を開催します

青森ゲーマーズネスト2月例会を開催します

青森ゲーマーズネスト例会が2月28日(土)午前9時~午後6時の日程で、七戸南公民館(駐車場無料・新幹線七戸駅そば)で開催予定です。

28日当日は、Hannibal: Rome vs. Carthageがプレーされる予定です。

あとは、Twilight Struggleやヘクスゲームをご希望の方は、バルジ大作戦(師団級)やドゥブノ大戦車戦も準備していきます。
軽めのゲームとして、今月私は、原始スープ、村の人生、宝石の煌きなんかも持っていきます。
多分、他のメンバーもそれぞれゲームを持ち寄ると思います。

このようにプレーするゲームは、ある程度、事前に決まることが多いですが、プレーが決まっているゲームが終わると、参加メンバーが持ち寄ったゲームを遊んだりすることもあります。(だけど囲碁、将棋、トレカ、キャッシュフローゲームはやりません。それは別の機会が他にあるでしょうから。)

ちょっと前までは、午前中からガッツリ、ウォーゲームなどを楽しんだ後、午後はみんなで楽しくドイツゲーを遊んだりしてました。

参加者は全員が男性で、青森県在住者です。
最近顔出ししているメンバーは6人程度です。みんな温厚なおじさんです。
雰囲気はジェントルな感じですが、子供向けの会ではありません。
ボードゲーム愛好者向けの例会って感じ。

朝9時頃に集まって会場をみんなで作って、ゲームを広げます。
ゲーム会中はメンバーが持参したコーヒーを飲んだり、お茶を飲んだりしますが、お酒は飲みません。
おやつと称してみんなチョコやせんべい、サラミなどを買い込み、テーブルに広げてプレー中につまみます。
ゲームは汚さないように注意しています。

会場の近くにはスーパーもあってお弁当も売っていますから、昼食も何とかなります。お湯を沸かせるのでカップ麺やスープも食べることができます。

でも、ゲーム会後に食事に行ったり、飲み会に行ったりはしません。
時間が来るとメンバー全員で、会場を片付けて、きっちり18時に会場を出ることが多いです。
その辺は割とあっさりしています。家族持ちもいますし。

プレイングについては、プレイスキルの高い人が多いです。(私は弱いですけど。)ゲームの勝ち負けがかかると結構、大人気無いです。本気で戦っています。その辺をみんな楽しんでいます。

料金は当日使用料を割り勘します。みんなで会場を設営し、みんなで会場を撤収します。冬場は、暖房費込みでだいたい800円程度ってところでしょうか。当たり前ですが、参加人数が多ければどんどん値段は下がります。途中から参加、途中で退場オーケーです。参加者募集中(高校生級以上)。

七戸駅に着くなら、私が公民館まで送迎をしてもいいですよ。
まずはこのブログの記事にでもメッセージ下さい。
(事前にお知らせがないと対応できないと思います。)
あなたの参加をお待ちしています。

| | Comments (0)

February 16, 2015

(eggertspiele/HobbyJapan) 村の人生

長いこと欲しかったゲームがついに手に入った。
賞をとったことのあるゲームだから、いつかは必ず手に入ると信じてた。
いやー、嬉しい。

11


しばらく何処にも売っていなかったが、今回、村の人生のエクスパンションの発売にあわせて、再度、国内流通し始めたもののようだ。

箱を開けてルールを読み、早速プレーしてみたが、焦りすぎたせいか、ルールがうまく飲み込めず、あやふやなプレーとなってしまった。
プレー後、再度ルールを熟読すると、何箇所か間違えてプレーしていたので、備忘録代わりに書いておこうと思う。

22

とても楽しそうなボード。地図のような、絵のような。まさにボードゲーム!冬の休日にじっと眺めて過ごしたいくらい。

このボードに書かれている絵の場所からキューブを取りつつ、場所に由来するアクションを行ってゲームを進めていくわけなんだけども、まず誤解したアクションが、「旅」アクションでした。

3


この旅アクションでは、道に書かれているリソースを払うと他の街に旅する事ができて、街の横に書いてあるボーナス(点数やリソースやコイン)を貰える。
このボーナスは、この街に最初に到達したプレイヤーだけがもらえるんじゃなくて、どのプレイヤーもこの街についたらもらうことができる。既に他のプレイヤーが通過したあとでも、ボーナスは手に入るってことなんだね。
なんか、旅アクションできるキューブ数が少ないので、ついつい早い者勝ちかと思ってしまった。

次に理解しづらかったのが、教会のミサでした。

4


ルールには、袋からコマをちょうど4つ引く、と書いてある。
この時、スタ-トプレーヤーから、袋の中を見て、自分コマ1つを引いたら1コイン払う、とも書いてある。
その後、合計4つのコマを引いたら引くのをやめる、と書いてある。

このルールを読んで、いったい誰がコマを何個引くのかわからなくなってしまった。

まず4個引いて、その後コインを払った分またコマを引ける?
でも、それだとちょうど4個にはならない。だから、これは違うだろう。

引くときに中身を見て引ける、と書いてあるから、引くコマ数の合計は必ず4個なのだろう。
このルールの横にプレーの例が書いてあるので読んでみると、やはり引くコマ数は全部で4個らしい。

スタートプレーヤーがコインを払わないと決めたら、一気に4個引いておしまいになるのだろうか。
次の手番プレーヤーは、コインを持っていても、コマを引くことができないんだろうか?
でもルールには、コインを払って取り出したコマの数が4個に足りない時に、ランダムに引くと書いてあるから、これも違う。

この例には、1コマ引いて1コイン払うパターンしか書いてないけど、仮にスタートプレーヤーが4コマ引いて4コイン払うと、他のプレーヤーは引くことができないのだろうか。
多分そうだろう。プレイヤーが引けるコマ数の上限は何処にも書かれていないから。
おおう、スタートプレーヤー強いなぁ。

この時のスタートプレーヤーって誰だろう。ラウンド終了のタイミングが良くわからない。
これまでのスタートプレーヤーか?これからのスタートプレーヤーか?
ルールの書き方からして、これまでのスタートプレーヤーなんだろうな。

ふう。なかなか結論が出ないでパニクった。
みんなすんなりプレイ出来てるんだろうか。


| | Comments (1)

February 14, 2015

八戸モノポリー会 2014-15シーズン 2月会

2月13日午後6時から八戸モノポリー会を開催しました。

先月はアグリコラを遊んで、今後アグリコラをプレーしていこうかと考えていたわけですが、
メンバーは6人なので、アグリコラで遊ぶなら2セット用意しなければならないことや、
12月にカヴェルナをプレーして、
「7人までプレーできるんだったら、八戸モノポリー会にはこっちが向いているなぁ。」と思ったことや、
でもカヴェルナは値段が高いなぁと思ったことや、
アグリコラは準備が面倒で、プレースペースが結構必要だなぁということや、
3人で遊んでも6人で遊んでも面白いゲームはなんだろうと考えたことなどが混ざって

「新電力会社デラックス」が良いのではないだろうかと考えました。

決め手はやはり、6人まで許容できるゲームであること。
そして何人でもキチンと面白いこと。他人との絡みがあること。
勝負の行方がわかりやすいこと。ゲームの出し入れが簡単なことでした。

4人でプレーし、各メンバーの手応えも上々でした。
アグリコラよりは楽しんでくれたような気がします。
青森ゲーマーズネストではアメリカマップをプレーしたので、こちらではヨーロッパマップをプレーしました。

Photo


細かい誤りはありましたが、ほぼルール通りプレー出来ました。インスト込みで2時間50分でした。
慣れればもっと短くなるかもしれません。
とりあえずメンバーが飽きるまで、遊んでみることにします。

| | Comments (2)

February 10, 2015

第7回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会に参加しました(4回目)

2月8日にはっちにて開催された第7回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会に参加してきました。今回は人数的にはおとなしめの15人の入場者でした。

ゲームは今回もたくさんプレーされました。マンマミーア、街コロ、ラミーキューブ、花火、ぴっぐテン、ア・ラ・カルト(コレ楽しそうだった!)ダンジョン・オブ・マンダム、スコットランドヤード、ひつじ算、・・・

今回私は一度もインストすることなく、後半ずっとドミニオンで遊んでました。礼拝堂圧縮デッキなどで、気持よく勝たせていただきました。

その後、代表のリクエストで持っていった、宝石の煌きをプレイ。
時間切れで決着着くところまでは行かなかったですが、卓の皆さんは手練の方ばかりで、なかなか苦戦しそうな感じでしたね。

Splendor


宝石の煌きは、小学生の息子と10数回プレーしましたが、その中で編み出されたテクニックをご紹介しましょう。自分の手をワザと14点で止めておいて、しばらく前に確保しておいた4~5点カードをいつでも出せるようにしておいて、誰かが15点超えたら出すよ!みたいな顔をするっていうのがあります。

もちろん後手番じゃなきゃダメですけどね。「キミが15点でゴールしてもいいよ。ボクは18点行くから」みたいな、「出すよ出すよ詐欺」をしつつ、場のトークンを必死にかき集める的な。まー、あんまし大したテクニックじゃないけど。

今回の印象的な出来事は、開場してから1時間後くらいに、年配のおじいさんが一人で入場されました。
この方に「いかがですか、せっかくですから遊んでいきませんか?」声をかけたところ、
「いや、・・・ああ、孫とやるのにどうかと思って寄ってみたんだ。今は見るだけでいいよ。」と言われました。

こういう時どうするか。
1、押す(そうですか。10分くらいで終わるゲームも有ります、試しにどうですか)
2、引く(そうですか。何か聞きたいこととかあったら、気軽に声をかけて下さい。)

うーん。「今は見るだけでいい」という言葉が、ごまかしには聞こえなかったので、ついつい、2を選択してしまいました。

その後、お孫さんと一緒には来ていただけませんでした。(いや、ひょっとすると来月来るかもしれないけどね。)

なんかすごくもったいない気がするんですよね。これまで何の接点もなかった人と、このゲーム会の会場で、ここまで近くに来られたのに、1ゲームもできなかった感じが、悔しいというか、惜しいというか。

断り方が、「いやいや、私やったこと無いから・・・」とかいう方なら、迷わず1なんですけどね。そうなったら絶対、コネクト4+回転がオススメなんですけどね。・・・精進ですな。

Joint4


自分がゲーム会に来たとき、どう声をかけられたらゲームで遊んでいく気持ちになるかな?と。
自分は、わりと押せ押せな感じで声かけられた方がいい感じなんですけどね。
「そんなに言ってくれるんなら、しょうがないなぁ」みたいな感じで。

うーん、でも、人それぞれだから、ここは一概には言えないところでしょうか。
見極めってことでしょうね。おもしろいなぁ。
ゲームプレーもおもしろいけど、このゲーム体験会のスタッフ役もゲームに負けず劣らず面白いです。

次回はどんな人と会えるのか楽しみです。
次回は3月8日(日)午後13時15分~はっち5階レジデンスBです。

| | Comments (0)

February 08, 2015

(Game Factory) Lift it!

エッセンでの映像に一目惚れ。近くの靴屋さんに入荷したので買ってみた。

Lift_it

おもしろい。

小学生の息子も、40代の私も、70代のおじいちゃんも、みんなで夢中になって遊んだ。

人間、もうちょっと右とか、もうちょっと左とか動かそうとすると、思わず顔が動いちゃうんだね。傍から見てる人も楽しめる良いゲーム。

タイマーが途中で止まって、ちょっと役立たずだけど、アプリ入れるか、百均でキッチンタイマー買えばいいだけの話だし。・・・お?それだとアナログゲームじゃなくなるのか?はは。

そういえば、「ぼどレポ 」というサイトを教えてもらった。
参加者100人を超えてるゲーム会とか、ちょっと想像できない。スゴイ。
いつか参加してみたい。すごくうるさいんだろうか。すごくエネルギッシュなんだろうか。

| | Comments (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »