« 青森ゲーマーズネスト11月例会 | Main | 第5回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会に参加しました(2回目) »

December 01, 2014

青森ゲーマーズネスト11月例会報告

タイトルはわかりやすいものがいい。

さて、本州最北端の青森県で開催しているボードゲームとウォーゲームのサークル、青森ゲーマーズネストの11月例会が、予定通り、さる11月30日に七戸南公民館で開催されましたので報告いたします。

このサークルは、2002年6月発足以来、ほぼ毎月1回づつ開催してきたので、計算上はちょうど第150回例会ということになるかもしれません。(150回もやっていたとは・・・。)

私は八戸市からの参加なので、朝7時30分頃家を出ますと、だいたい9時頃には七戸南公民館につきます。時間にしてアルバム2枚ぐらいなので、今回はMay.Jの「カバーのやつ」と、電気グルーヴの「人間と動物」を持って行きました。
(ちなみに電気グルーヴのヤツは、後半の曲になればなるほどクオリティが下がっていく感じのする音だったので、途中の信号待ちでファレル・ウィリアムズと交代しました。)

コンビニでホットコーヒーと、お昼に食べるおにぎりと、ゲーム時間中食べるお菓子(今回はおせんべいパック)を買って出発。国道は信号が多いので、信号の少ない道路を選んで走りました。おかげ9時には到着。

今日はたんさんの日ということで、たんさんのリクエストゲームをプレーする日です。事前にマストアタック(ボードシミュレーションゲーム愛好者用SNS)の青森ゲーマーズネストの掲示板ですり合わせをして、本日プレーするゲームは、(GMT)トワイライト・ストラグルとなっていました。

(GMT)トワイライト・ストラグルは私の大好きなゲームでして、今日はプレーするのが楽しみで楽しみで、年甲斐もなくウキウキしながら会場に行きました。程なくメンバー4人が集まったのですが、本日はこれ以上メンバーが来ない事が確定したので、今日の例会は4人で遊ぶことになりました。

あとのメンバー2人はなんのゲームをして遊んでも良かったのですが、私がトワイライト推しをした結果、2卓でトワイライトを立てて遊ぶことになりました。

(GMT)トワイライト・ストラグルは、ジャンルはウォーゲームになるもののルールはごく簡単で、初心者の方でも感覚でプレイすることが可能な、軽めのゲームです。1度対戦したあとで、カードの使い方をあれこれ研究すれば、「次はこうやってプレーしてみよう!」と思える面白いゲームです。(BGGのゲームランキングでは、堂々の1位を獲得しているのがこのゲームです。)

出版初期にはソ連有利でプレイバランスが悪いと言われたりしていましたが、現在のデラックスエディションでは、その辺を調整できるルールも発表されています。

私はむつのひとさんと、たんさんはハラボンさんとプレーしました。ルールの説明は10分ほど。あとはやりながらってことでプレーしました。私とプレーしたむつのひとさんは、ほんとにプレイセンスが有る方で、ルールの飲み込みも早く、宇宙開発に出遅れた私(アメリカ)は、アフリカで電撃的なスコアリングを起こされ、4ターンで負けてしまいました。あはは。

隣の卓ではまだプレーが続いていたので、もう1戦しました。今度はふたりとも経験者然とした手慣れたプレイヤーとなって、さくさくプレーすることが出来ました。さすがに今度は私(ソ連)の勝ち。2連敗したら目も当てられないところでしたが、ようやくの面目躍如といったところです。このゲームの面白さが、むつのひとさんにも伝わってくれることを祈っています。

P1040622

P1040618

さてちょっと隙間ができたので、ここで(ゲームジャーナル)信長包囲戦をレクチャー。これも傑作ゲームで私の大好物です。むつのひとさんには、信長を担当してもらい、初期の浅井電撃戦を楽しんでもらいました。これも気に入ってくれるといいんだけど。

さて、隣の卓も勝負が着いたようだったので、ここからは4人で遊びました。ゲームはたんさんのリクエストで(ゲームジャーナル)謀略級三国志をプレー。三国志の時代に活躍した軍師になって、自分だけの秘密の勝利条件を満たした人の勝ちという、一風変わったゲーム。以前に例会でやった時は評判もよく、私も好きなゲームです。

ウォーゲームのようなふりをしていて、戦争や外交はあくまで添え物。メインは他のプレーヤーの正体を推理することです。劉備や曹操は自分の勝利条件を作り出す道具添え物でしかありません。

私は龐統やらせてもらいましたが、いきなり正体がばれないように全く関係のないことをしてゲームを遊ぶことに決めました。まずは三国志最強の漢、呂布近づき、四方八方に戦争を仕掛けます。そして戦乱の果てに呂布を滅ぼしてしまいます。次に、孫権に仕官したあと、曹操に仕官しました。先に仕官していたむつのひとさんを讒言で放逐し、その隙に曹操を滅ぼします。まさに獅子身中の虫。ザビ家に楯突くシャアみたい。

でも、その後讒言放逐したむつのひとさんが晋を建て、司馬懿仲達であったことがわかり、またなんと劉備勢力を伸ばし続けていたハラボンさんは諸葛亮であったことがわかり、中国大陸は最強軍師二人に飲み込まれていきました。結果は漢中に晋を伸長させた司馬懿仲達ことむつのひとさんが勝利しました。(私がかき回しすぎたせいで少しゲームが間延びしてしまったかもしれません。みなさんごめんなさい。特に貂蝉ことたんさん、ごめんなさい。)

さて、ここまでプレーを終えて、午後5時でした。たんさんから「なんか軽いのがあれば・・・」というリクエストが有ったので、私が「ハイハイハイー!」と手を上げて、(コザイク王宮のささやきをプレーしました。時間切れで最後まではプレーできませんでしたが、ゲームに漂う、ハメ殺し感、カードコンボ感、トップ落とし感は抜群で、頭がウニになりながらも、必死で戦いました。こちらもむつのひとさんがトップ状態で終了しました。

ふー、たのしかった。
帰りは、駐車場でみんなと少しおしゃべりしたあと、冷たい綾鷹を飲みながら家路につきました。帰りの曲はファレル・ウィリアムズからのエド・シーランときて、ジェイソン・ムラーズと軽めでさっくり楽しかった一日を振り返りました。おじさんたちによるおじさんたちの集会おわり。


|

« 青森ゲーマーズネスト11月例会 | Main | 第5回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会に参加しました(2回目) »

Comments

トワイライト・ストラグルは良くできた面白いゲームだと思いますが、サイコロの振れ幅の比重がちょっと大きい気がします。
All or Nothingなので失敗すると凹みますね。

Posted by: トンデモブラウ | December 11, 2014 09:16 AM

宇宙開発ダイスに恵まれず、厳しい戦いでした。ダイスのせいもありますが、プレー中「何故こうなった。」と静かに考えるのもおつなもんです。

Posted by: papas | December 11, 2014 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 青森ゲーマーズネスト11月例会 | Main | 第5回北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会に参加しました(2回目) »