« (CMJ)太平洋戦史その1 | Main | 太平洋戦史 第1ターン »

September 21, 2014

太平洋戦史 第0ターン

前回よりは上達していることを祈りつつ、2回目のソロプレースタート。

初期配置、帝国海軍は
沖縄に113×3、123×2
インドシナにLAC、442×2、333×3、331×2、123
クェゼリンに112×2
トラックにLAC、2012×2、331×2、113×3、112×2
日本にLAC、123×3
あとはハワイに配置。

連合軍は、LACをポートモレスビーとサモアに置いて

ゲーム開始。

真珠湾攻撃。
空襲をするんだけど何ラウンドまでやれるんだろう。
帝国海軍の6空母は初期配置がハワイだから、空母の移動力は3ポイント残ってるという解釈なら31+コラムで3ラウンド可能なのかな。
でも、空襲の1ラウンドが終了したら、おそらく連合軍は寄港するから、実質1ラウンドしか行えないんだな。
よしやるか。

きーん。ダイス3。命中数7

ウエストバージニア、どかーん。ダイス4、撃沈。
メリーランド、ぼかーん、ダイス6、撃沈。
ペンシルベニア、どすーん、ダイス2、中破。
アリゾナ、ばかーん、ダイス1、小破。
オクラホマ、どこーん、ダイス6、撃沈
ネヴァダ、ぼーん、ダイス6、撃沈
テネシー、ばーん、ダイス6、撃沈

という訳で戦艦5隻撃沈、1隻中破、1隻小破でしたな。
(6ですぎ)

連合軍は、次のラウンドで再び空襲されるのは嫌なので、330カリフォルニアと113×2はサモアへ帰港。

続いて、マレー沖。
基地航空隊が自分の配置されているところではない、他のポイントで攻撃するのは、おそらく例外なんだろう。6-7コラムで空襲するとあるから、そのとおりに空襲だ。基地航空隊には移動力がないから、0ラウンドしか実行できないはずだが、これも例外だろう。1ラウンドは行える。

きーん。ダイス3。命中数1。

プリンスオブウェールズ、どかーん。ダイス5、撃沈。

次のラウンドはないから、レパルスもエクセターも損害を受けることはないので、シンガポールに残っていてもいいけど、どっちみち、シンガポールを攻められたときに沈められてしまうので、ここはセイロンに帰港したい気もする。どうしよう。

・・・ちょっとまて。第0ターンは「空襲」を行うだけで、「戦闘」をする訳じゃないから、そもそもラウンドとか連合軍艦艇の身の振り方とか関係ないんじゃないか。

うーん。そうかもしれない。
じゃあ、330カリフォルニアと113×2はハワイに戻して、レパルスもエクセターもそのまま残すことにしよう。

これで、第0ターン終了

|

« (CMJ)太平洋戦史その1 | Main | 太平洋戦史 第1ターン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (CMJ)太平洋戦史その1 | Main | 太平洋戦史 第1ターン »