« (CMJ)太平洋戦史 | Main | (CMJ)レニングラード包囲戦その9 »

September 01, 2014

(CMJ)レニングラード包囲戦その8

シナリオ2はこれまた、シナリオ1とは全然違うゲームですね。

第1ターンのソ連軍の戦果(といってもそれほどのものでもない)を受け止めて、第2ターンから開始されるドイツ軍の方針を決めなきゃなんないので、序盤が一番の考えどころのような気がします。両軍とも増援モリモリってわけじゃないし。

チフヴィンへ行ってくるか、レニングラードを攻めるか。

今回のソロプレイのドイツ軍は、史実を真似してチフヴィンに行くことにしましたけど、そっちに矛先(装甲)が向くと、いきなりレニングラードが解囲方向に動き出す(やるならいまじゃねーの感がモリモリ)し、南方第34軍も結構動く(といっても動けば動くほど補給切れになるんだけどね)し、でなんだか心細いことこの上ない。(ソ連軍は鬼(装甲)の居ぬ間に、なんだかやる気モリモリ)

無理を承知で遠くの町(チフヴィンは開始線から11ヘクスの彼方)まで出かけていって、ピンポンダッシュして帰ってくるとして、その間に、元々いた戦場を維持できるんだろうか。なんだかすごく不安だ。帰ってきたらグズグズになってそう。

とはいえ、ドイツ軍は点数獲らんことには勝てないしなぁ。
ひょっとして、序盤は探り合いで力をためるとか?
・・・いや、それはないんじゃないかな。だってシナリオ終盤には冬になるんだし。

攻めたくないけど攻めなきゃなんないドイツ軍。
装甲がいないところではなんだか元気が出てくるソ連軍。
あー、どっちも大変です。

第2ターン終了。まだまだ始まったばかり。全然わかりません。
S2t2e

|

« (CMJ)太平洋戦史 | Main | (CMJ)レニングラード包囲戦その9 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (CMJ)太平洋戦史 | Main | (CMJ)レニングラード包囲戦その9 »