« (CMJ)レニングラード包囲戦その10 | Main | (CMJ)太平洋戦史その1 »

September 06, 2014

(CMJ)レニングラード包囲戦その11

第3ターンのソ連軍ターンでは、北方のほとんどの部隊が補給切れのため、移動もできず戦線の穴すらふさぐこともできず、接敵もままならないという有様で、ドイツ軍の装甲を手付かずのままにしてターンを返さざるを得ませんでした。

その結果第4ターンのドイツ軍ターンには、ソ連の9個師団を壊滅させ、3個師団を包囲下とし、チフヴィン占領によって15VPを獲得し、なおもソ連軍の残りの部隊に補給を接続する見込みすら与えないまま、戦線に大穴をあけ、ソ連軍にターンが帰っていきました。

勝利得点的にはドイツ軍が勝利するためにはレニングラードを攻略しなければなりませんが、それは時間の問題のように思われます。

ということでこのソロプレイは、ここでソ連軍の敗北として打ち切りを決定。

まず第1にチフヴィンの防衛をもっとしぶとく行わないと、ソ連側は勝ち目がないのかと。
7-3軍団はレニングラード解囲に使うのではなく、北方補給線を守るために使うのかなと。
ソ連軍は冬になるまで、ドイツの装甲をフォローし続けなくてはならないのかと。

ソ連軍のセットアップが大事なのではないかと。
S2turn4gend

もう少し、やる前に予測のつけられるプレイヤーでありたいものよのう。


|

« (CMJ)レニングラード包囲戦その10 | Main | (CMJ)太平洋戦史その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (CMJ)レニングラード包囲戦その10 | Main | (CMJ)太平洋戦史その1 »