« (CMJ)レニングラード包囲戦その11 | Main | 太平洋戦史 第0ターン »

September 14, 2014

(CMJ)太平洋戦史その1

このゲームは、カードを使うゲームですし、かつ、手番を相手に回すのか、自分で取るのかを頻繁に判断することが必要なゲームのようだったので、いつものようにターンごとに相手の席に坐って1手番ずつこなしていくようにはソロプレイができないな、と思いました。

というか、ソロプレイは難しいんじゃないかなと思いました。
でも、だからといってそのまま箱にしまって、一度も遊ばずにお蔵入りだと、もったいないので、何か遊ぶ方法はないかと考えてみました。

ルールを読んで、カードの枚数が相手より多ければ主導権を取りやすい点に注目してみました。
そんで、以下のソロプレイルールを決めて遊ぶことにしました。
・相手より手札カードの枚数が多い陣営が、ほぼ一方的にプレイする。
(手札カードの枚数の少ないプレーヤーは、次にプレイをしなければ確実に負けてしまう状況以外は、パスをする。)

これだと、自分が今何をしてるか整理しやすいのでなんとなく遊べるような気がします。

という訳でソロプレイGO!
序盤の主役、帝国軍は、第0ターンに真珠湾とマレー沖をまあまあの戦果で越した後、手札のある帝国軍は、シンガポールとフィリピンを攻撃して、ボルネオを占領しました。
ここでカードを使わずにダイス振りに突入。ダイス目よく、帝国軍先手となり、ついつい真珠湾攻撃帰りの空母たちをフィリピン攻略用に派遣すると、日本ががら空きになってしまいます。ここで手札数が逆転していた米軍をプレーすると、満を持して日本本土にアメリカ空母5隻が襲来させまして、本土の基地航空隊を撃破。日本がアメリカの基地になってしまいました。

結果、帝国軍の心は折れて、帝国軍の敗北としました。
いやー、オレのソロプレイルール完成度高いわー。(いやちがう。)
つーか、絶対やらなきゃならないことをこなしたら、後はお互い主力を温存しつつ、手番を渡しあうゲームなんだと思いますので、さっさと自分のコマを全部動かしちゃダメなんだよね。

今日は基本が学べてよかったよホント。(なにをいう)

Turn1_end


(BGM)Summer Knows:The Kenny Drew Trio

|

« (CMJ)レニングラード包囲戦その11 | Main | 太平洋戦史 第0ターン »

Comments

こんなプレイができるパパスさん、えらい!

Posted by: ふなき | September 25, 2014 09:49 PM

おぉ、ほめられた。

Posted by: papas | September 26, 2014 06:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (CMJ)レニングラード包囲戦その11 | Main | 太平洋戦史 第0ターン »