« 太平洋戦史 第1ターン | Main | 北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会の衝撃 »

September 26, 2014

太平洋戦史 第2ターン

さて、第2ターン。
帝国海軍の手札はJ03、J04、J05の三枚。
このターンでフィリピンを攻略することを目標にする。

そうすると、攻略用にカード1枚取っておくとして、手札は実質2枚。
こうなってみると第1ターンでのフィリピン攻撃はまったく余計だったと痛感。
このターン、連合軍は手札が5枚になっているので、俺専用ソロルールだと、ココでパスということになるが、それだと連合軍は喜んでパスをすることになる。

両軍パスのあと、ダイスの振り合いでゾロ目がでるとは限らないが、もし出ると、フィリピン攻略にカードを2枚使うことになる。でもそれは避けたい。だから、帝国海軍はフィリピン攻略部隊を動かすことにしよう。

J04を資源で使用して、552大和、333榛名、331扶桑、331山城をフィリピンへ。

・・・ん?ちょっと待て。結局フィリピン攻略にカード2枚使うんだったら同じ事じゃないか?そうだよね。という訳で、フィリピンに移動させるのは無しにして、日本軍は、パス。

連合軍の手札は、
A03、A06、A07、A12、A15
うわー、A15の謎の反転とかエグいなぁ。ここぞの場面で使われたら、変な声出る。
連合軍は、このままいけば勝てるからな。ここは当然パス。

帝国海軍、連合軍ともに手札使用せず。
ダイスを振ると、帝国海軍1、連合軍4で、連合軍先手。

ほほう。
では連合軍は基地数を増やすことにして、
ダッチハーバーに330×3、113×3を移動。
これでダッチハーバーが基地になった。

帝国海軍は規定路線どおり、
552大和、333榛名、331扶桑、331山城をフィリピンへ。
これでカード1枚儲かったことになる。

次も帝国海軍、連合軍ともに手札使用せず。
ダイスを振ると、帝国海軍2、連合軍1で、帝国海軍先手。

帝国海軍はこのまま行けば毎ターン1点が入るから、このまま行けば第5ターンまで戦えることになる。ここで長考。
・・・だから、何もしない。ので、パス。

連合軍は西海岸からダッチハーバーへLACを再配置。これでアッツが連合軍基地になる。

次も帝国海軍、連合軍ともに手札使用せず。
ダイスを振ると、2ゾロで作戦フェイズ終了。

補給フェイズ開始。
フィリピンに20戦力あるので、これに資源としてJ04を足して帝国海軍がフィリピンを攻略。マッカーサーはアイシャルリターン。

次に再配置と帰港
帝国海軍は、フィリピン攻略部隊の331扶桑、331山城をそのままフィリピンに残し、
552大和、333榛名、333霧島、333比叡を日本へ。
シンガポールから2012龍驤をフィリピンに帰港。
トラックは、4023(翔鶴、瑞鶴)×2、LAC、331×2、113×3
シンガポールに2012(祥鳳、瑞鳳)×2、112×2、LAC
クェゼリンに112×2はそのまま。
さてトラックの部隊で何をどうするか。

連合軍は西海岸の増援をハワイに、マダガスカルの増援をセイロンに帰港。

そんで点数計算
日本5+シンガポール2+インドシナ1+トラック1+フィリピン2で合計11点
ハワイ3+サモア1+オーストラリア3+セイロン2で合計9点
で差し引き帝国海軍2点。

基地数は連合軍6、帝国海軍3で、連合軍1点。
差し引き帝国海軍1点。

第1ターンの点数は連合軍1点だったから
第2ターン終了時の点数は0点となった。

|

« 太平洋戦史 第1ターン | Main | 北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会の衝撃 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 太平洋戦史 第1ターン | Main | 北三陸アナログゲームズ電源不要ゲーム体験会の衝撃 »