« (PS)キャメルアップ | Main | (CMJ)レニングラード包囲戦 »

July 21, 2014

(GMT)Dominant Species

本作を、AGN7月例会でプレイできたので、その報告をしたいと思います。

5人でプレーしました。思っていたよりも長くはなかったです。ドミネーション(優占付き)が25回起こればゲームは終了ですから、6ターン目にはゲームは終了します。

全体の印象はとしては、ターンの開始からVP計算までにたくさんの要素があるので、各ターンごとに、「勝ってると思うんだけど・・・」とか、「うまくいくと逆転できるかも・・・」という感じで、なかなか勝負が読めない感じです。

つまり、毎ターンVP計算して、どのプレイヤーが先行しているかは把握できるんだけど、最終ターンまで勝敗がもつれる印象です。最終ターンには通常のVP計算のほかに、優占種判定によるボーナスVP(これが結構デカい)があり、さらにもう一度盤面全部対象のVP計算があるためです。

通常ターンは、とにかく1箇所でいいから、できるだけVPが大きな地形タイルの上で、優占マーカーを立てて、キューブを一番多く置くことを念頭に進めれば、そんなにひどい目には遭わないです。

が、それをやりながらも、最終ターンへ向けた優占マーカーの拡大や、ツンドラボーナス計画、餌(エレメント)を使った他種族シバき上げをコツコツ積み上げていくのが、このゲームのキモのような気がします。
そんで最後に、あれもこれもうまく切り抜けられたプレイヤーが勝利するという、実にフェアなゲームなのでありました。

ただ、ボーナスVPが、よくあるクイズ番組の「それでは最終問題は10万点です」みたいな感じなので、トップ目の人はこれを必死で防ぐ必要がありそうです。でもこれを防ぐのに掛かりっきりになると他のところがおろそかになってしまいます。まあ、トップが困るゲームは良いゲームですね。

思っていたより面白かったです。


http://boardgamegeek.com/boardgame/62219/dominant-species

|

« (PS)キャメルアップ | Main | (CMJ)レニングラード包囲戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (PS)キャメルアップ | Main | (CMJ)レニングラード包囲戦 »