« May 2014 | Main | July 2014 »

June 01, 2014

(RB)スコットランドヤード

家族と遊んだ。3回連続してプレーした。

ルールを読んでコンポーネントを眺めただけの印象は、
「こんなに広いのに、捕まる訳ないじゃん。これは警官役はかなりモチベーションを上げていかないと、退屈なゲームになりそうだ。・・・古いゲームだし、まあ、素朴なところは仕方無いか・・・。」
というものだった。
なので、ミスターX役は、一番年の子どもにやらせて、大人は警官役でやることにした。

結果、4ターン目で逮捕、終了。
子ども曰く、
「あんま、逃げらんなかった。」

ルールも不慣れな1ゲーム目だし、こんなに早く捕まるのは、特別だよ。というと、今度は私がミスターXをすることに。よっしゃ任せとけ、とばかりに再戦。

結果、またもや4ターン目で逮捕。あれぇ?
うーん、勝手に追い詰められてしまった。
不運?

わかったぞ!と小学生が叫んで、ミスターX役に立候補。
「今度は逃げ切ってみせる」と豪語する彼に引っ張られて3戦目。

結果、14ターン目で逮捕。
フェリーを使った巧妙な逃走劇だったが、同じところをグルグルとタクシーで回っているところを、たまたま警官と鉢合わせとなり、逮捕されていた。

という訳で、ゲームを遊んでみたら、ミスターXは結構な確率で逮捕されることがわかった。
そうなると、ゲーム時間も短い。
しかも、プレー中みんなのスキルがめきめきと上がり、よりゲームが面白くなってきた。

うーむ、なかなか楽しかった。
ホント、ゲームはプレーしてみないとわかんないもんだ。

| | Comments (7)

« May 2014 | Main | July 2014 »