« July 2013 | Main | May 2014 »

April 26, 2014

今月買ったゲーム

なんか、まとまった話は書けないけど、放置しとくのもなんだかなって思ったりしたので、最近の出来事を記録してみる。

近所に本ツタヤができた。
子どもと一緒に出かけてみると、レンタルはもちろん、本や文房具、ゲームソフトや喫茶店、輸入食材のコーナーもあって結構デカい。ついでに、TCGのコーナーに、ひっそりとボードゲームのコーナーがあったりして、ちょっと驚く。

見かけたゲームは、グリード、ノイ、タシュカラール、グリモリア、大家はつらいよ、クトゥルフフラックス、ワードバスケット、ドミニオン海賊、ドミニオンギルド、キングオブトーキョー、ブロッカーズ、花火、クク、シェフィ、ドブルなど。
TCGのコーナーには、マジックも1枚売りしていて、ちょっとうれしかったりした。

値段だけ考えると、駿河屋で買ったほうが安いんだけど、ご祝儀にグリードと大家はつらいよを買って帰宅。

あのコーナーもいつまであるんだろうか。私の住んでるところは、まあ、悪く言うつもりはないけど、
「ちょっと値段はするけど、変わったものやおしゃれな店」は、すぐ無くなってしまう土地柄だ。
その辺を警戒してか、2年前までスタバも出店も無かったくらいだ。(それまでは、高級コーヒーといえば隣町のタリーズだった)

だから、ボードゲームのコーナーも3ヶ月程度の命だろう。(あと、輸入食材コーナーも、自販機が置かれて「お客様くつろぎ」コーナーに変わるのは時間の問題だ。)

ここんとこ、毎月ボードゲームを買っている。
私がゲーム買う基準は、「プレーできるかどうか」が一番大きい。
だから、暇なときに何時でもできるマジックオンラインが主になる。次が、子どもと遊ぶためのデュエルマスターズ。そんで3番目に、家族でやるボードゲームを購入するという順番になる。
家族でやるのでルールが単純で、モチーフも複雑でないものになるから、半年前ぐらいからドイツ年間ゲーム賞受賞作を買っている。

今のところ、2013年の花火 (Hanabi)から、2007年のズーロレット (Zooloretto)まで遡って購入して来た。
次は2006年の郵便馬車 (Thurn und Taxis)ということになるが、このゲームについては、あまり面白いというレビューを読んだことがない。
大賞作だし、つまらないことはないと思うが、あまりパッとしないのなら、別なものにしようと思う。

というわけで今月買ったゲームは、2005年 ナイアガラ (Niagara)。見るからに楽しそうだ。レビューの評判も上場だ。超期待している。

これで、2000年以降の受賞作のうち、未入手なのは、2006年 郵便馬車 (Thurn und Taxis)、2003年 アルハンブラ (Alhambra)、2002年 ヴィラパレッティ (Villa Paletti)、2000年 トーレス (Torres)の4作品のみとなった。

SLG系はプレー率がとても低いので、最近は買っていない。GMTのCOINシリーズを入手したのが最後かな。
Cuba Libreの和訳が最近アップされたので(ありがたやありがたや)、これを読んでみたいと思ってるけど、プレーするとしてもソロになるだろうな。ソロプレイとなると、マジックオンラインや読書、DVDと競合するので、これもまたプレイ率が下がってしまうのだけど。

たくさんはいらないから、超絶ハマるSLGが欲しいなぁ。ミニゲームじゃなくていい。紙でなくてもいい。トワイライトストラグル短縮版・オンラインみたいな。まあ、本家は話が消えちゃったみたいだけどね。

| | Comments (0)

« July 2013 | Main | May 2014 »