« (GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その1 | Main | (GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その3 »

July 14, 2013

(GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その2

VASSALオンラインで見学したら、プレイングの早さに圧倒される。
1カードプレイに10~30秒くらい。
シャバは流れが激流に近いくらい速いってことに驚いた。

これは、いきなり接続しても、操作でモタモタ、プレイングはヘロヘロで
「Are you Greek?」とか、
「Newbie? : ( 」とか、
「u slooooooow」とか、
「zzz」とか、
ヤなこと言われて通信切断されるパターン。

「初めてなんだから仕方ないじゃん、お前だって最初はモタモタだっただろ!」
と言いたいところだが、ま、相手はそんなのお構いなし。
「So what?」ってなもんですよ。
「ゲームがしたけりゃ、さっさとプレーできるようになりなよ。」
ってことでしょう。

こういうのはMagic Onlineでは良くあったパターンです。
インターフェイスやゲームのルールに慣れないうちは、
プレーするたびに、皮肉いわれまくりの、暴言吐かれまくりで、
のろのろプレイして、間違えてこっちが勝ったりした日にゃあ、
「お前のノロノロプレイで時間を無駄にした。Fxxk」
とか言われることもしばしば。(ま、Magic Onlineは、ガキも多いせいか、ガラが悪い。)

これは、VASSALでも考えられるので、インターフェイスを理解しとくに越したことはない。
という訳でここからは、一歩一歩行きますか。

なんか、TSDXのモジュールはソロプレイできないらしいんだけど、だからって基本的な動かし方も判んないでいきなり対戦もつらいので、その辺はわかりつつ、「新規ゲームをオフラインで開始」にチェックして立ち上げる。
すると初期配置はどれにする?ときかれる。

CCWのオプションカードなし
CCWのオプションカードあり
スタンダードのオプションカードなし
スタンダードのオプションカードあり
のどれにする?ってヤツだ。

CCWは中国内戦ルールを使うかどうかを聞かれてる。
中国内戦ルールを選択すると、中国カードはデッキの横に置かれてのスタートとなる。
スタンダードは中国内戦ルールを使用せず、中国カードはUSSR側が保持している状態

ここはいろんな要素全部のっけで、CCWのオプションカードありにしてスタートしてみる。
いまここ

|

« (GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その1 | Main | (GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その1 | Main | (GMT)Twilight StruggleをVASSALでプレーしたい試み実況その3 »