« January 2013 | Main | March 2013 »

February 25, 2013

思いあぐねているうちに

えー、こんばんは。パパスです。
思いあぐねているうちに、給料日が来てしまいましたので、早速ゲームを買うことにしました。
前回、記事を書いたときにいろいろお勧めいただいた中から、今回は
(メビウスゲームズ/Zoch)カリマンボーを購入することにしました。

今週末も家族とゲームをやりましたが、(私の所持しているゲームのうちでは)新作の「ピクトマニア」と「ぴっぐテン」には残念ながらリクエストが入らず、なぜかココにきての「ディクシット」2連戦となりました。
だんだんみんな、カードの絵柄を覚えてきまして、語り部となったときのコツが判って来たようで、結構点数を稼げるようになってきました。という訳でこちらは好評のうちに2連戦を終えました。

気をよくして、別のゲームのリクエストを募ると、「ねことねずみの大レース」に人気が集まったので、コレを2ゲームほどプレイ。1ゲーム目は、他の家族のネズミの足が早くて、私のネズミはだいぶ出遅れてしまい、猫に自分のネズミをずいぶん食べられてしまいました。

2ゲーム目は、ダイス目もよく、私のゲーム展開は順調で、きれいに2匹ほどゴールすることが出来ました。

が、2ゲーム目の途中、8歳長男のネズミ3匹が団子になっているところを、猫に追い詰められてしまい、
「どーしよう!次に猫の目がでたら、僕のネズミ、3匹全部食べられちゃうよ!さっきも1匹食べられたから、僕もう3匹しかいないんだ。だから、おばあちゃん、猫の目だけは出さないでね、お願いだよ!」と懇願し、

祖母も「わかったわかった、猫は出さないから安心しとけ」と請合ったものの、孫を泣かしてなるものかと気合一閃、次の祖母の一振りはなんと「猫」。長男のネズミは3匹いっぺんに一網打尽にされてしまいました。

長男は、あまりの出来事に、テーブルに突っ伏したまま動かなくなり、祖母も慌てて「あ!・・・ゴメンゴメンゴメン」と謝り続けておりました。ダイスだから、祖母のせいじゃないよと言ったんですが、まー、そうは言っても、なんともお互いに気の毒なことになってしまいました。

ずっと祖母は謝りながら、孫が顔を上げるまで、背中をさすっておりました。

たぶん今回のことがトラウマになって、しばらく「ねことねずみの大レース」は動かないでしょうから、「カリマンボー」は空気が変わって良いアイテムになると思います。

さて、ファミリーゲームは決まったものの、SLGの方は決まっていません。
どっちかって言うと、先月買ったので「今月は見送り」ってのが濃厚なんですが、旬な作品を見逃さないように情報収集だけはしています。

●コマンドマガジン第109号『ルントシュテットの戦い』 3,780円
リプレイがちらほら。今のところ評判はいいかも。○

●WG日本史第16号 会津戊辰戦争 2,940円
リプレイからするとちょっと大味なゲームなのかな。△

●ウォーゲームハンドブック2012 2,520円
ルールがちょっと・・・なカンジらしい。からパス

ココにきて、あれこれ新作のニュースもあって、

●SLGamer vol.8 トブルク強襲1942 800円
これも評判良いらしいんだよね。安いし。◎

●We Shall Fight on the Marne 2400円
The Last StandのSuzukiさんから。コレも面白そうなんだよね。
第1次大戦の西部戦線は主戦場だし。3月以降発売かな。

●アフリカ!
大阪ゲムマ以降発売かな。モノとしてのクオリティは高いかも。
ユニットがかっこいいんだよね。幾らなんだろ?

| | Comments (7)

February 23, 2013

カードスタンドを自作

えーとカードスタンドを自作しましたので、記念に写真をアップ。

Card_stand1

横においてあるのは、AtO誌についてきたポストカード大のゲーム。
長男がゲームをするとき、カードを持てずに困っていたので作ってみました。

Card_stand2

こんなもんかな?
んで、ついでに調子に乗って、4つ作りました。

Card_stand3

つなぐと、たくさん置けるスタンドになります。

Card_stand4

裏返すと、握り寿司が置けます。

Card_stand5

えーと、地元のホームセンター「サンデー」に行きますと、端材を1袋に詰放題で300円で売ってまして、コレを買い込んで、適当に木工用ボンドでくっつけただけです。実は端材はこれ以外にも大量に余っていて、カードスタンド一個アタリの原価は、50円くらいですかね。

カッコは悪いけど、機能重視です。

| | Comments (0)

February 19, 2013

給料日まで思いあぐねる趣味

毎月給料日が近づくたびに、今月はどのゲームを買おうかと、ウキウキする。
私の場合、ゲームするのは家族とプレーするのが一番多いから、今月はこっち方面を1つ2つ買おうかな。
次にもう10年以上も続けているシミュレーションゲームのサークルがあるので、こっちの方で試してみたいアイテムが有ればそれも欲しい。

さて、世間の事情はどんな感じだろうかと見回すと、

ファミリーゲーム新作系
●花火 1,570円 2-5人 25分
(値段も手ごろだが、少し難しそう?でも協力ゲームは持ってないから、良いかも。)

●アンドロイド:ネットランナー 2人 60分 4,800円
(二人用か・・・。14歳以上って書いてるってことは、もう、ゲーマーズゲームってことだよね。そして入手難)

●蟻の国 2-4人 75分 6,000円 
(1ゲーム2時間以上はウチの家族には重すぎる。そして値が高い。4人まで、こりゃNGだね。)

●テラミスティカ 5Pまでで2時間30分 9800円
(うわ、高っ!どんなに面白くても、家族で1ゲーム2時間30分は超無理。)

ファミリーゲーム系非新作
●カフェインターナショナル 2‐4人 40分 3,200円
(プレイ時間、値段はまあまあ。大賞受賞作だし、パンチは無いけど、持っていても腐らないかな。ただプレイヤー4人までなのがネック。うちは5~6人がちょうどいい)

●ギフトトラップ 3‐8人、60分 4,200円  
(お値段はちょっとしたもんだが、1時間で終わり、みんなと話しながら楽しめそう。)

●ディクシット2 3‐6人 30分 
(なぜか、ディクシットは8歳長男と74歳祖母がファンなんですよね。)

家族の中で新しいゲームを説明した時に一番「ピン」ときにくいのは、祖母と祖父でありまして、彼らに説明してゲームになるものというと・・・、
やっぱりギフトトラップと花火かな?いや、でも、カフェインターナショナルは品薄だから、こっちを先にした方が良いかなぁ。
でも、先月買った「ピクトマニア」も「ぴっぐテン」も遊びつくした感がまだ無いから、今月はこっち系ゲームを買わずに済ますという手もあるなぁ。うーん。

さてサークル用のSLG関連ゲームのうち、新作からは

●WG日本史第16号 会津戊辰戦争 2,940円 2人 60-90分 ルール4P 駒80個
(既出のシステムなんだよね。テーマが違うだけだから、厳密にいうと新作って訳じゃないんだよね。とはいうものの、ルールも短めで、プレー時間も短時間なのは例会でもソロでもセットしやすい。)

●コマンドマガジン第109号『ルントシュテットの戦い』『オデッサ攻防戦』 3,780円 ルール8P(ルント) 駒64個
(ルールは短めで、プレー時間も短時間。でもオデッサは持ってるんだよね。だからちょっと割高感。)

●ゲームジャーナル46号 謙信上洛 3780円 2人 3~6時間 252駒
(ちょっとしたボリュームがある。ツクダのゲームの再販らしい。これは評判が良いとか悪いとか知っている人が多そうだから聞いてみよう。そういう意味では、なんかお買い得な一品なのか?コレも厳密には新作とはいえないよね。)

●World at War#28 Green Hell: Burma「サーズデイ作戦: ウインゲートの最期」「アドミン・ボックス: Z作戦」 3,990円 2人 英文16頁 各ゲーム2時間
(ビルマ戦は良く知らない。加えてWaW誌は買ったこと無いし、余りにも分からなくて、逆にどんなもんだろうと興味が湧くものの、たぶん1回以上はプレーしないと思うのでパス。)

●MODERN WAR #3 Somali Pirates 3,990円 2人 英文16頁 3時間以上 駒176個
(うーん、仮想・非対称戦 3時間以上とくれば、ワタクシ的には、これは確実にお蔵入りコースでしょう。今回、MW誌は見送り。)

旧作からは
●ドミナント スピーシーズ(3刷) 7,180円 2‐6人 3時間 和文16頁
(値段、たっかっ!でも、こいつは度々卓が立ちそうな気がするんだよね。「コンクエスト オブ パラダイス」みたいにはならないんじゃないかと・・・。GEEKでも評判いいし。欲しいなあ。・・・でも高い。)

●ウォーゲームハンドブック2012 2,520円 和文4P 駒20個
(お安い。そして日本軍必敗なのだという。この「必敗」とかいう言葉を聴くと何故か買って試してみたくなる。そんで、ホントに必敗だと、捨てたくなる。)

●シックス・アングルズ14号 ベアズクロウ 5,460円 駒264個 2‐3時間 
(シックスアングルズは、モノがしっかりしていて所有欲を満足させてくれるから満足度は高いんだけど、何故か、今まで一度もサークルで6Aをプレーしたことが無い。なんでだろう?このゲームは、2イン1の2作品ともハーフマップサイズで6A付録にしては軽めなので、ちょっと食指が動く。)

ここまできて、こないだ買った「数エーカーの雪原」を遊び倒してないことに気付き、さらに「トワイライトストラグル・デラックスエディション」も手付かずであることに気付く。
コレはイカンよね。せっかくお金出して買ったのに、遊ばないうちに次を買うのはツマンないことだ。
饅頭買っても食べないのはもったいない。 (・・・は?)

という訳で今月はファミゲも重ゲもパスして、来月に貯金しとくか?
いやいやいや、でも新作1つくらいはあっても・・・
新作といえば、タミヤの【新製品】 1/35ドイツIII号戦車L型ロンメル野戦指揮セット(人形6体付き)がスゴくいいかんじなんだが、コレはゲームじゃないし・・・

と、給料日まで思いあぐねるのが、一番楽しかったりする。

| | Comments (17)

February 17, 2013

(Treefrog/HJ)数エーカーの雪原4 ソロプレイ

えー、ソロプレイをしています。
ソロプレイをするとき、設定は2つくらいあります。

ひとつは、「ルール把握のためのソロプレイ」
ルールの把握のためにやってますから、どっちがどういう戦略(ゲーム終了までの見通し)で戦うかとかはまったく関係ありません。とにかくルールブックに書いてあって気になることを、片っ端から試していきます。

このゲームで言うと、セットアップしたら英軍の1アクション目は「地域への入植」、2アクション目は「地域の発展」。そんで、返しの仏軍ターンは「地域の包囲」と「包囲戦への増援」とか、ほとんどルールブックの目次に沿って、次々に試していきます。

機械的にこなしていくので、あまり考えることなく、ゲームはどんどん進んでいきます。どはいうものの、ルール一つ一つをこなしていくと、ゲームの中でのルールのつながりが見えてきて面白くなってきます。

たとえば、ディスクを設置して、奇襲で除去られたとき、四角コマがないとダメージが大きいとか、包囲にかかると、地域カードが包囲戦パイルに拘束されて、他の動きが鈍くなるとか、ですね。

加えて、全部自分でしでかしたことなのに、盤上は自分ではまったく予想していなかった動きになることが多く、面白いです。「うわー、これ、どーなっちゃったの?」みたいな。

ただ、まあ、このソロプレイによってゲームに対する戦略眼が養われるようなことは無いので、過度の期待は禁物ですよね。所詮ルール把握用のソロプレイですから。

さてこうやってルールを一通り把握したら今度はもうひとつの「ゲームを出来るだけ早く終わらすソロプレイ」をしてみると面白いです。

対人戦の時などは、プレイする機会を大事にするあまり、思い切った戦術を取りにくいものですし、なんとなくゲームの枠の中に収まるようなプレイをしてしまいがちなのですが、ソロプレイではそんなこと必要ありませんから、思いっきり偏ってプレイすることが出来ます。

とにかく序盤からせめてせめて攻めまくり、最短距離でサドンデスを狙うフランス軍とか、包囲戦には、ものすごく消極的で、ひたすら地域への拡大を図り続けるイギリス軍とか。(いまここ)

コレもまた、やればやったで発見が多いです。でも、こうした発見って、そのゲームにおけるトリビアの一つになっちゃっうケースが多くて、ゲームが上手くなるってことにはあまり関係が無かったりする。

ここまで書いてきて思ったけど、そのゲームを楽しむためにはそのゲームで上手くならなくてはいけないんだろうか?もちろんそういう楽しみ方もあるだろうが、そればっかりでもない気もするなあ。

| | Comments (4)

February 11, 2013

新しいゲームタイトルに挑戦することについて

AGNの2月例会でいろいろのおしゃべりした中で、自分なりに考えたことをメモしておこうと思った。
世の中にはすでに傑作ゲームというのは存在しますよね。

とっつきやすく盛り上がり、何戦プレイしても展開が多彩で飽きさせず、ファンが多くて対戦相手にも困らない・・・
良いことずくめだし、ユーザーとしてはどうせなら「当たり」のゲームで楽しい時間を過ごしたいと思う。こうしたゲームを入手して、思いっきり楽しむことは有意義だと感じる。名作の味わいってヤツですか。

一方で隔月や季刊で新作ゲームが出版される。この他にも各メーカーから新作が送り出されてくる。私なんかがコメントするのも非常に恐縮ですけど、まあ、玉石混交ってところでしょう。どれが石でどれが玉か、ゲームはプレーしてみなくちゃ、面白さは判らない。ところが、結構なペースで出版されるゲームを全部プレーして面白いかどうかを判断することは、できなくはないけど、とても難しい。

という訳でゲームのレビュー情報をあちこちで捜すことになる。ゲームのレビュー記事はよく読むほうだ。
人気のあるレビュワーの記事は影響力があり、場合によっては中古ゲームのオークションの値段にまで影響したりする(SLGではほとんどないが、ボードゲームでは結構ある話かも。)ほどだ。誰かが強く推しているものには、魅力があるものだと思えるし、プレイしてみようというきっかけにもなる。

「人気のレビュワーの記事って、その記事自体が面白いから、ついつい読んじゃって、自分もそのゲームが気に入っちゃったって気になったりするけど、実際そのゲームをプレーしてみると、実は自分の好みと違ってたりするから、なかなか鵜呑みに出来ないよね。」というおしゃべりを最近した。
自分もホントにそう思っているところだったから、力強く「そう、そう」と答えた。

自分にとっての名作って何だろう。自分に対する面白さバリューが最大のゲームを、的確にいち早く見つけるためにはどうしたらいいのだろう。それとも、もはやそうした名作には出会ってしまったので、これから先は出会うことがないのだろうか?アレックス・ランドルフはもう逝ってしまったから?

そういう結論だと寂しいなぁ。

たとえば、新しいゲームタイトルに挑戦したとき、どうしようもなくつまらなかったりしたときのことを思い浮かべよう。・・・ゲームは最終番に差し掛かり、後は得点計算だけが待っているとして、ゲームの参加者の頭に思い浮かんでいるのは、「このゲーム、どうすれば、面白くプレーできたのだろうか?」ということであり、「・・・いやしかし、どうやっても、コレは駄目なのでは・・・」ということであったとする。

すると、やがてゲームが終わって感じる、変な安堵感がやってくる。思ったよりつまらなかったゲームに対する苦笑い。一緒にプレーしたプレイヤー同士による、あまり前向きではない共通理解。ゲームはつまんなかったかもしれないが、こうした雰囲気は、意外に面白かったりする。仲間内の秘密がひとつ増えたような感じ。1拍おいてから笑うカンジに似ている。

こうしたカンジは、新作を試したりすることでしか味わえない。独特なカンジ。また、ゲームを一つ多く味わったという満足感。セッション自体を楽しむとするなら、ゲームを選ぶ必要はないのではないか?とも思えてくる。いや、まあ、でも、さすがに、セッションで挑んだ新作ゲームが軒並みお寒いゲームばかりだと、セッション自体の存在価値にまで考察が働いてしまうのは否めないけど。

大御所には安心感があるし、新人には初々しさがある。
という、とりとめのない話。

| | Comments (3)

February 10, 2013

Deluxe Edition の7枚のカード

えー、本日(GMT)Twilight Struggle Deluxe Edition を入手しました!
わーいわーい。

えー、今後少しづつイジりつつ楽しんでいく予定ですが、まずは、DX版の7枚の追加カードについて、カードの題名だけでもお知らせしときます。
(ネタ的には、今頃何いってんの?って感じの情報ですが、自分へのメモ的には必要なもんで)

104 The Cambridge Five
105 Special Relationship
106 NORAD
107 Che
108 Our Man In Tehran
109 Yuri And Samantha
110 AWACS Sale To Saudis

あとBGGのページにデラックス版の日本語ルールがアップされてます(Filesの中) ので、これも、いまさら感満載の情報ですが、一応メモしておきます。

| | Comments (0)

February 08, 2013

青森ゲーマーズネスト2月例会

2013年2月10日(日)午前9時から午後6時まで、青森県七戸南公民館において、青森ゲーマーズネスト2月例会が開催されます。2月のお題シミュレーションゲームは、GJ4号「激闘!マンシュタイン軍集団」。現在3名が出席予定。ご興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

| | Comments (0)

February 03, 2013

(Treefrog/HJ)数エーカーの雪原3

ルールブックを読んでいます。
ルールには、「地域カードは英軍と仏軍は同じではありません。」と書いてあります。
陣営によって非対称ですよということでしょう。

どうも、仏軍の地域カードに比べて英軍のそれは選択肢が多いようです。

という訳で、それぞれの地域カードをマップと照らし合わせて、各軍が行ける場所を調べてみると、
仏軍は海を回らないとボストンにいけないし、アルバニーを通らないとニューヨークを攻められないようです。
しかも、英軍の根拠地諸都市(ニューヨーク以南)には手が出せません。
もちろん、インディアンを用いて奇襲をかけることはできますが、それも砦を築かれてしまうまでのことでしょうね。
マップ上の道が繋がっている様子を見ると、攻め方の選択肢は複数ありそうに誤解しますが、そうではないんですね。

一方、英軍はほとんど、どこまでも行けます。陸路でも海路でも仏軍本拠地に攻め込むことが出来そうです。
行こうと思えば、ちゃんとデトロイトのカードも用意されてますから、可能です。
でも、乗り物カードのほうがうまく出なくて、なかなか動きづらいってことになるのかもしれません。

ふむ。対戦経験の無い方が英軍を担当したほうがよさそうですね。

| | Comments (1)

February 02, 2013

(Treefrog/HJ)数エーカーの雪原 2

入手したものは、外箱に「Second Edition」とあり、和訳にも「初版」とのルール変更が述べられていることから、ゲームをするときは、初版か第2版かを確認する必要がありそうだ。

変更点は以下のとおり。
・「本国の支援」カードの効果適用の変更。
・「Reserve」スペースに「Location」カードは置けない。
・「奇襲」効果の変更。
・仏「川船」は使わない。

エラッタとかで既に出てた修正点なのかな?

| | Comments (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »