« MTGO ISD DRAFT19 | Main | 戦火の果て 上・下 デイヴィッド・L・ロビンズ »

December 07, 2011

MTGO ISD DRAFT20

SWISS10連戦が終わって、後半調子が上がり気味だったので、
4-3-2-2に出場。

ピック譜(CTRL+実行)

デッキ

《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》 1
《銀筋毛の狐/Silverchase Fox(ISD)》 1
《アヴァシン教の僧侶/Avacynian Priest(ISD)》 1
《修道院の若者/Cloistered Youth(ISD)》 1
《暗茂みの狼/Darkthicket Wolf(ISD)》 2
《礼拝堂の霊/Chapel Geist(ISD)》 1
《声無き霊魂/Voiceless Spirit(ISD)》 2
《夜明けのレインジャー/Daybreak Ranger(ISD)》 1
《忌まわしきものの処刑者/Slayer of the Wicked(ISD)》 1
《スレイベンの歩哨/Thraben Sentry(ISD)》 1
《もつれ樹/Lumberknot(ISD)》 1
《灰毛ののけ者/Grizzled Outcasts(ISD)》 1
《霊捕らえの装置/Geistcatcher's Rig(ISD)》 1

《捕食/Prey Upon(ISD)》 1
《猛火の松明/Blazing Torch(ISD)》 1
《勇壮の時/Moment of Heroism(ISD)》 1
《信仰の縛め/Bonds of Faith(ISD)》 1
《旅の準備/Travel Preparations(ISD)》の 1
《蜘蛛の掌握/Spidery Grasp(ISD)》の 1
《叱責/Rebuke(ISD)》 1
《神聖なる報い/Divine Reckoning(ISD)》 1

森 8
平地 8
山 1

 神聖なる報いってレアカードだ。しかも除去だから取りたくなるけど、自分が1体、相手が1体残るから、実は使ってみると、あんまり嬉しくない。でも、今回のデッキは白緑だったから、デッキに入れた。もつれ樹も入れたし。

 でも、ハンドに神聖なる報いだけが有ってもなかなか打てない。なかなか打てない除去は必要以上に悔しい。
 ほとんど人間が流れてこないので、他にも緑白がいるなぁと分かりつつ、取れてる除去に引っ張られ、しょうが無いかなって感じで白緑をピック。バイパーと帰化とクリーチャー装備品を取り逃したのが痛かった。
 他は赤が妙に空いている感じで、赤緑も魅力的だったかも。

1戦目
対GU 
1G 緑青は蜘蛛の発生のしるし。初動は墓地に落とす展開だから、序盤は怖くない。
 これが赤だったりすると、新生子や鉄鍛冶がホント嫌なんだけども、今回は銀筋毛だして、ほっと一息。
 でも相手は助手からの巡礼者。マナが加速してるなぁと思ってたら、スカーブの大巨人降臨。
 「うあー、出すのはえーな」と思いつつ、「これ以上のデカイのは出ないのでは?」と思ったので、忌まわしきものの処刑者で処分。相手はちょっとしょんぼり。

 なかなか相手が飛ばないので、礼拝堂と声なしを展開させて相手を6まで削る。
 すると相手はゾンバー蜘蛛。「これは、飛ばないデッキか。そろそろ蜘蛛の発生だな?」と思った通り相手が蜘蛛の発生。こっちの飛行が沈黙。ずらっと並ぶ蜘蛛。
 これは駄目か?と思いつつ、こっちもあれこれクリーチャーを展開。相手には及ばないが、アタックしてきても何とかなる展開へ持っていく。

 相手は蜘蛛のFB用の黒が出ないので、青のルーターで堀りにかかる。しばらく掘ったら沼が出て、蜘蛛FB。蜘蛛が倍に。でもよくよく計算すると相手がフルアタックでも、1ターンではオレのライフを削りきれない。 

 「緑か青に全体強化って有ったか?全体弱化はあるけど、強化は無いよな。」
 そこで相手のライブラリに注目すると、あと2枚。掘り過ぎ。「うっし、ここは我慢」と割り切って、防御に徹する。相手は半分だけがアタックしてきたが、叱責で1体飛ばして、返しにクリーチャー1体を展開。これで決着。勝った。
 このゲームは面白かった。

2G タッパーで防御態勢を固めるも、相手に閉所恐怖症打たれて、倒れっぱなしに。その後相手のエストワルド狼に包丁ついて終わり。せめて、うちの銀筋毛を引きたかった。接死か帰化をピックしておけばよかった・・・。青除去はエンチャントなんだから、緊急の除霊をサイドインするのを忘れた。うーん反省。
ISDでは、突破用アーティファクトが結構あるので、対策が無いと酷い目に会うなぁ。

3G こちらダブマリ。もー、3G目でのマリガンって萎える。
 今回もやっぱりエストワルド狼に包丁ついて、さらに翼もついて、終わり。ハンドに神聖なる報い&もつれ樹コンビは有ったものの、お互いのダブルシンボルが祟って、仕掛けられず。残念。
 帰化とか遺恨て、そんなに早めにピックしないから、卓で何枚あるか数えておこう。アーティファクトが強いか弱いかが分かるかも。
 あと、狼男が翼で飛ぶと手に負えない。除去しても、次の人狼が飛ぶし。

というわけで結果は1没。

|

« MTGO ISD DRAFT19 | Main | 戦火の果て 上・下 デイヴィッド・L・ロビンズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« MTGO ISD DRAFT19 | Main | 戦火の果て 上・下 デイヴィッド・L・ロビンズ »