« MTGO ISD DRAFT6 | Main | DOMINION ONLINE »

November 14, 2011

MTGO ISD DRAFT7

次にプレイングについて
最初のハンドの理想形とはなにか?
まあ、色んなデッキが有るので色んなハンドが有りますが、
そうはいっても、土地が多いだの、ボムが引けないだの文句ばっかり言ってる俺は、
作ったデッキもさることながら、そもそも最初のハンドのキープ判断に問題が有るのではないか?
と思う訳ですよ。

ハンドはデッキから紡ぎだされる訳で、デッキの形が特殊だとハンドもまあ、それなりに工夫が必要なんだけども、
一般的に、土地17枚 クリーチャー15枚 呪文8枚なんて言われてる。
これで組んだビートダウンデッキだと、ハンドには確率的に
土地3枚、クリーチャー2~3枚 呪文1~2枚になるわけですねぇ。
まあ、仮に土地3枚 クリ3枚 呪文1枚としましょうか。
ここで、よく「このハンドに勝ち筋が見えるか」を見極めるとか、よくドラフト入門とかに書いて有る訳ですよ。
そうでなければ躊躇なくマリガンだ。とね。

ところで勝ち筋ってなに?
デッキに強力なボムがあれば、ボムが攻撃を開始するまで、時間を稼げるかどうか?ってことかな。
もしくは、軽量クリーチャーの展開が3ターン先まで確保されているってことかな。
まあ、そのどちらかが見えていれば、このハンドでGO!ってことになるよね。
1マナクリーチャー、2マナクリーチャー、3マナクリーチャー各1枚、色の合う土地3枚、
クリーチャーを守れて、自分も守れる呪文1枚。
こういうのが理想形かな。うーん、なんだか、はっきりしないな。

じゃあ、避けるべき手札はどんなのか。
土地なし、1枚、6枚。土地のみ。それは、・・・・マリガンだ。
キープしても唱えられる呪文が無けりゃ、マリガンするよ。
判断が難しいのは、後1枚土地が有れば、有利に展開できるかも?っていう手札はどうするか。
これは・・・キープ。
次に、後2枚土地が有れば、有利に展開できるかも?っていう手札。
これは・・・マリガン。
ここいら辺が分かれ目かな。
オレがこのゲームを物にする筋書きが浮かべば、手札キープだろうな。
それで負けたら想像力不足ってことか。
この方針で行くなら、基本後手選択と。

たいがい、対戦相手って自分が「こうならなきゃいいなぁ」て言う手を打って来るものですよね。
「クリーチャーが少ないから、除去られなきゃいいなぁ」とか思ってると、
速攻ボワワーっと《収穫の火/Harvest Pyre(ISD)》で焼かれちゃったり、
ズシンと《死の重み/Dead Weight(ISD)》を付けられちゃったり。
だから手札が心細い時は、カードの一枚一枚が確実に働くような見極めが必要ですね。
除去られる為だけにクリーチャーをプレーするなんてアホみたい。
だから、相手の手札数とマナと相談ってやつですね。

さて、俺はいつもの通り手札がひどい。そんで、いつもの通りマリガンしたとする。手札は6枚。
でもまー、これまた微妙なハンドになったとする。
さて、これはどうしよう。マリガンする?
いーや、余程酷い手札でないかぎり、マリガンしない。

だって、2回以上マリガンして、勝ったためしが無いもの。
「ちゃんとプレーすれば勝てる時もあるよ」っていうのは、どうでしょうね。
少なくとも俺については間違い。だってさ、2回マリガンして勝ったことが一度もないから。
そもそも、良い7枚手札の時だって、勝率はトーナメント参加メンバーの誰よりもよりずっと低い。
1度マリガンして駄目なら、それはもう負け確定なんですわ。あっはっは。
理由は、俺にはプレーのスキルがないから。

1本目なら途中まで土地並べて、メッセージ欄にGGって書き込んで終わり。
自分の手札から、まー適当に土地を晒して、そんで、ついてないなーと呟いて終わり。
相手に手札さらして、2本目以降のサイド対策を練られるのも癪なので。
そのかわり、相手がオレのライフをどのカードで削るのか、しっかりと見せていただくことにする。

2本目以降は考える基準が有っていい。
さっきの展開に自分のハンドで向かって行って勝てるかな?ということだ。
そこが判断基準。そもそもデッキ自体の相性が悪い時は、その時点でコンシードしてもしゃーない。
「あと、土地が2枚有って、相手があのボムを引きさえしなければ、俺はイケる!」
・・・いや、残念だけど、きっと相手はあのボムを引きまくる。
事実、そうでなかった事は今まで一度もない。
また、手の届かないところからボコボコに攻撃されて終わり。
だから、マリガン。
マリガンしても余計勝利から遠のくだけだなぁ、わかってるけど、そう思いつつ、すごーく後ろ向きでマリガン。
それでもだめなら、ダブルマリガンして、コンシード。

という訳で、
「2手足りないハンドはマリガン。ダブマリ後は死んでこい突撃。」

こいつよえー、とか、こいつあほやん、とか、こいつとあたって、オレラッキーとか。
相手は思うだろう。MOプレーヤーの10人中8人はそう思ってますね。ああ、悔しいなぁ。
でもなぁ・・・、しょうが無いんじゃないの、箸棒級に弱いんだから。

という訳で昨日は、ISD4-3-2-2で1勝負。
黒吸血鬼(《血統の守り手/Bloodline Keeper(ISD)》入り)+青ゾンビ(《死体生まれのグリムグリン/Grimgrin, Corpse-Born(ISD)》入り)
デッキで0-2。一回戦負け。
いや、だから、俺にこれ以上どうしろと?

|

« MTGO ISD DRAFT6 | Main | DOMINION ONLINE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« MTGO ISD DRAFT6 | Main | DOMINION ONLINE »