« 永遠の0(ゼロ) 百田尚樹 | Main | MTGO ISD DRAFT »

August 12, 2011

大聖堂 上・中・下 ケン・フォレット

最近、本を選ぶのにあまり時間をかけない時がある。わざと。
平積みの本から適当に選んだのが、この話。帯にはテレビドラマをNHKが放映したとの文句があるところから、売れた話なのだろう。
余談だが、帯に書かれた、この本をオススメしてる人の中に、喜国雅彦の名前があった。よりによってキクニとは・・・。「傷天」、いや、「月光の囁き」は名作だったのう・・・。

ま、そんなわけで読みました。
いやー、満喫。舞台はイギリス、物語は西暦1135年から始まります。
プランタジネット朝前夜なのだそうです。

暴力、ロマンス、別離、友情、信仰、厄災、裏切り、戦争、法廷、諦念、再会、起死回生と、まーよくもこれだけ、詰め込みました。詰め込みすぎて、3冊になるのも無理はありません。
面白いですよ。少なくとも3冊読みたくなる面白さです。

この時代のウォーゲームは寡聞にして知りませんが、ドイツゲームには、その名も「大聖堂」というゲームがあります。物語の最後に出てくるヘンリー2世ですが、かのボードワン4世はこの人の従弟なんだそうですね。ボードワン4世といえば「クルセイダーレックス」でおなじみのエルサレム王ですね。

|

« 永遠の0(ゼロ) 百田尚樹 | Main | MTGO ISD DRAFT »

Comments

ドラマは見ました。なかなかおもしろかったですね。第1回を見逃したため、いつの時代なのだろう、出てくる子供はもしかしてヘンリー2世?、でも母親ってマチルダじゃなかったっけ?などと思っていました。

太平記システムの「冬のライオン」というゲームを太平記氏からいただきました。ヘンリー2世が大人になってからのゲームですね。

Posted by: ふなきち | August 15, 2011 12:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 永遠の0(ゼロ) 百田尚樹 | Main | MTGO ISD DRAFT »