« January 2011 | Main | May 2011 »

April 04, 2011

MTGO トーナメントとカジュアル

MTGをはじめたばかりのころは、「8人ドラフト」をやっても、「スタンダード構築」に挑んでも負けが込んでいました。
今でも「8人ドラフト」の「トーナメント」は相変わらず勝てないけれど、それでも挑んでいるのは、「新しいカードを覚えるため」と、開き直ってプレーしています。
「スタンダード構築」は、高額カードを買ったこともあり、ぼちぼち「カジュアル」では勝てるようになってきました。
さて、そうなってくると今度は「構築」の「トーナメント」はどんなカンジだろうか?と思い立ち、お互い2ドルをかけてのタイマン勝負トーナメントに挑戦してみることにしました。
こちらは、カジュアルでは結構いい対戦結果を出した、「白黒騎士デッキ」を使ってプレイしました。
さて、エントリーしてみると即座に対戦相手が現れ、対戦開始。相手は「赤緑ヴァラクート」。デッキ集から丸ごとコピーしたデッキでしたが、まー、強い強い。これまで多くの実績を残してきたデッキですから当たり前ですけど。
(緑タイタンなんか高くて買えませんよ。私)。1コも勝てずに2ドルをパーにしました。
めげずに、もう一度チャレンジ。すると今度の相手は「青白石鍛冶鷹デッキ」。何枚か違うカードはあったものの、これもデッキ集からのコピーデッキ。(刻みジェイスとか、ジュラとか高くて変えませんよ。私。)当たり前ですけど、また2ドルをパーにしました。
ここに至りまして、「コピーデッキでトーナメントで勝って、それのどこが面白いのか?」をちょっと考えまして。「まー、それのどこが悪いんだ的な発想から、とにかく勝ちゃ良いんだ、勝つと楽しいんだ的な発想まであるだろう」と。

まー4ドルなくしたんで、負け惜しみですけど。
トーナメントには、カジュアルとは全く違う風が吹いてるなぁと。

なんか久々にゲームで遊んでみた。

| | Comments (0)

« January 2011 | Main | May 2011 »