« Scenario2:The Railway Sailent | Main | Scenarios 3:Pinetree Knob »

April 27, 2010

Dugout&Hidden Unit

シナリオ3をプレーしようとセットアップを行っていると、防御側配置欄に
1H+1Decoy:one inside each Dugoutとかかいてある。
要は突撃兵ユニットまたは囮ユニットのどちらか1つを退避壕の中に配置しろと書いてある。

これを、今までの退避壕ヘクスのユニット配置の解釈のままだと、なんかやっぱり、どうも引っかかるんですよ。

今までのルールの解釈では、
Dugoutに配置されるユニット、ユニットの状態を「Active(表)」か「Hidden(裏)」かを、配置するプレーヤー(必然的に防御側)が、選択できる。

と解釈していたけど、やっぱりなーんか違うんではないかと。

シナリオ1にも、例えば
1Dugout with 1LMG+1R inside :0203 
とか書いてある。

インサイドってわざわざ書いてあるって事は、「退避壕の中にいる」ということを示すわけで、これは暗に(というかハッキリと?)Dugoutに配置されているユニットは、「Hidden(裏)」で配置しなさいよ、という事ではないかと思われる。

ルールの「・・・can be set up in・・・」の部分を「できる規定」のように読んでいたが、これは要するに、プレーヤーの任意で選択できるのではなく、「そういった風に配置される場合もある」という、意味ではないのかな?つまり、プレーヤーが任意で選ぶことはできないのではないかと。

そう読めばだいぶすっきりする。

まあ、すぐには結論が出そうに無いので、このルールに解釈しなおしてシナリオ3を遊んでみて、面白ければ、コッチのルールを採用することにしよう。うん、そうしよう。

|

« Scenario2:The Railway Sailent | Main | Scenarios 3:Pinetree Knob »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Scenario2:The Railway Sailent | Main | Scenarios 3:Pinetree Knob »