« (LnL)Totensonntagその2 | Main | (MMP) Shifting Sands その1 »

September 28, 2009

(GJ)入札級関ヶ原

パパスはあまり戦国モノに食指が動かないタチであるので、
GJ最新号の付録が関ヶ原をテーマにしたもの2作だったけど、
「これは、プレイまで至らないのではないか?」
と予想していました。(・・・おい、遠大計画はドコいったんだ?)

9月の例会では、おおたけさんが久々の参戦となり、
プレイ希望リストに、「信長最大の危機」と「入札級関ヶ原」が上がりました。

「信長最大の危機」は他のメンバーから名乗りが挙がったし、
自分は所持していないので、これは対戦をほかにお任せすることにしましたが、
入札級関が原は、たまたま所持していたので、一応「持って行きますよ」との
意思表示をした。

さて、意思表示をした以上、準備をしないで行くことはできないので、
ユニットを切り離し、ルールを読み始めました。
ルールブックは実質見開きA3版1枚程度で、非常にとっつきやすいです。

ゲームは大きく2つに分けることができます。
1つは入札の部分。こちらは本線をどういう展開にするか、設計図を描くようなもので、
吉川、小早川をどのように登場させるか、毛利や東軍後詰の参戦の仕方や、
そのほか両群の増援の到着時期などを決めるものです。

もう1つは本戦部分で、
挟んでポン、メイアタック、移動時スタック制限有りのオーソドックスなものです。

コンポーネントで特徴があるのが、変型判のマップで、
ハーフサイズ+クオドリサイズとなっています。
ここに、石田、小早川、毛利、池田までを収める様になっています。

「関が原参戦武将の多くがマップ上に配置されるのは気持ちがいい」と感じた次第。
第一、分かりやすいじゃないですか。
ボックス処理って、正直位置関係が分かりにくくて臨戦させてる気がしないし。

「うーん、なかなか良いんじゃないこのゲーム。」

さて、例会当日。

おおたけさんはたんさんと信長を開始しておりましたので、
いたうさんとパパスは「なんにしましょうか?」と話し合い、
これ(本作)にしましょうということで、プレイ開始。

パパスは担当陣営に思い入れがほとんど無いので、いたうさんの希望を入れて
いたうさん西軍、パパスは東軍を担当しました。

このゲームで一番難渋したのが、やっぱり入札部分で
「実は史実も展開もよく知らんし、はて?どうすればいいんだろう。」
と、途方にくれそうになりましたけど、付録のソリテアシートを参考にテキトーに入札することにしてみました。

「入札ポイントは大きいほど有利に盤上を展開できるけど、勝利条件的には不利だし、
 小さければ苦しい戦いとなりそうだが、勝利条件は楽になる。
 ということで、どっちにしようかな。パパス的には、
 グイグイ攻め立てて、大方の敵ユニットを屠っておいて、
 最後に、ありゃ? 負けちゃいました? 的な展開が好みだなぁ。」
というわけで大枚50ポイントを入札!ゲーム最大投入量です。

そして、ゲーム開始。
序盤、立花宗茂さんを来ないようにしたかったのですが、これには失敗。
島津義弘さんを動かないようにして、大砲を除去したまではよかった。
やたら足の速くなった井伊さんと松平君で、ゴリゴリと笹尾山の石田本陣まで押していきました。

しかし、中盤、
吉川は内応しないし、長曾我部は帰らないし、空弁当も効かないし、
おまけに小早川すら寝返らないという展開に。
しかも、松尾山勢の遅延も認められず、小早川が早々に山から下りてきやがって。
ようやく徳川方についた4将を飲み込んでしまう。

あー。もー、どうしてなの?という展開になったため、
「金吾許すまじ」と、家康を小早川に当てるようにヤケクソ気味に前進を開始。
おかげで家康が陣場野を外れたため、入札ポイントでは勝っていたものの、
徳川軍は1コラムシフトを手に入れそびれる始末。
ここまでくると馬鹿としか言いようが有りません。

そして終盤。
毛利が、長曾我部が、そしてあろうことか吉川までが山から下りてきて、
遅滞戦術に努めていた徳川後詰を殲滅。
東軍はなんとか石田、島津を屠り、笹尾山と天満山を占領するも、
8VPの宇喜田・小早川を屠るにいたらず、惨憺たる結果に。

最後に、いたう三成殿に入札ポイントを聞いたら、こちらも大枚50ポイント投入だったとの事。
おかげで大敗にならずに済んだものの、やはり、焦点を絞ったポイント配分でことごとく
こちらの思惑をはずした手腕は流石でした。VPにかかわらず、パパス完敗です。

盤上でどうがんばっても、入札戦の戦略がことごとく外れると、
ガックリきてしまいますね。徳川パパスは終始うな垂れながらの戦闘でした。
相手を削るか。遅らすか。無効化するか。はっきりとした戦略がないとダメみたいです。
おそらく全部を手に入れようとするのは無理がありそうです。

面白かったです。初戦の感想は、星二つです!☆☆

|

« (LnL)Totensonntagその2 | Main | (MMP) Shifting Sands その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (LnL)Totensonntagその2 | Main | (MMP) Shifting Sands その1 »