« July 2009 | Main | September 2009 »

August 30, 2009

(GMT)CombatCommander:Europe

AGN8月29日例会で初プレイでした。

最初の感想は、大味なゲームだなぁという感想。
とにかく射撃が派手で、撃てば必ずBreakできるというゲーム。
攻め手は楽しいけど、受け手は運次第じゃん。

とか話していたら、

射撃を受けた時、防御側DRにモラルを入れるのを忘れていた事が判明。

そりゃ大味にもなるよね。

そんで、修正してプレイしていたんだけど、
防御側はそれでも苦しい。
とにかくコンシールメントを握っていないと、トーチカヘクスにいても
平地にいるのとおんなじ。攻撃FPを減らすことが出来ない!
まー、カードゲームにありがちな、必要な時には手元にないパターン。

うーん・・・防御側が堅くないと運ゲーとかいわれちゃうんだよな。
とか思いつつ、自宅へ戻ってルールを復習すると、

カバー値は、防御側のモラルに無条件で加えるのね。

ということが判明。そりゃ防御側が苦しいよね。
FPをどうにかするもんだとばかり思っていたので、その記述がコンシールメントにしか
出てこないもんだから、なかなか気づきませんでした。

というわけで、ゲームをプレーし終わっての正しい感想としては、
「CC:Eは、大味なゲームでも、撃っちゃえば何とかなるゲームでもないんだなあ」
という、なんとも今後に含みを持たせるゲームだということが判明しました。

たぶん、攻撃側は6枚でも足りないくらいの攻撃準備が必要なんではないかと思う。
たとえば手榴弾2枚とか。
となると、堅い防御に、満を持しての射撃の応酬という、限りなく面白そうな予感がするのであります。
うう、悔しい。これはもう是非ともリベンジ、リベンジ。

ちょっと、トリガーがうるさい感じもしたが、煩雑ではないし、余り大きな効果も無いので、まあ許容範囲。
シナリオ3までプレイしたので、次は高度ルールを読んで次の4以降にチャレンジしたいな。

個人的には、(AtO) Into a BearTrap(1ターン2時間 1ユニット小隊規模 市街戦)のルール訳の途中だったので、ルールが少しこんがらがってしまいましたが、面白そうな感触で満足です。
この手の戦術級を手に入れて、すべてのシナリオをこなしたことが今まで皆無なので、
今度こそはこの課題にチャレンジできそうです。

ああ、ルール忘れる前に再チャレンジしたい!

Sachel


| | Comments (2)

August 23, 2009

(GMT) WAR GALLEY その3

ルールブック本文の訳が終了しました。

これから、訳語を整理して、もう一度和訳の見直し作業です。
(これがまた、神経使う・・・。)

同時並行で、直訳を日本語にするために、あちこち意訳します。
(これで、誤訳がゴロゴロ発生しちゃうんだよね・・・。)

これが終われば、テスト(ソロ)プレイで動くかどうかをチェックして、
うまく動くと感じたら、誰かを誘ってプレイしてみると、多分・・・。

「この和訳、超イミわかんねぇ」

とかいわれちゃって、モチベーションがゼロに。
そして、自らゲームをブン投げ、「じゃあ、やめようぜ」と一言。

哀れなるかな。
汝の名はパパス。
なんでまた、和訳なんてやろうと思ったか。
雉も鳴かずば撃たれまいに。

というわけで、私の訳は多分お蔵入りします。

| | Comments (2)

August 17, 2009

(GMT)WAR GALLEY その2

ルールの翻訳が意外と進んで、只今11ページ。
がんばれ俺。今回はイケルかも。

茫漠たる英文の砂漠の真ん中で思うこと、ベスト3

第1位 あと何ページ?

思うなー。ページ数覚えちゃうよなぁ。
テスト範囲の最後の方だけ、やたら気になっちゃって、
そっちの方だけ、ついつい写真記憶しちゃった学生時代を思い出すなぁ。

第2位 これ、訳して何になる?

ゲームに逃げながら、向き合ってるね。オレ。
そんな自分がカワイイ!ってなんだかオカシクなってきてるな。オレ。
結局、デビルズホースメンもプレイしなかったし。

第3位 このゲーム何回プレーすんのかな?

可能性が希望だとすれば、選択こそが現実なのさ。
夢を失ったなんて言うな、どこかへ向かって走り続けなきゃ、
生きてる証にはなんないのだ。

不思議なモンで、和訳のゴールがちらりとでも見えてくると、
今の今までハコにしか見えなかったものが、急にゲームに見えてくるから不思議だね。
(いや、最初っからゲームだったんだけどね。)

| | Comments (5)

August 09, 2009

(GMT) WAR GALLEY

本家でTSのソロをはじめるかたわら、和訳なんぞもを始めてみました。
といっても只今5ページ目ですから、まだまだ完成には時間がかかりそう。

そもそも、途中で投げ出して完成しない可能性だって高い。

投げ出す理由としては、時間がない。飽きた。ルールが更新された。日本語版が出た。
というものが多いかな。
AtOのビッグプッシュとかVVのトンキンとかGMTのシーザーインアレキサンドリアとか

途中まででも、誰かが訳したものがあれば、それを使いたいよね。
そういうデータを置いて、興味がある人同士、共有できる場所があればいいのにな。
話題作や人気作品じゃなくても、2人が分担して訳せば、時間や分量は半分になるんだし。
そしたら、もっと多くのゲームを楽しめるのにな。
SNSとかで募ればいいのかな。和訳分担して交換しませんか?とか。
でも参加人数が2000人とかになっちゃうと、これはこれで問題ありそうだね。

英文のルールブックかどこかに書いておいてくれればいいのにな。
「翻訳したら、ここに連絡してね。基本OKだし。」とか、
「英文以外の翻訳はネットに自由にアップしてもいいよ」とか。
そういうゲームは、より多くプレーされるだろう。

著作権とかそういうので難しい問題なんだろね。
分かっちゃいるけど。

| | Comments (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »