« (GMT)Twilight Struggle:FAQ1 | Main | Deluxe Edition Rules が公開されています! »

July 28, 2009

US陣営が記憶しておくと便利なこと

ソロプレイなんかをしてて、ぜーんぶ自分で仕切ってるのに、時々(てか、しょちゅう)
「あー、そうだった、このカードがあったんだった。忘れてた。」
ということがあって、がくんとソロプレイ継続意欲が落ちちゃうことがあるので、
カンペを作ってみた。以下カンペ。

EARLY WARの時、US陣営は、こんなカードを覚えておくべし。

影響力の配置について、がっかりしないために
「ルーマニア王の退位」が出る前のルーマニアに配置すると、がっかりする。
「フィデルカストロ」が出る前に、キューバに配置すると、がっかりする。
 
「ベルリン封鎖」が出るまでは3opカードを持ってないと、西ドイツでがっかりする。
 
どうせ東欧に配置するなら、「ワルシャワ条約機構」が出てからのほうがベター。
「ナセル」が出る前のエジプト。出たら半分無駄になる。

「ド・ゴール」に対してフランスの備え
「スエズ危機」に対してフランスの備え

※ドゴールもスエズも3op・イベント除去のカードだから、この辺が立て続けに出てくると、
 USSRはヨーロッパスコアリングを持っているか、もしくはサドンデスを狙ってきているか
 という方針が透けて見えてくる。 → これは、大事なポイントかも。

「朝鮮戦争」に対して、日本、台湾の支配で有利に。

※USSRがアジアスコアリングカードをもっているなら、
 南アジア固めか、「ベトナムの蜂起」あたりを使ってくるだろうから、これを見て
 どうせなら、支配しておく手もありか?でも、支配までいくと結構opを食うんだよね。
 この戦争は除去イベントなのでイベント解決後やスコアリング後は意味が希薄になるし。
 これはちょっと後回しかな。

「印パ戦争」に対して、アフガン、イランの支配で有利に。

※アフガンはともかくイランは死活問題。中東とアジアの今後の影響度配置を考えると、
 イランの支配まで行かなくとも、影響力残存確保はゲーム序盤の最優先課題かも。

「中東戦争」に対して、ヨルダン、レバノン、シリア、エジプトの支配

※MWの「イスラム革命」を考えると、レバノンがベストかな。
 でもクーデターに弱いから、慎重に行かないといけないかも。
 レバノンに3op使うなら、いっそイスラエルに回しといたほうが便利かも。
 「スエズ」対策にもなるし。

MID WAR 5ターン以降は一息つけるよ。
「イスラム革命」が出る前の、リビヤ、シリア、ヨルダン、スーダンに配置すると、がっかりする。
(イラン、イラク、エジプト、サウジアラビアはOPECに関連してるからなあ。)

「OPEC」が出る前に、湾岸諸国、ヴェネズエラの支配を防ぐとうれしい。
※イラン、イラク、エジプト、サウジアラビアはイスラム革命で排除の可能性有り。
 とはいえ、置かないわけにも・・・

「ポルトガル帝国の崩壊」に対して、アンゴラに+1、東南アフリカに+1の備え
※アフリカスコアリングで対抗されないためにも、打っておきたい手です。

「サルバドール・アジェンデ」に対してチリに+2の備え
「南アフリカ共和国での不穏」に対して南アフリカに+1の備え
「ヴィリー・ブラント」に対して西ドイツに+1の備え

「進歩のための同盟」が出る前の、メキシコ、キューバ、パナマ、ベネズエラ、
                     ブラジル、チリ、アルゼンチン 
                     が支配できると超うれしい。
※USSRにさっくり捨て札されると、涙が止まらないけれど。

「サダト大統領」に対して+1しとけば支配確定
※でも、エジプトは、ガチの戦場だからな

LATE WAR ガツーンとポーランドあたりでかましましょう!

「オルテガ」が出たらニカラグアに置いても良い。
「海兵隊宿舎への爆弾テロ」が出たらレバノンに置いても良い。
「イラン人質事件」が出たらイランに置いても良い。
※イランゲート事件だ!

「レーガンによるリビア爆撃」に対するUSSR影響力の排除

「鉄の女」に対してアルゼンチンに+1の備え

こんなもんかな。

|

« (GMT)Twilight Struggle:FAQ1 | Main | Deluxe Edition Rules が公開されています! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (GMT)Twilight Struggle:FAQ1 | Main | Deluxe Edition Rules が公開されています! »