« (萬印堂)DICETOWER | Main | (サンスター)コーナーカッター かどまる3 »

June 23, 2009

(GMT) Twilight Struggle 4 

今週の日曜日に、本作のはじめての対人戦を初対面の方と行った。
そもそも、パパスは緊張しやすい質であるのだが、今回も緊張度はうなぎのぼり。
なんてったって、初めてが2つ重なった対戦でしたからね。
普段の4倍は緊張して、雲の上を歩いているようなフワフワした心持ちのまま、
戦いのゴングは鳴ったのであった。

カッコつけて、パパスは苦しいといわれるUSを担当。
「なんとか前半をしのげれば御の字でしょう」といった感じでした。

プレイの指針として
1、前半にスコアリングカードが来たら、傷口が広がらないよう、早期にプレイする。
2、各地域に満遍なく影響力を配置するが、スコアリングの終わった地域は次のターン放置。
3、軍事作戦ポイントは必ずチェック。

地域別では
1、イタリアよりもフランス重視
2、イスラエルよりもイランに注意
3、アフガニスタン・韓国よりもベトナムに注意

緊張しすぎてフワフワしていたので詳細はほとんど記憶にないが
手持ち札の消費配分にばかり気をとられ、・・・これはヘッドライン、これは宇宙開発、これは持ち越し・・・、とかやっているうちに、朝鮮戦争で負け、中東戦争で負け、印パ戦争でも負け続け、さらには、宇宙開発にも失敗し、

「自由主義陣営の盟主はUSで良いのか?」という世界世論にノックアウトされ、
3ターン最終ラウンドでのサドンデス負け。
せめてMIDWARに突入したかったのだが、残念。目標に届かずでした。

2戦目は陣営を入れ替え、パパスはUSSR陣営を担当。
プレイの指針は
1、前半にスコアリングカードが来たら、太らせてからプレイする。
2、とにかくヨーロッパ重視。VPサドンデスがダメなら、ヨーロッパ・ウィンを指向。
3、軍事作戦ポイントは必ずチェック。

地域別では
1、ベトナム・アフガンから赤化
2、イスラエルのUS排除・エジプトからアフリカへ
3、フランスの赤化

で行ったものの、相手の絶妙な対応によって、
EARLYWAR中のサドンデス持ち込みは、難なくイナされてしまいました。
しかしながら、第3ターンまでのサドンデス勝利はできませんでしたが、その後のカード回りが良く、5ターン始めでサドンデス勝利しました。

ヨーロッパスコアリングカードが相手に2度回ってきたことや、「ポルトガル帝国崩壊」カードのすぐ後にアフリカスコアリングカードをドローできたという、あくまで「幸運」に支えられての勝利。

いやー、危ないところでした。
いずれにしても、対戦者のいたうさんには感謝です!
(また、是非ともお手合わせを願います。)

今回ゲームをやってみてわかったことは、
USSR陣営がショートゲームを指向してサドンデスを目指すのなら、第1ターンからガンガンイベントを起こしても良いけれど、攻めきれずにゲームがもつれてしまうと、MIDWAR期に、USSRマークのカードがショートして非常に苦しい展開となりそうです。
(現にUSSR担当時の第5ターンのドローカードは真っ青でした。それを見たオイラも真っ青。)

ソ連もポイントの大きい除去イベントカードは慎重に見定めて使う必要がありそうですね。

次回はロングゲームで、USSRが、どう勝ちを掴んでいくかを焦点にプレイできたら良いなと思ってます。
(その前にUS陣営の受け方を確立する必要もありますが。)

いずれにしても、ボードゲームギークにおいて、おもしろさレーティング第4位を誇る本ゲーム。
(ちなみに1位はアグリコラ、2位はプエルトリコ、3位はパワーグリッド)
現在、一番面白いと評価されているSLGといっても過言ではないと思います。

他人の評価に流されやすいパパスなのでした。

50_2


BGM Russians : Sting

|

« (萬印堂)DICETOWER | Main | (サンスター)コーナーカッター かどまる3 »

Comments

こんばんわ。最後のカードの妙訳に、ずっと腹をかかえておりました。もうサイコーです。てめぇ、は今風ですと、ごるぁ、でしょうか。

Posted by: iriyak | June 24, 2009 01:21 AM

こんばんは。iriyakさま。
笑っていただけたようで、うれしい限りです。

フルシチョフのこのフレーズはスティングのRussiansという曲の歌詞で知りました。

Mr. Krushchev said we will bury you
I don't subscribe to this point of view
It would be such an ignorant thing to do
If the Russians love their children too

と続きます。初めて聴いたときは、ソ連には、ずいぶん乱暴な人もいるもんだなぁと感じたものです。

↓はオリジナルのPVとは違いますが、音はオリジナルのままですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=9K8u_iI68Z8

Posted by: パパス | June 24, 2009 08:41 PM

Hi, I have already seen it somethere...

Posted by: Rufor | June 25, 2009 10:00 AM

Hi,Rufor

どうも、オリジナルのPVは意味がよく分からんので、こっちのほうが好きですね。

Posted by: パパス | June 25, 2009 07:00 PM

スティングの曲を紹介してもらい感謝です。

#実はスティングのファンでした。シェイプ・オブ・マイ・ハート(映画レオン)でころっです

Twilight Struggle 4 面白そうですねー。

Posted by: iriyak | June 26, 2009 12:29 AM

こんにちは。パパスです。
スティングをお好きでいらっしゃるとは、なかなか良いご趣味をしていらっしゃる。

ちなみによくゲームをする友人のS氏もスティングのファンで、Shape of my Heartはカラオケでよく歌ったりしてるのを聞いたことがあります。

Posted by: パパス | June 27, 2009 01:28 PM

先週はお世話になりました。
僕も初対面だし初ゲームだったんですごく緊張していましたが、パパスさんが良い人で非常に気持ちよく出来ました。
プレイは、いちいちカード文と睨めっこしながらだったし脳内で得点計算間違えてしまったりで、ガッカリさせはしなかったかとパパスさんには申し訳なかったです(^-^;)
プレイングや影響度の配置など、一つ一つが今思い返せばさすがと思わせる内容で参考になりました。
修行してきますので、また対戦の方をよろしくお願いします(^-^)!

Posted by: いたう | June 28, 2009 01:32 PM

こんにちは、いたうさん。
先日はお手合わせありがとうございます。

AGNの雰囲気はいかがでしたか?
気に入っていただけたらうれしいです。
マルチでトップになったりしない限りは、みんな良い人ですよ。
これからも時間を見つけて気楽にお手合わせ願います。

この間は、カード処理とポイントで頭がいっぱいで、ゲームの雰囲気を味わうところまでいけなかったのが残念です。深呼吸してもう一度プレイしたいものですね。

Posted by: パパス | June 29, 2009 06:09 PM

パパスさん、Twilight Struggle 4 対面プレイのリプレイ (AAR) をぜひまたご紹介くださいませ。読んでいて何だかワクワクしてきました。(すごーく関心がわいてきました)

Posted by: iriyak | June 29, 2009 10:53 PM

iriyakさん、こんばんは。

そうですか!Twilight Struggle気に入りそうですか!では早速GMTで入手・・・と行きたいところですが、
多分現在は絶版扱いになってると思います。

多分近いうちに再販されると思うんですけど。

というわけで、あとはオークションということになるわけですが、ここでも一つ課題があります。
じつはこのTwilight Struggleには1版と2版がありまして、1版と2版ではルールとカードが異なっています。

日本語訳はクロノノーツゲームさんにアップされているものがありますが、これは1版を訳したものです。また、カード訳も当然1版を訳したものです。
2版で遊ぶためには、GMT社のTwilight Struggleページに掲載されている、FAQ(英文)をご覧になって、差異を確認してからプレイを行う必要があります。
また、カードも1版と2版では異なりますので、ご注意ください。パパスは2版で遊んでいますが、対戦する際にはお相手と確認が必要ですね。

現在のSLGのうちで最も優れたアイテムの一つがこうした状況(絶版)なのは残念な限りですが、是非とも入手される価値はあると思います。

Twilight Struggle,War of the Ring,Hannibal:Rome VS Carthage,Paths of gloryの4つのCDSは、SLG拡大をも視野に入れつつ、絶対に日本語版を出すべきアイテムなハズなのですが、いろいろ難しいんでしょうかねぇ・・・。

Posted by: パパス | June 30, 2009 11:54 PM

パパスさん、こんにちは。

絶版になっていたとは知りませんでした。GMT 社のサイトにはよくお邪魔していたのですが・・・。

二版が今は最新であるということに留意して、私もこれからいろいろとあたってみますね!

どうもありがとうございました。

> Twilight Struggle,War of the Ring,Hannibal:Rome VS Carthage,Paths of gloryの4つのCDSは、SLG拡大をも視野に入れつつ、絶対に日本語版を出すべきアイテムなハズなのですが、いろいろ難しいんでしょうかねぇ・・・。

ですかねぇ。。

Posted by: iriyak | July 05, 2009 02:30 PM

こんばんは。iriyakさん。
お返事が遅れましてすみません。

いやー、遅れているうちにGMTのページに
なんと、Twilight Struggleのデラックス版のマップが公開されておりました。

・・・ということは再販が近そうですね。
いやー、めでたい事です!!

わたしは、あまり英語が得意でないもので、詳細まではお伝えできませんが、なにやら第2版ルールには無い選択ルールが見え隠れしておりまして、さらに面白くなりそうな予感がしますね。

Posted by: パパス | July 09, 2009 10:55 PM

こんにちは、パパスさん。

GMT 社が、こんなニューズレターを届けてくれました。

『Today we have added the following new items to our P500 list, all having to do with the upcoming Deluxe Edition of Twilight Struggle. These items will all be printed regardless of P500 totals. We are just giving you guys an option to get discounts for pre-ordering. 』

https://www.gmtgames.com/p-284-twilight-struggle-deluxe-edition.aspx

きっと我々の会話を海の向こうで耳にしたからに違いありません

>なにやら第2版ルールには無い選択ルールが見え隠れしておりまして、さらに面白くなりそうな予感がしますね。

おぉ。それはそれは。

Posted by: iriyak | July 11, 2009 04:54 PM

そうですか。
どうやら、みられていたようですね。

それにしても、regardless of P500 ですか。

もってるけど、私も買うでしょう
うふふ。

Posted by: パパス | July 12, 2009 08:09 AM

はい、気合い入っているようです :)

Posted by: iriyak | July 12, 2009 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (萬印堂)DICETOWER | Main | (サンスター)コーナーカッター かどまる3 »