« (GMT)Clash of GiantsⅡ | Main | (GJ)激突!バルジ突破作戦 »

February 03, 2009

(GJ)激闘!マンシュタイン軍集団

ちょっと間が空いてしまいましたが、その間コレのソロプレイをずっとやってました。

前回のロボジッツのソロプレイ空振りがひびいて、
「絶対に失敗しないアイテム選択を!」
というわけで、作戦級でチット引きでルールが少なくて賞獲りゲームという、
超豪華アイテムから選択した結果、コレに決定。

WWⅡ東部戦線の42年末から43年のロシア南部をあつかった本作は
多少エラッタや明確化で、戸惑いはあったものの、何とかプレイを続けることができてます。

始めた当初は、最初のターンに、ソ連軍がどこに穴を開けるかを楽しくプレイしました。
どうやら、第1親衛軍で、イタリア軍を攻撃するのがイイなぁと発見できた。

次に、ドイツ第22装甲師団をどうやって救い出すかをテーマに楽しくプレイしました。
このとき、ドイツ軍司令部の足の速さを発見し、うれしくなったりしてました。

そんでもって、ソ連軍でサターン作戦の実行を思いついたものの、
それで、ソ連軍の歩兵師団の足の遅さに驚きつつ、
移動力4と5では雲泥の差があることを実感。
ロストフの遠さを改めて感じることができました。

それならば、と小土星作戦の実行を思いつくも、ハリコフを眼中に入れていない自分を発見。
そうか、そうかと、ロソッシ-ヴァルイキ方面への進出作戦を実施、
1GA-6A-STAVKAと3連発でソ連軍チットを引き、
きれいにハンガリー軍を包囲できたところで現在に至っている。

ドイツ軍のチットばかりが残っている状況では、今度はドイツ軍のプレイも面白そうだ。

よくも悪くもチットのゲームといわれてますけど、
盤上の状況を楽しむためにやっている、ソロプレイでは、なかなか面白い。
各陣営の担当になったり、第三者になったり・・・
自分の思惑とは違うところで、目線を逸らされるというか、気づかされるというか。
単に自分がトロイだけですけど。

でも、「くわー」とか、「おおー」とか、思わず声が出ちゃうのは
それだけ、このゲームが面白いからだろうと思います。
必勝法とか攻略法とかとは違うところで楽しめる感じがス・テ・キ。

(CMJ)オンスロートとか、(CMJ)ムルマンスク41とかが次の候補に挙がってるけど、
多分プライベートがスローモーなので、当分の間は、'42-3のロシアにいることになりそうです。

あ、そうそう、お正月のミステリーchでやってた、DUNE前・中・後編をようやく見終りました。
なんだか、そんな名前のゲームが欲しくもなってたり・・・
クイザッツ・ハデラッハ!

BGM NBCs_Mystery_Movie : Henry Mancini

|

« (GMT)Clash of GiantsⅡ | Main | (GJ)激突!バルジ突破作戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« (GMT)Clash of GiantsⅡ | Main | (GJ)激突!バルジ突破作戦 »