« Solitaire Papas:ロンメルアフリカ軍団を追加しました。 | Main | Papas:ゲーム購入の巻 »

October 16, 2006

(GMT)ROME Hannibal vs. Rome

クニツィア氏作のこのゲーム、GMTではファミリーゲーム扱いですが、
実際どうなんでしょうか。

ルールブックを読んだだけですけど、シンメトリカルなコマ配置や、
完全に対等なカード配分といい、
「シミュレーションゲームじゃなかんべ」
というのは、簡単です。
でも、勝利条件からいくと、ウォーゲームであることは確かです。
曰く「敵の全滅か、敵の本拠地の占拠」
が目的ですから。

アークライト社から「謙信VS信玄」というゲームが出ましたが、
この戦闘解決システムとよく似ています。

こちらのほうは、両陣営が対等というわけではありませんし、
勝利条件ももう少し、詳しいものです。
間違いなくウォーゲーム(もしくはバトルゲーム)ですが、
こちらは「SLGかもなぁ」
って感じです。

でも、ここまで書いてみて
「まー、この際、カテゴライズなんかどうでもいいじゃん」
という感じもしてくる。

なんとか、「この」ジャンルの新規の趣味者を増やしたいと考えているうちに
こんなところまで来てしまいました。

いったい、どの世界に迎え入れれば、
このボードを使ったシミュレーションゲームとかウォーゲームとか言われるジャンルに
新規の趣味者を迎え入れたといえるのでしょうか?

たとえば、LOOKOUT社の「三頭政治の終焉」をプレイしたら、
たとえば、AH/ハスブロ社の「リスク」をプレイしたら、
たとえば、ファンタジーフライト社の「指輪戦争」をプレイしたら、
どうなんでしょう。

となると、パパスはどこに出戻ったのか?
パパスが夢中になっている「この」ゲームジャンルの
「ここ」はどこだろう?

そして
「ここ」は新規参入者が非常に稀で、少しづつ滅んでいるんだろうか?

謎は深まるが、かなりどーでもいいことでもある。
うん。

|

« Solitaire Papas:ロンメルアフリカ軍団を追加しました。 | Main | Papas:ゲーム購入の巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Solitaire Papas:ロンメルアフリカ軍団を追加しました。 | Main | Papas:ゲーム購入の巻 »