« July 2006 | Main | October 2006 »

September 16, 2006

なぜ、木製のコマなのか

いわゆるドイツゲーといわれる、様々なボードゲームには、
たいがい、木製のコマがついてくる。

この木製のコマ、初めて見たときは少々珍しかったが、
同様のゲームを何個か所持していくうちに、
コマが木製であることについて、とくに驚きもしなければ
「まあ、いつもこんなもんだよね」見たいな感じで受け取めていた。

まあ、手作り感や味わいがあっていいし、持ちやすく軽いので
伝統的にこういった作りなのだろうと、勝手に思っていた。

翻って、日本のゲームの場合はどうか。
そういえば、人生ゲームもモノポリーも社長ゲームも
大概、ビニールとかプラスチックのコマがついてくる。

これは何故か?

大量生産に向いていて、軽くてもちやすく丈夫だから・・・なのか?
それとも、日本人はいろんなものにディテールを望むため、
木では加工しにくいので化学製品を使うのか?

例えば人生ゲームのコマは自動車の形をしているが、
これも自動車のディテールにこだわったから、ビニール製のコマなのか?
それとも、おもちゃメーカーの製作受注先がそういう素材を扱うのが
得意だからなのか?

人生ゲームはもともとアメリカのゲームだ。
アメリカではどうか?

アメリカのゲームといってもっている物は少ないが、
たとえばアバロンヒルのアクシズアンドアリーズや
ファンタジーフライトの指輪戦争は軒並みプラ製コマである。

では、ボードゲームに木製コマを使う理由は何なのか?
というか、もっと言えば、
ボードゲームのうち、木製コマを使用しているものは、
あえて、なぜ、木製にしたのか?

リサイクルとか、環境にやさしいとか、実は木製廃材を利用してるんだとか
手触りがいいとか、高級感があるとか、いろいろあるだろうし
そのうちどれかが正解なのかもしれないが、
ここでパパスの考え過ぎの予想を披露すると、(たいした予想じゃないが)

「ボードゲームは誰でも作り出せる遊びだ」ということを伝えたいからではないか?

という気がしている。
そもそも、ボードゲームとは、「何もない」ところでできる遊びである。
専用のハードウェアなどは必要ないのだ。
もちろん、電気など動力源も必要ない。

だれかがルールを考え出し、
地面に棒切れでマップを書き出し、
石や木の葉や空き缶やボトルキャップを拾い集めて、
金なんか一銭も使わずに、ありふれたものだけで
専門の技術や、世界に偏在する資源を集める必要もなく、
だれでもアイデア一つで楽しくなれる。それがボードゲームじゃない?

21世紀の今、ボードゲームは商品として売られている。
が、そもそもは誰でもイカしたルールさえ思いつけば、
その辺にあるもので楽しいボードゲームはいくらでもつくれるのだ。

とすると、樹脂射出成型技術がなくても、ゲームが作れるのだ。
印刷技術がなくても、市場がなくても、メーカーでなくても、
学者でなくても、金持ちでなくでも、大人じゃなくても、
その辺に落ちている、石や木の枝でも・・・

木製のコマは、それに気付かせようとしているのではないか?

これがパパスの予想。
(今回、オチらしいオチがない。)

| | Comments (0)

September 02, 2006

Papas:遠大計画について

えー、遠大計画に従って、未プレイのゲームはいくつあるのかをカウントしてみた。
もちろん対象外の「英文のみのゲーム」も除外した。
その結果、183作あることがわかった。

183作×2週間=366週間
366週間÷52週=7年

7年ですって。

何だか「妙にリアルな数字」が出てきて、ちょっとヤな感じです。

ここで、はたと思い当たったことは、

ちょっと待て、てことは何か?計画を延長しない為には、
むこう7年間は新作を買い込むことができないってことか?

そういうことになるよね。

・・・ああ、英文のみのゲームならOKか・・・。・・・あんまし意味ないけど・・・。

でもあれか、月々2作プレイした後なら、買えるのか。
月1回はAGNのサークルで1作はプレイするだろうから、
自分で独自に取り組むのは1作だけか・・・
なら、もう1作買いこんでも、1月以内にプレイしとけば、計画に支障は出ないってことか・・・。

するって-と手っ取り早くパパパーっと1週間で4作くらいプレイしちゃうと、
2ヶ月は時間が空くってこと?
すると、わりと重めの新作も、プレーする時間が作れそうだよね。

うーん。結構、無理なく行けそうな気がしてきた。

同時に、無理なく行けそうな気がするところがなんだかヤな感じでもある。

ほんに男心はむつかしい。

| | Comments (2)

« July 2006 | Main | October 2006 »