« January 2006 | Main | March 2006 »

February 17, 2006

(GMT)The Devil's Horsemen:RulesBooklet

本日ようやくにして、TDHのルールブックの翻訳が終わりました。
といっても、CATAPHRACTとの差異部分だけです。

とはいえ、翻訳したルールで、このゲームが動くかどうかは未知数で、
もしかすると誤訳ばかりでゲームが破綻するかもしれないという危惧が
多分にあるので、テストプレイなんかをしてみようと考えています。

TDHに含まれる4シナリオの内、入門シナリオとしては
AynJalutが適しているようなので、これをプレイしてみたいと考えています。
AynJalutシナリオには、マムルーク朝側に、剛勇バイバルスやクトゥズが登場するし、
モンゴル帝国側は、悲劇の敗将キト・ブカが登場するようなので、楽しみです。

それに、ルールブックの12.0の項目には、モンゴル軍にだけ適用する勝利条件が
特別に書かれておりまして、これによれば、
「もし、モンゴル軍があっさり敗退するようだと、今後、中華料理店とは縁遠く」
なってしまうらしいので、よほど気をつけなくてはいけないな。などと考えています。

中華料理店の強火料理は、なかなかご家庭では難しいですからね。

| | Comments (0)

February 15, 2006

Avalon Hill 2006 

ConSimによると、Wizards of the Coast 社が 2006年に
Avalon Hillブランドで新製品を出すようです。
英語なのでよく読めませんが、
新作の選挙ゲームとか、A&Aシステム・バルジとか、
A&Aミニチュアとかが出るようです。

なんだ、旧作じゃなくて新作が出るのか・・・。
なんて思ってしまいました。

でも旧作がリニューアルされても、
なんだか今更って感じもして複雑です。

新作アップフロントとかなら、話は別だけど、
こっちはMMPが権利をもってるのかな?

| | Comments (0)

February 11, 2006

(GMT)The Devil's Horsemen:The Mongols

TDHの翻訳が進んでいないので、話題がありませんが、
記事を投稿したくなったので、無理やりアップしてみました。

TDH-Mongols01


・HCの背景が黒いものはカタフラクト騎兵

Mongolsの重装騎兵が、どんなものなのかについては
勉強不足のため、あまり分かりませんが、
「鎖帷子とその上に鉄製の胸当てに革を巻き付けた物などを着用していた」
ようです。さらに、参考書代わりに読んだ本の中には、
「彼らは防具の下にきつく編んだ絹の下着を着用していました。
 この絹の下着を、矢が貫通することは稀でした。
 仮に貫通しても、布地が矢じりに巻きつき、このまきついた周辺の布地を
 そっと引っ張ることで、傷を大きくしないで矢じりを摘出することができました。
 このことがモンゴル兵の死傷率の低下にもつながった。」
らしいです。
(蛇足ですが、矢っちゅうのは、回転しながら飛ぶんですね。)

・LCが□で囲まれているものは、偽退却戦術能力を示す。

防御側のとき、攻撃側ユニットが2ヘクス以内に近づくと、
防御側は、「偽退却」を宣言でき、
宣言された攻撃側ユニットがDRに成功しない限り、
防御側の退路を辿って攻撃側は突出しなければならず、
なおかつ、防御側は、クルリと振り向いて反撃することのできる戦術です。

実は、裏面にもMongolsの特色がありまして、
なんと彼らの裏面には「Moved」表示がありません。
従って、一度移動しても、混乱度ヒットのペナルティー無しで
再度移動が行えるのです。

スゴイなぁ。
だいいち、TQが9とか8ですよ。無敵です。

| | Comments (0)

February 06, 2006

(GMT)The Devil's Horsemen

中間報告というか、気分転換というか、ちょっと経過報告です。
現在、TDHの和訳は、24ページ中17ページまで来ました。
ちょうど(8.0)射撃戦闘が終わったところです。

実は、CATAPHRACTとの差異変更分については>>マークで記されている
と書き込みしていましたが、訳してみるとちょっと違ってました。

CATAPHRACTの8.0では、射撃とショック戦闘が記されていましたが、
TDHでは、戦闘の項目が2分割され、8.0射撃戦闘と9.0ショック戦闘と分かれています。
これに伴い、ATTILAによって割り振られていたH&D戦術の項目や、
リターン射撃の項目はそれぞれ、8.3と8.4項目の中に(項目番号を変更して)組み込まれております。
また、9.0ショック戦闘の項目以降も順繰りに番号が変更されています。

法律改正の際の、改正法案のように
「8.3項の規定は9.1項とし、9.5項を8.3項とし、以下のとおり改める。
 ・8.3 H&D戦術
 ・8.31 射撃能力のある軽騎兵はH&D戦術を~
 8.4項の規定は9.2項とし、同.2項を同.4項とし、同.23項を同.43項とし、
 同.25項を同.45項とし、同.43項および同.45項を以下のとおり改める。
 ・.43 味方ユニットが敵の射撃可能ユニットZOCに進入~ 
 ・.45 リターン射撃:非活性化プレイヤーユニットも~     」
とかなんとかいちいち記載されていません。(書かれても、かえってメンドイ)

というわけで、ルールを、CATAPHRACT(+ATTILA)からTDHに移行させる際、>>で示された項目番号だけに沿って、訳文ルールの入れ替え作業をしてしまうと、GBoHシリーズ初の「ショック戦闘」の無いゲームになってしまいますので、注意しましょう。

あー、あともう少し・・・。
あともうちょっとで、当時最強を誇った騎馬軍団が机上に甦るかと思うと、
ワクワクしてしまいます。

| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »