« Question36 | Main | (GMT)The Devil's Horsemen »

January 23, 2006

(GMT)CATAPHRACT モジュールATTILA

昨日、ATTILA(CATAPHRACT用モジュール)に掲載されている、CATAPHRACTのエラッタと、ルール変更/追加の訳出が終わりました。
訳してみて思ったんですが、ルール変更/追加の部分は、CATAPHRACTのシナリオにも適用するべきものなんだろうか。

その辺ははっきりとルールに書かれていません。

素直に受け止めると、「ATTILAを遊ぶ時には、CATAPHRACTのルールをこんな風に変更して遊んでください。」となる。
しかし、ATTILAのユーザーは、CATAPHRACTを必ず持っている(持ってないとATTILAで遊べない。)ので、「今後はCATAPHRACTのシナリオも、ATTILAの新ルールで遊ぼうね。」とも扱える。

結論としては、どっちでもいいんでしょう。

CATAPHRACTしか所持していないユーザーは、ATTILAを購入しない限り、ルール変更/追加を把握できない(GMT社でもATTILAのルールを公開していないし、CATAPHRACTのLiving Ruleも、ATTILAモジュールによるルール変更を反映していない。)点と、そもそも、ATTILAで示された変更/追加ルールが、従前のルールを根本的に見直すものではないことや、格段に優れたルールになっているとも言い難いと感じるからです。
(もちろん、ATTILAのルールが下らないと言ってる訳ではありませんよ。)

削除された主なルールは、「サイズ」と「統制下の退却時における防御側の射撃」、「縦隊」「下馬状態の騎兵」、「チャンピオン戦闘」などです。
これらは、ATTILAのシナリオには、あまり影響のないものですし、追加されたルールの主なものは、「Feignd Retreat(偽退却)」と「Harassment & dispersal(釣り出し分離戦術?)」、「Return Fire(射撃の反撃)」などです。
これらは主にATTILAに登場するHun族などの騎兵の運用に関するものが主なのです。

なお、まだ調査中ですが、GBoHのルールの流れについてわかったことをちょっとだけ書いておきます。
どうもGBoHシリーズには「野戦」と扱ったものと、その他(市街戦や攻囲戦、海戦)を扱ったもの、という大きな2つのカテゴリーに分けられるようです。
このうち「野戦」カテゴリーの流れは連続しているようです。

Caesar:Conquest of Gaul(GBoH 6)のルールを元に変更されたのがCATAPHRACT (GBoH 8)であり、これにATTILA(GBoH 8用モジュール)のルールを含んだものに変更を加えたものが、The Devil's Horsemen (GBoH 10)となるようです。

Caesar in Alexandria(GBoH 9)は市街戦(と海戦)を扱い、The Siege of Alesia(GBoH11)は攻囲戦を扱っているので、これらのルールは、「野戦」カテゴリーのものと異なる点が多いようです。(そもそも、ユニットに記載される数値の種類が異なっていたりする。)

「野戦」カテゴリーである、Caesar:Conquest of Gaul(GBoH 6)も、CATAPHRACT(GBoH 8)も、共に現在生産されていませんが、Caesar:Conquest of Gaul(GBoH 6)は2006年1月現在、GMT社のP-500 Made the Cut - In Art and Final Developmentに再販が挙がっているので、もうそろそろ再販されそうです。
CATAPHRACTも立派な和訳がウェブ上に掲載されているところから、再販が待たれるところです。
(もちろん、オークションや中古市場などで随時手に入れることは比較的たやすいんですが。)

なんだか、楽しみですね。

|

« Question36 | Main | (GMT)The Devil's Horsemen »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Question36 | Main | (GMT)The Devil's Horsemen »