« Question34 | Main | 座ったままジャンプ »

February 01, 2005

新幹線の座席は窮屈

新幹線の座席は窮屈。
自分はあまり、行儀良く収まんないほうなので、
特に足のやり場に困る。

また、結構な時間乗ることが多いので、
リラックスしようと楽に座ると、
どうしても、足が横に広がってしまう。
時には、隣の人にぶつかりそうになってしまう。

足を組んでもいいのだが、普段はそんな格好をしないので
慣れないポーズをしていると腰に来てしまう。

両足をベルトみたいなもので、結わえてしまえば
足から力を抜いても広がらなくていいのだが、
そんな奇妙な格好をして、隣の乗客に不審がられるのも
本意じゃない。

そういった意味で結構窮屈である。

この間、新幹線に乗ったとき、
すごく太った人の隣になった。
とても、窮屈そうに座っていた。
座席に腰掛けようとすると、その太ったお客さんから

「すみませんね。」
と、謝られてしまった。

「いえいえ」
と答えたものの、やはり窮屈だった。
でも、「窮屈だな」と気取られたら、隣の人もイヤだろうなぁ
と思って、「窮屈じゃない顔」をして乗っていた。

結果、心理的にも身体的にもめっちゃ窮屈だった。
ふう。明日は長野まで行かなくてはならない。
隣には誰も来ないことを祈ろう。
ムリだけど・・・。

|

« Question34 | Main | 座ったままジャンプ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Question34 | Main | 座ったままジャンプ »