« Question16 | Main | Question17 »

December 01, 2004

自動販売機にクレームする

ふつう、機械にはあまり話しかけない。
だから、缶入飲料水の自動販売機でのトラブルには、あまり、クレームしない。
だって、機械だもん。

自動販売機でのトラブルの例として、良くあるのが、
「選んだジュースと違う種類のジュースが出てきた」だろう。

「ありゃ?・・・んー、しゃーないなー」
自分のボタンを確かめるように一瞥して、ため息をつく程度だ。
クレームしない。

ただ、「ちょっとこれは・・・」というトラブルもある。

百数十円を飲み込んだのはいいが、投入金額表示が0円のまま
飲料のボタンを押しても、返却レバーをガチャガチャ引いても
反応なし。もちろん返金口にも戻ってこない。

思わず「・・・おいおい」と呼びかけてしまう。

この、呼びかけのせりふは、返却レバーの上にある
料金表示の部分を、キッと睨んで発することが多い。
まるで、誰かが自動販売機の内部に潜んで、こっそり不正を行っていて、
料金表示の小窓から、ズルイまなざしを向けている人がいるかのように。

「のやろー、ざけんなよー」
酔っ払ってる時なら、そんぐらいの捨て台詞はいうだろうな。
・・・機械に向かって怒っちゃう。

自動販売機でのトラブルで、さらに深刻な時もある。

ジュースを買おうとして、財布を覗いた時、
お札しかなくて、千円札を自販機に挿入。
ウィーンと勢い良くお札を飲み込んだまでは、いいものの・・・。

投入金額表示が0円のまま・・・。
飲料のボタンを押しても、返却レバーをガチャガチャ引いても
反応なし。もちろん、ぺろーんと千円札が帰ってくる気配、ゼロ。

「・・・ええっ?た、頼むよー、おいおいおい・・・」

真顔で機械に哀願しちゃう。

100台に1台は、中に人がいるんじゃねえか?
マジにそう思う時がある。

|

« Question16 | Main | Question17 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自動販売機にクレームする:

« Question16 | Main | Question17 »